スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





下ハンをもう少し上手く使えるように



2013年10月24日 21:48

予想はしていたものの今日も雨、久しぶりのお休みだけど、まぁしょうがない。





滴る小雨が恨めしい





まぁ、雨なので脚を休めようとは思うのだが、今月はさすがに休みっぱなし。こういう時でもぼーっと出来ないのが自転車乗りの性だろうか。これから始まるであろう、あの冷たい北風とまた戯れるための方策を少しばかり仕込む事にした。






二つのアジャストメント・アダプタ





向かい風だけではないけれど、どうも下ハンが苦手だ。下ハン・ポジションをしっかりと出来ていない事もあるし、まだ下ハンを長い時間取れるほど身体が出来ていないのかも知れない。多くの経験を積まなければ出来る事も出来ないのだが、下ハンは正直言えば怖いのだ。一番の理由はブレーキレバーを上手くコントロール出来ない。ロードバイクに初めて乗った時、レバーが凄く遠く感じたのだが、それは今も変わらない。ブラケットポジションだと身体を上手く畳む事で気にならなくなったのだが、如実に下ハンだとレバーまでが非常に遠く感じるのだ。下ハンが苦手な理由の一番はそれなのである。場合によってはステムやハンドルも見直すか…とも考えたのだが、パーツを整理していたら、トレックの保証書の間から10mmのアジャストメント・ブロックを発見。しめしめ…(笑)。






さっそく交換





Y6SC75000(Y6SC75010)、10mmのスペーサーの型番。通常だと5mmと10mmが両方梱包されている。最初の事だから、舞い上がって把握していなかったのだが、むしろしっかり同封してくれていた事が嬉しいかも。買うと一つ150円くらいだが、意外に役だつパーツなのである。

いわゆる、スペーサー的役割を持つパーツ。今までは5mmのものが使用されていたので、あと5mmブレーキレバーがハンドル側へ寄る事になり、懸案のブレーキが遠い事が少しは解消されるだろうか。手が小さい人用との事だが、正直言えば自分の手は大きくはない。

交換はいたって簡単。ブラケットカバーをびやっと履いで、レバーを引きながら下からブロックを剥ぎ取る。同じ位置に新しいブロックを差し込む、ただそれだけ。





プラセボ的に近くなったような…




雨なので試走はまた今度。今年の冬は徹底的に下ハンを強化する事にしようかな。
関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. makoto♪ | URL | -

    下ハン

    僕もスペーサー入れてますね手が小さいので(^_^;)
    ロードバイクになって一番使わなくなったのが
    ハンドルのフラットな部分ですね。

    一番使うのがブラケット部分ですが疲れてきたりすると下ハンですが
    ポイントとしてはハンドル握った状態で人差し指が常に添えられるようにハンドルの角度を変えるといいかもです。

    但しブラケットポジションが低くなりますけど
    あとはなれかもですね。

    今はハンドルを遠くしたいなと思ってますよ
    ステム交換かな。

  2. まるRR | URL | -

    >>makoto♪さん

    自分はまだフラット部分を無意識に握る事多いし、肩を持つのが楽なんですよね。フラットバーのクセが治らない感じで。下ハンはまだまだ使いこなせない事が多く、やはり慣れるための訓練が必要なんではないかとも思います。

    ハンドルの角度、、、これはまた難題ですね。むしろステムやハンドルを考察した方が良いかも知れませんね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1253-27d23e70
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。