スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





ホローテック2のクランク抜き工具



2013年09月22日 18:49

カセットスプロケット、ブレーキアーチと来たら次はボトムブラケット?自己流メンテの流れはクロスバイク自体とあまり変わらない。あくまで自分がカスタムしたくなる順序って話なのだが、先日の一件からトレックのBBを交換したい欲求と戦っている。ただクロスバイクのスクエアテーパー式BBの時は本当に辛かった。あの苦労をもう一度するんだろうか?現行のホローテックⅡも噂で聞く限りは同じくらい大変のようだし。そしてそれに見合うような効果が果たして得られるんだろうか?などなど、悩みは尽きない。それに今何が付いてるのかすら把握出来てないし、工具だって新しく買まさなきゃならないし…





クランク抜くくらいはいいよね?(笑)





BB交換に向けて、まずは今付いてるBBが何なのかを知る必要がある。あまりネット上には情報が落ちてなかったのし、表明上分かるような表記はない。"BC1.37*2.4"これは一般的なネジの規格でJIS規格という事らしい。一番知りたいシェル幅はやっぱりクランクをいったん外してきっちりサイズを測った方が良いと判断。ホローテックⅡクランクはまた新しい専用工具が必要なので、それだけショップで買ってくる事にしたって訳。お掃除なんかでクランク外す時もあるだろうし、shimanoの純正だとTL-FC16という200円くらいの専用工具だから、まぁお試し的にはいいでしょって感じで。ただshimanoの純正は見た目がちゃちくて、隣にあったバーズマンの工具の方がツマミがついてたり、使いやすそうだ。なんか貧乏性なもんで、お店で悩む事数分間…





色んなのがあるもんだ





ホローテックⅡのクランクを抜くだけなら、左クランクのビスを外して、TL-FC16で緩めて外せば、右側も抜けるはず。基本的にはクランクの所のビスはトルク管理がされているようだから、肝はこのビス。このTL-FC16ってやつはカギみたいなもんなんだろうか。だとすれば純正で素直に良いだろうか?うーん…と無い頭で考えていたら目に飛び込んできたのがこれ。





結局BB工具も買ってしまった




BIKE HANDのYC-27BBというクランク抜きが一緒になってるやつ。C型じゃなくてO型だとあれほど事前学習したにも関わらず、勢いだけでやっちまった。いいのか?悪いのか?一応、持ち手がラバーでコーティングされてるし、値段も安いし、あ、でも工具で安物はダメだったり、問題は非力な自分でどこまで対応出来るか?だが、それもまた色々考えてみるのも楽しいし。流れ的には確実にBB交換への戦いが再び始まるような、そんな雰囲気…

まぁ、工具を手に入れただけで、まだどのBBにするかも決めておらず。SM-BB9000って話をしたものの、せっかくだからオススメされたTOKENも捨てがたい。まぁ、ゆっくり考える事にしようかね。



by カエレバ
関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. @fukushimanohito | URL | -

    O型もC型も…

    工具はO型もC型も十分普通に使えますよ。数こなす人や、精度にこだわる人はO型の方がいいかもしれませんが、そもそもBB工具なんて、普通のホビーサイクリストなら、年に何回使うか…。
    値段重視でいいと思います。

    BBは、回転の軽さで評価高いものは、シールのないものが多いので、通勤などで多少の小雨は走ると言う人は、素直にシマノでいいと思います。

  2. まるRR | URL | -

    >>@fukushimanohitoさん

    なるほど、軽いって事はその分すっかすかって事ですもんね。自分みたいな無精者だとしっかりシーリングされてた方が良さそうな雰囲気です。工具で結構痛い目にあってますんで、その言葉でちょっと安心しました(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1225-dfeb85e5
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。