スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





SPDペダルのサビ落とし



2014年07月19日 21:23

どうしてもココが錆びる。梅雨だから?室外保管の宿命なのか?自分の手入れが悪いのか?先代もそうだが、今使ってるペダルも日増しに錆が目立つようになったので、サビ落としを今日は敢行。結果的にはここはあまり手を出さない方がいいんだろうか?でもクリーニングくらいは手軽にできる方法があればいいのにね。



PD-M520使用後
1年ちょっと使ったPD-M520




改めて見るとボロボロだ。ビンディングのバネは錆だけらだし、もともとブラックだった塗装は削られてシルバーになっているところもある。クロスバイク時代からの流れでずーっとSPDとお付き合いしている末に両面SPDのキャッチし易さが気に入って使用し続けているのだが、このペダルもそろそろ潮時だろうか。

性能的には問題ない、、、??実はシューズが2つ穴タイプだから、他のペダルシステムに移行する場合はシューズも買い替えってのがちょっとハードルが高い。ただシューズも3年以上使ってるから、これも買い替えがそろそろなんだけどね。あとヘルメットも(苦笑)。



PD-M520錆取り前
なんでいつもこうなっちゃうかね、、、(涙)



このPD-M520という両面SPDペダルは、実のところかなり安価でありながら、シルバー、ブラック、ホワイトのカラバリまで用意されてるお買い得なシリーズ。なのであんまり引っ張らず買い増す事も考えたのだが、SPDペダルのビンディングが錆るのは先代のPD-A520も同様の事。錆びないように努力する方法を考えるのも重要だが、錆てからのメンテナンスを覚えるのも悪くない。って事で、クリーニングを実施する事にした。まぁ雨なので自転車と向き合うのも悪くない。



PD-M520分解
で、両面ともクリート部分を分解したった。




分解するのは簡単。何にもついてない軸はなんか間抜けな格好になってしまったが、これらを外してまずは脱脂してから、サビ取りクリーナー(100均)をハブラシにつけてコシコシ磨く。錆取りにサンポールとかの強酸性液を使用する強者もいるようだが、防錆も含めてチューブ式の錆取りにした。この辺のパーツならコンパウンドが入っていてもそんなに問題にはならないのではないだろうか?分解したのは他のパーツに悪影響が及ばないようにとの配慮から。

まぁ分解するのは簡単なのだが、やはり組み上げはバネの力で少し難渋したが、まぁ構造が簡単なので時間さえかければ問題ない。分からなくなっても左右一対だからもう片方からヒントも得られるし。分解方法は①ビンディングのバネを一番弱くしておく、②ボディカバーのビス3本を外す、③バネを停めているビスを外す、これだけ。ビスは当然ながらかなり強めのトルクがかかっているので、なるべく精度の良いドライバーを使用した方が良い。




PD-M520錆取り後
で、錆取り後はこんな感じ




まぁ、キレイにはなったが、やはり錆が完全に取れる訳でもない。それに案外作業自体が面倒で、特にバネものはちょっと苦手だ。今回は表面の錆落としって事でトライしてみたけど、頻繁にやる作業じゃないかもね。それにバネの強度は確実に落ちそうだし。シマノのスモールパーツでこの辺りのパーツが買えるなら交換するのはアリかも知れないね。

今回は表面上のクリーニングだけだったけど、本当は軸のグリスアップもしてみたい。専用工具が必要dかあら、それはまた今度という事で。取り急ぎ、キレイになったペダルだが、連休中は梅雨の終わりの最後の雷雨。まぁあと少しと言う事で。



関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1457-aa927157
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。