スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





またまたポジションがズレてきているようだ



2014年04月17日 23:19

昨日のポタリングはかなりのんびりだったにも関わらず、一晩明けたら手は痛いわ、尻は痛いわ、で身体のそこここに痛みと言うか疲れと言うか。そんなに負荷をかけるような走りはしなかったはずなんだけど、疲労感だけはいっぱしにばっちりと。向かい風にやられたのも一因なのだが、またポジションがズレてきているように感じた。

元々柔軟性のが非常に固くて、正直姿勢がよろしくない。悪いところは分かっているが、毎日ストレッチをするような忍耐力も持ち合わせてはいない。なので骨盤を意識的に立てるとこういった疲労感は感じないのだが、ただ漫然とペダルを回す日々が続いていたので、また元に戻ってしまったようだ。骨盤を立てる事がうまく出来ないと、ハンドルを握る位置がブラケットではなく肩を持つ事が多くなり、尻が痛くなって手が痺れる。意識的に骨盤を立てて、ハンドルはブラケットを握りなるべく顔は前を向くようにすればピタっとバイクのポジションに合わせる事が出来るのだが、しばしばその姿勢を忘れてしまう。きっとまだそのポジションを無意識に取れるほどの技術や筋力が足りないんだろうと思っている。




まだまだ続く長い道のりのようだ





一つの課題を見つけた。やはりポジションを固めよう。まだまだ初心者の域を脱出出来ないのが痛々しいけど、なるべくどんなのんびりでも、ポジションだけは意識的に。それが出来るといいのだが…まぁやはりロードバイクは奥が深い。けれどそれもまた楽しみの一つだからがんばってみる事にしよう。


関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. makoto♪ | URL | -

    乗車姿勢

    床に仰向けに寝転がった状態で背中下部というか腰の上部に手のひらが入るのはダメな乗車姿勢のようです。

    背筋から腰にかけて床面にピッタリつく感じでサドルに跨がる。
    気持ちお腹を引く感じで決して上体が腰から折れる感じではありませんよ。

    これが骨盤を立てる?になるのかな(^_^;)
    上半身が安定して足が良く回りかつバイクが進みます。
    手のひらも痛くならないし
    お尻は荷重による痛みはないてすね。
    擦れによる痛みは出るかもですが…

    自転車は上半身を鍛えたほうが良いと思います。
    というか実走でも鍛えられますね。

    乗車姿勢にもいろいろあるんですが
    おじぎ乗りで有名な「やまめ乗り」とかもあります。
    自分に合ったスタイル見つけるしかないようです。

  2. まるRR | URL | -

    >>makoto♪さん

    骨盤を立てるってのが上手く出来ている時のライドは自分でもよく分かるくらい快適なんですよね。尻、手、脚の3点に荷重が均等に分散されるっていうか、そういうのを意識的にやれば長い距離が走れます。自分の場合、意識的にブラケットを掴むようにしていれば、身体への負荷が少なく、なおかつそれなりの速度で巡航することができるんですよね。あくまで意識的、そうそうmakoto♪さんと三浦半島行った時なんかは、それをずーっと意識しながらだったんで、最後の都内でも身体がまだまだ動くようでした。

    でもね、例えば向かい風とか、坂道とか、必死になっている時はどうしてもそれが出来ないんですよね。まだまだ未熟なんでしょうけど。それができる方法が他にあるんじゃないか?って色々模索してみようかと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1390-43e6e71c
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。