スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





木枯らし吹くころ



2013年10月23日 23:08

コンスタントに朝晩の気温は15℃くらいに落ち着いてきた。ただしずーっと曇り空なのが気に入らない。秋も深まり、そろそろ木々が色付いてくるはずなのだが、ぱっとしない空の色に少々イラだってみたりして。






遠くの大銀杏が少しだけ色付いてきた





いったいまったく今月は雨ばかり。10月も後半だってのに、大きな台風がまた近づいてくる。しかも二つ、また週末は台風への備えに追われる事となろう。明らかに何かが変で、嫌な予感がヒシヒシと伝わる週間予報と、27.28号の行方をチェックする日々。上手い事偏西風に乗っかって、東へ流れてくれればいいが…まだ読めぬ台風の経路。こんな時期にこんなに大きな台風って来るんだっけっかな。


そして、季節はまた進む。今日から降霜(こうそう)、晩秋の終わり。北の地では霜が降りるころ、立冬までの期間に吹く寒い北風を木枯らしと呼ぶ。今朝の北風は少しだけ、そんな冬の匂いを感じたが…


霜降の期間の七十二候は以下のとおり。


初候

霜始降(しも はじめて ふる):霜が降り始める(日本)

豺乃祭獣(さい すなわち けものをまつる):山犬が捕らえた獣を並べて食べる(中国)豺は{豸才}


次候

霎時施(こさめ ときどき ふる):小雨がしとしと降る(日本)

草木黄落(そうもく こうらくす):草木の葉が黄ばんで落ち始める(中国)


末候

楓蔦黄(もみじ つた きばむ):もみじや蔦が黄葉する(日本)


蟄虫咸俯(ちっちゅう ことごとく ふす):虫がみな穴に潜って動かなくなる(中国)




そろそろ、また今年も冷たい向かい風と戦う日々が始まる。今年は少し向かい風へのアプローチを変えてみる。向かい風へのペダリング、下ハンの上手い使い方も研究してみるか。


関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1252-7a26b455
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。