スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





いよいよ氷点下の世界へ



2014年01月07日 23:24

ついに、いよいよ、朝の気温がマイナス1℃、今年初めて水元公園の小合溜に氷が張る。いつもいるはずの鴨が居ない。






清々しい朝陽だね





そういえば昨日から晩冬、暦の上では冬も後半戦。季節はいよいよ小寒で、寒さはここから大寒までの4週間がピークであろうか。

季節は巡りめぐって冬となり、また春となり、夏となり、冬となる。毎年暑いだの、寒いだの、文句ばかり言っているが、こうやって自然とともに生きて行けるのが嬉しくもあり、楽しくもあり。頬に吹きつける北風も、足先がカンカンに冷えるのも、寒さだって一つの楽しみなのだ。そんな暦は以下の通り。


小寒の期間の七十二候は以下の通り。


初候

芹乃栄(せり すなわち さかう) : 芹がよく生育する(日本)

雁北郷(かり きたにむかう) : 雁が北に渡り始める(中国)


次候

水泉動(すいせん うごく) : 地中で凍った泉が動き始める(日本)

鵲始巣(かささぎ はじめて すくう) : 鵲が巣を作り始める(中国)


末候

雉始雊(きじ はじめて なく) : 雄の雉が鳴き始める(日本)雊は{句隹}

野鶏始雊(やけい はじめて なく) : 雄の雉が鳴き始める(中国)



気持ちだけ、朝晩の日が伸びてきた??


まぁ、ホント気持ちだけ。この寒さに打ち勝つには少しづつ春の営みを見つけるのが風流ってもの。そろそろ春が恋しくなってきたが、まだまだ寒さが続く今日このごろ。さてさて、また明日も頑張るとするか。





寒い季節だからこそ、見える空がある






関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1316-21ee6c16
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。