スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





向かい風のペダリング



2013年10月09日 21:51

今日は風の日。台風の影響なのか、南からの強い風が吹き荒れて、江戸川の流れすら北に変える。今日は10メートル毎秒の酷い風が行く手を阻む。





今日は夏空が戻ってきた





素人の戯言だと思ってくれればいいとして、向かい風だからこそ見えてくるもの。もうすぐやってくる冷たい向かい風の季節、ロードバイクに乗り換えてもやっぱり向かい風には敵わない。

まずは向かい風だと心拍数が上がらない。ふんぬーってペダルを回しても前に進まぬだけでなく、疲弊するだけで速度はまったく上がらない。どうしても踏み脚が強くなり、そのうちヘタれてダラダラと低速走行となる。重いギアを回しても脚が終わるだけで、ただただ辛いだけの道のりだけが残るだけである。なので向かい風では頑張らない事にして、流れに身を任せて15-18km/hでゆっくりクルクル軽いギアを回す事にしている。ただそれではさらにまったく運動にもならない状況で、辛い時間がただ長くなるだけだった。





それにしてもいい空だ





向かい風と坂道は似て非なるもの。前者はパワー、後者は心肺機能。もちろん、結果的には両方必要だと思うのだが、それぞれのシチュエーションでどうペダルを回すかは全く違うと感じている。自分のような非力の場合は、特に戦略を考えないと、ただただ辛いだけなのである。

パワー不足は否めないが、最近気付いた事がある。パワーイコール重いギアを回す、だけではなくて、ケイデンスでトータルパワーを稼ぎ出すような、つまりは低トルクで高ケイデンスで巡航出来るようになる事。それを持続させるためのポジションと言うかペダリングが必要で、踏み脚に頼らないようにハンドルを押すようなイメージで引き脚を上手く使う。ハンドルを押す…台車を押すようなイメージで。高ケイデンスを持続される事が出来れば、心拍数も上がって、抹消に溜まった乳酸もうまく回収出来るのではないだろうか?ここはまだ考察が必要。

などと、素人が一生懸命考えてみたのだが、やっぱりまだまだ辛い向かい風との戦いは続いていきそうだ。練習あるのみ?まぁその通りだが、どなたか、いい方法ご存知ならば教えて下さいませ。





風とはやっぱり戦わないといけないようだ




関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. makoto♪ | URL | -

    向かい風対策

    向かい風にはこれといって対策は見つかりませんね(^_^;)
    ケイデンスと効率から考えると
    確か70〜100ぐらいがもっとも効率がよいと聞いたことありますよ。
    それ以上のケイデンスはどうかな…
    だとしたら効率の良いところで回せるギア比を淡々に回して
    下ハン握って走るだけかなと思います。
    速度は落ちても負荷は変わらないと思いますが
    それぐらいしか実践してません(笑)

  2. 漬物 | URL | mQop/nM.

    Re:向かい風のペダリング

     向かい風に強い乗り方、というのもありますよ。
    いわゆるおじぎ乗り(やまめ乗りという言い方のほうが有名かもしれませんね)を試してみてはいかがでしょう。

     書籍としては「自転車の教科書」が出ていますし、Youtube では実際の講義を見ることもできますよ。

     私も今この乗り方を習得中ですが、向かい風やちょっとした坂はさほど苦痛にならなくなりました。合う合わないは個人差があるとは思いますが、興味があれば是非是非。

  3. まるRR | URL | -

    >>makoto♪さん

    パワーなんですよね。向かい風には。

    下ハンって使い方が難しくて、有効なのは分かるんですが、長続きはしない。というよりも、自分の質問が悪かったですね。向かい風の巡航をどうするか?って事です。有効な向かい風対策なんて無くて、その都度ポジションを変えるってのが、正解なんだと思います。

    まぁ、なかなか難しいですね。

  4. まるRR | URL | -

    >>漬物さん

    やまめ乗り、よくよく聞きますねー。

    なんか、イメージは出来るんだけども、実践できるか?と言われれざらなかなか難しい。やはり、基本に戻って、背骨を立てる方法をまず習得しないと。これだけでも全然違うんですよねー。人それぞれなんですけど、まずは基本から、やってみます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1241-b982424d
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。