スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





カーフガードなるものを使ってみた



2013年06月18日 23:25

まだまだ続く福袋シリーズ。カーフガード、脹脛の着圧タイツって事だが足首から膝したまでカバー。意図せずコンプレッション系ウェアを手に入れたのだからどんなもんかと使って見た。今回到着したのは滑り止めのシリコン無しのタイプ。シリコンって結構肌荒れの元となるから、無ければ無い方がいいように思える。



by カエレバ





脹脛用のコンプレッションタイツ。skinsとか2XUとかCW-Xとか有名だけど、いかんせん本格的過ぎて手が出ない。色々と計算されたものでサイズなんかを緻密に計算されたむしろ医療器具に近いものと言う印象。自己判断で使用すると事故すら起きる可能性もあるらしい。筋肉を着圧させる事でどのような効果があるのだろうか?未知数ではあるものの、せっかく我が家に来たコンプレッションタイツだから上手く使ってみたいもんだ。

スポーツキッドのコンプレッションウェア、運動中、そしてその後の披露回復を唄っている。着圧感は意外とキツくなく、着脱に関してはそれなりの苦労は必要ではあるものの、着けてる時はほとんど違和感なく過ごせた。今時期だちちょっと暑いかなーとも思ったが問題はなし。むしろアームカバーの不快感よりも少ない感じ。

脹脛は第二の心臓とも言われる筋肉。本家心臓のポンプだけでは血液を全身に巡らす事は出来ない。血管ってのは風船みたいなもので、うまく血液を循環っせるためには手足の抹消血管がうまく収縮する必要がある。脹脛の筋肉は心臓からの圧力を受け止める役割があり、着圧タイツは古くから医療用器具として用いられてきた。血液をうまく循環させる事、それは筋肉に溜まった乳酸を効率良く回収する事を示唆する事であり、コンプレッションタイツによる疲労回復効果ってのはこに辺りから来ているもになのだろう。




ジテツウで使用してみた




ジテツウくらいの距離だとよく分からないのは実情で、やはり長い距離、そして高負荷において役に立つのであろう。今日は一応履き心地を確かめた程度、ペダリングにとってスネは支柱程度の役割しか果たさないと聞くが、それ以上の役割もこにタイツにはありそうだし。それに着圧されると筋がうまく動くような気がするのと、抑えられる事による指圧効果みたいなマッサージ効果が得られるような気がする。

まぁ一応今日のところはファーストインプレッション。ロングライドに出かけたいが、明日からまた雨…色々と試したい事ばかりなのだが…まぁしょうがない。早く梅雨明けしないかなー。




関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1147-4ee6d83e
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。