スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





脱サドルバッグになりえるか?SASO ナイロン製ツールボックス



2013年09月02日 17:31

秋の気配はまだ感じずとも、気分だけは少しは涼しくなったつもり。ただ日中の暑さには色々と理由を付けて避ける日々…





ゴチャゴチャしたサドル下まわり




サドルバッグが古くなってきた。プレスポ時代からのお下がりを未だ使っているのだが、機能的には問題ないものの日焼けによる色落ちが著しい。年季の入ったサドルバッグはサイクリストの歴史を語る…とまでは言わないものの、それなりに思い入れのあるパーツ。定番のトピーク、ストラップタイプ、サイズはマイクロで容量0.44Lの小さいサイズ。最低限の補修パーツしか入らない。もう少し容量が大きいものが前々から欲しかったのだが、それ以前にサドルバッグってどうなの?って言う微かな疑問もあり、これまで手つかずでいた。そこそこの重量があるものが重心より高い位置にある事での影響、そんな些細な事が自分で分かるのか?と言われても自信が無いのだが、ある時とない時で差を感じる事しばしば。ツール缶も検討してみるか?ただあれもガチャガチャ言いそうだしね…TREKのセミハードなツールボックスが理想的だけど、今じゃ入手困難だし…なんて考えてたらショップで良さげなツールボックスを発見。ナイロン製の容量0.55L、デザインはもっさりだけど値段も安いし、試してみるか。





ツールボックスとその中身たち




SASOと言うロゴが主張し過ぎるきらいもあるが、一番心揺らいだのは素材。ナイロン製って事。どうもツール缶を避けていたのはプラ製だと収まりが悪いって印象があり、また取り出し口のアクセスが気になる。ナイロンみたいなフレキシブルな素材だとそれらが解消するように思えた。ただ防水性とかはどうなんだろうか?と言う不安は拭えない。合皮?っぽいのもあったけど、値段的にはそこそこだったのでパス。

だいたいいつも携行品はこんな感じ、チューブ1本と携帯ポンプ+エクステチューブ、携帯ツールはチェーンカッター付きのヘキサス2、それにイージーパッチとスティールのタイヤレバー3本、英仏変換アダプタ、電池単4を3本とCR2302、ここまでがサドルバッグ内に入ってた。まだこれだと余裕があるのでワイヤー錠を入れると一杯かなって感じ。鍵を止めてチューブをもう一本追加するか、携帯ポンプをフレームにマウントしてCO2ボンベを入れるか、容量的にはそんな感じ。小物類はちと辛い、ナイロン製なんだから小袋くらいチクチク縫い付ければ何か上手く行きそうな気もする。





ツールボックスを装着してみた




うむ。サドルまわりのビジー感がかなり解消された。実際乗ってみるとやはりサドルバッグが無い方がバランスが良いように思える。重心がやはり低いからだろうか?ダンシングのように左右に車体を振ると効果はさらに感じらた。狙い通り、そしてバックスタイルがかなり向上したのが気に入った。




by カエレバ


関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. 漬物 | URL | -

    Re:脱サドルバッグになりえるか?SASO ナイロン製ツールボック

    (通勤時は)ツール缶派です。
    ガタガタはウェスを小さくして詰めてやればあっという間に解消しますよ。

     ロングライド時はサドルバッグに入れちゃいます。峠を越える際、ボトル一本だとぜーったい水分が足りなくなります…。

     あと、余計なお世話ではありますが、タイヤレバーはプラ製のほうがホイールを傷つけなくて安心ですよ。100円ショップのパンク修理きっとに同梱されてるやつでぜんぜんOKです。

  2. ぶるらいだー | URL | dpUdNvug

    Re:脱サドルバッグになりえるか?SASO ナイロン製ツールボック

    それ、良さげですね。
    私のサドルバッグも1kg以上あるから
    何かいいのないかなと思ってたところです。
    ツールボトルも試したけどあんまり入らないし
    ガタガタうるさいし。
    通勤なら夏場でもボトルは1本で足りるので
    こちらの方がすっきりしていいですね。

  3. K_Sim | URL | -

    Re:脱サドルバッグになりえるか?SASO ナイロン製ツールボック

    こんばんは。
    クロスバイクでこのサドルバッグ使っており、同じく色褪せてきています。
    最近乗り始めたロードバイクにはツール缶とサドルバッグを両方付けましたが、私もツール缶の容量をアップして、サドルバッグを外した方が良さそうに思ってきました。

  4. まるRR | URL | -

    >>漬物さん

    そろそろ秋っぽくなってきたんで、ダブルボトルではなくツールボックスっていう魂胆です。ただ私の走ってるルートってそんなに人気のない場所でもないし、ダブルボトルっていうか、やはり冷たいのがほしいんで、コンビニ、自販機で済ます事が多く、温くなってしまったドリンクって結局余ってしまうんですよね。「かぶる用の水」って言っても公園とかかの水道使う事多いですしね。

    ダイヤレバーはほとんどの場合使用しないんですが、いざって時用の緊急品です。プラレバーはおっかいてしまう事も多いんで(笑)、スティールなんですよ。

  5. まるRR | URL | -

    >>ぶるらいだーさん

    私もなんだかんだでサドルバッグの重量は1kg弱、これが高い位置にあるもんだからやはりバランスが悪いんですよね。それにバックスタイルっていうとやはりサドルバッグは無い方がすっきりするし。

    夏場にボトルを積む時はまた考える事にして、こんなナイロン製のでちょっとがんばってみようかと思います。

  6. まるRR | URL | -

    >>K-Simさん

    こんにちわ。

    サドルバッグはサドルバッグでいいところもいっぱいあると思うんですよね。容量が大きいのだとお弁当が入るのなんかもありますし、それこそ泥除け兼用なんてのもありますね。

    自分のサドルバッグは2009年製だから約4年ちょっと、色あせはその歴史だと思ってますから、またクロスバイクに取り付けておこうかと思います。

  7. 漬物 | URL | -

    Re:脱サドルバッグになりえるか?SASO ナイロン製ツールボックス

    タイムリーにこんな商品の紹介が。これは試してみたいですねえ。
    http://www.cyclesports.jp/depot/detail.php?id=7260

  8. まるRR | URL | -

    >>漬物さん

    あ、これいいですね。

    トレックが昔出してたのも似たようなもので、サイドから開けられるタイプでした。かなり好評だったんだけど今じゃ販売してないみたいです。これもまたやっぱり人気商品みたいで、品薄状態みたいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1209-3b5f5a08
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。