スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





季節はやっぱり行ったり来たり



2013年10月08日 22:45

妙に蒸し暑い夜を越え、やってきたのは過ぎ去ったはずの夏空。少しだけ色付いてきた大銀杏を遠目に見ながら、今日も続く果てしない旅。




久しぶりの青空のもと





今日から晩秋、寒露(かんろ)となる。朝晩の寒暖差が大きくなって、朝露がそこいらじゅうに立ち込める、そんな季節。確かに今朝は草っ原に朝露が張り巡らされていたっけ。

とは言え今日は暑かった。台風が近づいているせいもあるんだろうけど、それにしても暑さがまた戻ってきたんじゃないか?と錯覚するほど、汗がほとばしる。いいかげん、汗だくなジテツウは終わったかと思っていたのだが、そんなに甘くは無かったか。まぁ、これも最後と思えばいいのだが、そんな雰囲気もない今日の空…





秋桜ももう終わってしまうのに…





今年の秋も短そうだ。いい季節なんだけど、だんだん夏と冬に支配される日本列島。これから一気に紅葉して、すぐに寒くなって霜が降りる季節まではあと少し。だってすでに暦の上では秋も終わりなんだから。


寒露の期間の七十二候は以下のとおり。

初候

鴻雁来(こうがん きたる):雁が飛来し始める(日本)

鴻雁来賓(こうがん らいひんす):雁が多数飛来して客人となる(中国)


次候

菊花開(きくのはな ひらく):菊の花が咲く(日本)

雀入大水為蛤(すずめ たいすいにいり はまぐりとなる):雀が海に入って蛤になる(中国)


末候

蟋蟀在戸(きりぎりす とにあり):蟋蟀が戸の辺りで鳴く(日本)

菊有黄華(きくに こうかあり):菊の花が咲き出す(中国)





秋と夏の交差点




関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1240-906df50f
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。