スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





江戸川いち 140.5km



2013年09月24日 22:59

今日の江戸川は5メートルくらいの北西の風が吹きつけるバッドコンディション。平地の河川敷では風向きでライドの質すら変わってしまう。全長60kmちょっと、利根川から東京湾に注ぐがれる一級河川なのだが、古くは江戸時代初期にかの徳川家康が水害から江戸を守るために利根川東遷事業として、荒川は西へ、利根川は東へ、そして元々の江戸川を開拓したのが始まりだと言われている。そもそも江戸川ってどこって話だが、ちーばくんの鼻先から舌にかけてのラインと言えばお分かりだろうか?ん?こんな感じ。




chi-ba_big.gif
千葉県のシンボルマスコット、これは非常に優れている



何が優れているかって、千葉県の位置を説明するにはもってこいのキャラクターであり、本当はオヘソがあるとなお分かりやすいと言われている。まぁ雑談はさておき、そんな江戸川は自分にとってはホームコースであり、ジテツウコースでもある。すべてを網羅した訳ではないが、何度も走った勝手しったる道。最近はホットスポットだの、ホルムアルデヒドが混入しただの、竜巻だの、色々と不遇続きではあるものの、自分にとっては非常に大切なルートなのである。





こんな感じののどかなサイクリングロード




そんな江戸川なのだが、そういえば一日ですべてを走りきった事が今まではない。北へ向かうか、南へ向かうか、北ってのは利根川との合流地点である関宿城であり、南っては東京湾河口の葛西臨海公園なのである。つまりは、利根川・荒川への接続が容易であるがゆえに江戸川だけで終わってしまうと距離的にちょっと不満足って感じなのだ。関宿往復で80km、葛西臨海公園で50km、リーズナブルなコースとしては申し分ないのだが、100km超ルートの場合は二周するとかそんな方法しか思いつかない。それにド平地、信号なしのためモチベーションを維持するのが困難って方もいる。自分としては信号待ちすらないルートは実は非常に攻略が難しいんじゃないか?って思っていて、あんまり飽きるって事もないのだが、40kmペダルを回しっぱなしとかって事もあるので休憩や補給なんかは非常に戦略的に難しい側面があったりもする。





本日のルートはこんな感じ




いつも通りの水元公園スタートで、ひたすら向かい風の右岸を北へ向かうこと40km、この間脚付きゼロという過酷なペダリング。ちょっと早めの昼ごはんを関宿城近くの「道の駅ごか」でとり左岸に渡る。あいにく関宿城博物館は本日定休日だったのでトイレ休憩のみとし、追い風にスイッチしたところで東京湾まで60kmを目指す(関宿城付近の標識は「海から60km」)。江戸川の特徴としては「何もない」って事(苦笑)。特に北上すればするほど補給ポイントが少なくなってくるのが非常に悩ましい。





中の島から関宿城をのぞむ




狙い通りの向かい風の中、中間地点の30kmポストは流山橋付近。そのまま左岸を南下するが、葛飾橋から先はルートがあまり良くないので右岸にスイッチして寅さん記念館を横目にポニーランドを目指す。その先は本流の江戸川放水路から東京湾に出るか、それとも旧江戸川沿い健康の道を通る。その辺りが江戸川で一番迷うところだと思うが、何度かこのブログでもルートを取り上げているので参考にされたし。今日のところは「江戸川いち」というところで、江戸川放水路から東京湾に出て東京ディズニーリゾートを横目に葛西臨海公園へアプローチし、Hotel SEA SUDE ONEのいちごソフトミックスで補給しながら旧江戸川沿いを北上してポニーランドに戻り最後は水元公園でゴールとした。沿岸部は雨との情報を得たものの、なんとかなるかと思ったが、何ともならずに雨宿りをするハメに。まぁそれもいい経験となった訳だが。





まぁ雨は降ったが、色々分かった事もある





江戸川いち、トータルで140.5kmって標識は微妙にズレてるらしい。一応GPSロガーでログを取りながら、さらにはルートラボにデータをインポートしても同じ結果。確かにちょっとルート的にはエスケープした場所もあるのだが、まぁ江戸川一周すると140kmくらいってのが分かっただけでも良かったか。実時間で7時間と10分。何気にあと1時間あればセンチュリーライドも達成できるペースじゃないかと少し後悔したりもした。江戸川サイクリングロードを走るのはペダルとしっかり向き合える時間を提供してくれる。確かに平地ばかりだし、何か美味しいものがある訳でもなし、あるのは広い空と向かい風とペダリングだけ。そうそう、ペダリングには最適なコースなのだ。また自分なりだけど分かった事があるので、その辺りは考察を交えてまた報告する事にしよう。





いつも通りの定点観測地点がスタート&ゴール



関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1227-19b6ad08
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。