スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





サイクルジャージに想いを馳せる



2013年06月13日 23:11

今日も雨。ようやく梅雨らしくなってきたのだが、これも関東地方だけらしく、水不足が懸念されるような地域もあるようだ。

雨と言えば物欲(笑)。ん?私だけか?もちろん高価なものはすぐに手が出ない実情はあるものの、ついつい欲しいものを考える始末。そうそう、最近はアパレルなどんどん欲しくなるのだが、懸案なのがサイクルジャージ。ピチピチハデハデジャージへの欲求はあるものの、特別好きなブランドがある訳でもなく、サイクルレースにも疎いので、どんなのが欲しいのかさえ悩む始末。もちろん素材とか機能性も大切なんだろうけど、やっぱりウェアは見た目も大事。レーパンはそれなりの夏冬それぞれ数は揃ってきたのだが、ジャージは半袖一枚しか持ってない。好きなものを買えばいいのだが、その好きなのがなかなか見つからないのが自分にとって痛いところ。チームジャージに憧れはあるものの、きっとチームのアクティビティには存分に参加出来そうも無いので、まだまだ自分にとっては憧れが続くのであろうか。





Bicycle Lineというイタリアブランド




とりあえず雨なので買い物ついでにY'sROADを物色しながらジャージをマジマジと。パールイズミのジャージはやっぱり触り心地もよろしくて、有名ブランドに惹かれるも、グレード的に下のものはやっぱりデザイン的に気に食わない。クラフトのレディオジャック・レオパードはやっぱりトレックしかもレオパードカラーに乗るものとしては魅力的。これなら意味を持たせる事も出来るのだが、まだ今の自分には早いんだろうと言い聞かせつつ、パールイズミのファーストジャージで妥協しかけたりもしたのだが、セール品にあった型落ちのジャージを発見。うむ、デザイン的にはなかなか普通でいいのでは無いだろうか?





前から、後ろから。




どうせ拘りが無いなら安い方が良い。ハデハデしいだけでコンセプトからズレるのは自分としては嫌だ。誰に見られる訳ではないのだが、自分はちょっと小心者なので、これくらい控えめな程度が一番だ。型落ちなので4割引き、サイズは問答無用のSサイズ。

しかしこのBicycle Lineというイタリヤブランド、Y'sROADの独占輸入ブランドで日本国内ではこの大手チェーン店でしか手に入らない。って事は実質Y'sブランドって事になるのだろうか。イタリアらしいデザイン性と機能性、そしてコストパフォーマンスが一応の特徴らしい。ハーフジップ、裾には滑り止め、3つバックポケット、リフレクト機能、実際に試着してみると意外とピタピタ。これはイタモノだからか?と思いつつ海外製だからもう少しサイズはゆったりかと思ったけど、サイズ表記は日本人のそれとあまり変わらないようだ。

とりあえず物欲は割安なジャージを手にいれた事で落ち着いた。なんと細やかな欲望だろうか。いつかは派手なジャージに身を包んでさっそうと走り抜けたい気持ちはあるものの、今の自分にはこれくらいがちょうど良い。さてあすは晴れるかな?ジャージのインプレッションは走ってからレビューする事にしよう。


関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1142-f59e9218
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。