スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





ソックスにもレイヤリングを



2013年12月10日 23:04

なんとか嵐をやり過ごした後は、西よりの強い風。雨にやられなかったのは良かったが、冷たい風はやっぱり辛い。






この後すぐに雨が降った





冷たい風とは言うものの、今年はまだまだ寒さは緩い。なんてたって気温がまだ5℃を切らない。ヘッドマスクもシューズカバーもまだ温存中。もう着けていいころなのだが、なんとか頑張ってまだ我慢。少しは慣れないと去年の二の舞になってしまう。寒さにも身体は慣れると言う訳で、しばらくは寒さに耐えながら身体を慣らそうかと画策中。ただ、例年通り足先の冷えだけは何ともならない現実もある。

去年の続き、シューズカバー+つま先カイロが一定の結論、防風と加温が最大の対策だけど、カイロを入れるタイミングがイマイチ。何とかもう少しライトな対策が無いか?最近気付いたのは、足先の冷えの本質は汗冷えと確信している。冷えた爪先には必ず汗を吸ったソックスが。これがペダリングやら、向かい風やらで冷やされるのが本質なんだろう。







で、こんなものをゲット






うむ、ワークマン(笑)の5本指ハーフソックス。二足セットで399円とコスパ最高。効能は足の蒸れ、これなら失敗してもリスクは低い。足指周りだけをカバーするものだが、爪先付近の汗を吸い上げ発散させる。もちろん、これだけじゃダメなので、この上からノーマルのソックスを重ね履き。ソックスの重ね履きはキツすぎると血行障害が起きて、むしろ冷えがキツイのだが、これくらいのサイズならば重ね履きはあまり気にならない。実際履いてみると違和感は感じない。

シューズやソックス、そしてシューズカバー。それぞれ理想的なものを単体で目指すのは難しい。それはその他のウェアでも同じ事。汗冷えを防ぐベースレイヤー、デッドエアを貯め込むミドルレイヤー、そして風を通さぬアウターレイヤー。それらの組み合わせは足先にも当てはまるんではないかと。足は特に汗をよくかく。なのでシューズは効率的に汗を発散させる機能が充実しているのだが、こと自転車用のシューズは夏場用に作られているものがほとんどで、防風性能は皆無である。防風だけを考えてもダメで、ペダルを回す度に汗がどんどん冷やされるので、汗を効果的に発散させてやる必要がある。

そんな事を悶々と考えつつ、汗の発散に着目して、その機能的構造に期待したのが、5本指ハーフソックスによるレイヤリング。保温ではなく発散をメインに考えて。さて、結果はいかに。明日のジテツウでさっそく試してみようか。


関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1291-a9af3500
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。