スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





復興ライド 2013 中編 野ノ浜~女川町



2013年08月15日 23:55

牡鹿半島は思ったよりも山岳コースだった。昇っては降り、また昇る。起伏に富んだこの土地の恵みは山々からの豊富な栄養と黒潮が織り成すハーモニー。車で走ると分からなかったアップダウンがそこにはある。





キラキラと光る木陰から夏の陽射しが降り注ぐ




さて、復興ライド2013の続き。今考えるとタイトル的には随分大きく張ったもんだと思いつつ、でもこんな感じで三陸の海沿いをロードバイクで走れる事に喜びを感じたり。これまでの経過は以下をご参照下さいませ。


復興ライド 2013 プロローグ編

復興ライド 2013 前編



何とか無事に牡鹿半島を横断し、太平洋に出る事が出来た。ただ…ほとんど初体験のヒルクライムで、今回のコースが走りきれるかどうかはちと不安。とりあえずはまた海沿いの山岳コースを北上して、女川町に出たところで考える事にしよう。

海沿いの道は震災によって舗装が破壊され、自動車で走った時はまだ未舗装に近い場所もあった。津波というよりは地震で崖崩れの場所もあり、走るのに難儀した記憶がある。集落ごとに舗装が破壊されていて、これは津波の引き波で建物が海に引きずり込まれる時に破壊されたもののようだ。今回はそのほとんどが修復されて非常に走りやすい道となっており、道路事情はかなりの回復を見せていた。これには驚きだったが、一本道しか無い地域も多いので、まずは道路の復旧が一番だと言う事なのだ。





お昼ごはんはおかせいで女川丼!




だんだんアップダウンにも慣れてきたころ…とは言え少し長めの坂道だとインナー・ローで喘ぎながら、速度なんて一桁…って感じで。ただ普段の平地と違って息が切れるほどの思いをしながら昇った坂から一気に駆け降りる時の爽快感。山あいのトンネルの中がこんなに涼しいなんて事は知らなかった。ちょっとづつヒルクライムの虜になりそうになってきたが、脚はパンパンでお腹も空いた。このまま万石浦を引き返せば石巻に戻れるし、今日はこれくらいでも満足だし…いややっぱり…どうしよう??なんて悩んでいたが、意を決してお魚屋さんでご飯にする事にした。と言うよりは女川町の中心部である港で唯一営業しているのがこちらおかせいだけで、お盆って事もあり、大にぎわいだったのだが、一人レーパンジャージで列に並んで待つ事30分。こんな立派な海鮮丼をいただく事が出来た。朝あがったお魚たちとあら汁までついて1200円って。いいよね、年に一回の自転車旅だから。お味の方は言うまでもなく、ここでしか味わえないものがそこにはあった。ぜひ一度現地に出向いてでも食べた方が良い。





関連ランキング:寿司 | 女川駅






こちら女川町の津波被害も凄まじい。だいぶ街は片付いてきたし、新しい加工工場も出来て操業していた。ただ、街の中央に横たわる5階立てのコンクリート造のビルは今でも当時のままだ。これはこのままモニュメントにするらしいが、ここでも対立が見られるようだ。何か今回の旅では前に進む力と前に進めない力と、本質的には同じなんだけど、相反するような力のぶつかり合いが少し印象に残るような気がする。





横たわるビルの前でしばし考えてみた




やっぱりもう少し先に進む事にした。女川町のお魚で元気付けられた事もあるが、何も無くなってしまった街を改めて見渡すと、自然の目頭が熱くなってきた。自分のような余所者があれこれ言うのは筋違いだと思う。それよりも何よりも、本当はそこにあったはずの日常の事。なんか弱音を吐けない気になってしまった。色々考えてみたけれど答えは見つからない。ただ心が折れた訳でもない。さぁ、もう一山、二山、さらにはもっともっと頑張ってみよう。

ここからは女川町からさらに海沿い山岳コースで雄勝に抜ける。そこからもう一山越えて北上川河口に抜けるルート。これは今年のツールド東北のコースにもなっている。今日も長くなってきたので続きはまた後日としたい。


関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1194-c6f2b90a
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。