スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





ハンドルを「引く」ということ



2013年06月04日 23:38

梅雨空はどこへやら。今日も快晴の江戸川サイクリングロードをひた走る。換装した12-25Tには少しづつだけど慣れてきた。インナー多様は相変わらずだけど、おかげでトリム調整とやらも覚えてきた。トリム調整、、、音鳴防止装置というやつだが、これは本当に便利過ぎる。もっともフロントディレーラとの干渉な訳だから調整不足と言えばそれまでだが、インナーに落とした際のトップ側でよく音が鳴る。フトントディレーラの調整はちょっとニガテなのだけど、今度チェレンジしてみるか。





たまには前から撮ってみた




今日のお題はフォームから。せっかくスプロケを12-30Tから12-25Tに変えたんだからもう少しちゃんとペダルを回すようになれればと思う今日このごろ。ケイデンスで稼ぐっていうのが当面の目標なのだが、それを実現すべく高ケイデンスしばりでジテツウしている。江戸川みたいなド平地であっても向かい風だとかちょっとした上り坂だとか、それでも20枚全部のギアを効率良く使うってのが目標。もちろん状況に合わせたシフトチェンジが出来るように。

ケイデンスを上げるために必要な事。まずはスムーズにペダルを回せるようなポジションニングとかライディングフォームとか。効率良いペダリングを目指して私のような素人がようやくたどり着いたのが「骨盤を立てる」というフォーム。骨盤を立てる、、、よくよく聞くのだがイマイチ自分だけだとよく分からない。自分自身の姿を確認出来ないってのもあるのだが、骨盤を立てるってイメージが沸かないのも事実なのだ。

背筋を伸ばすと胸が張る、そのままの状態でお腹(腹筋)に力を入れてそーっとハンドルを握る。実は密かにずーっとやっていたのだが、これであってるの?というくらいの迷宮に迷いこんでいた。でもね、昨日・今日と気付いたのがお尻をぐーっと後ろに下げるように突き出して、ハンドルを手前に引きこむように持ってみると不思議とペダルがよく回って速度も上がる。なんかビタっとハマったようなポジショニング。骨盤が立ってるかどうかは定かじゃないけど、こんな感じでスムーズに行く時はだいたい合っている証拠。後方に重心を移した事でハンドルを引き寄せる力が働いてペダルへスムーズに出力が伝えられるということだろうか。ブラケットを薬指と小指で引っ掛けて、第1指から3指でぐっと引き寄せるように手前に引く。ペダリングというよりはトルクがかかるって感じなんだけど、手綱を引いてるようで面白いように前に進む。さらには下ハンでハンドルを引くとさらに加速するではないか。そうか、ロードバイクは上半身で漕ぐってのはこういう事なのか。





船着場のポピーはカラフルでキレイだ




まぁ、この乗り方で長時間乗れれば良いのだがやっぱり長く維持するのは今の私では難しい。腹筋とハムストリングス、そして上腕付近が非常に疲れるのだが、また一つロードバイクの乗り方を覚えたような気がした。うーむ、やっぱり奥が深いロードバイク生活。しばらくはこのポジション・ペダリングをジテツウでがんばってみる事にしよう。


関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. 通りすがりのM | URL | -

    Re:ハンドルを「引く」ということ

    楽しんでますね!

    膝の違和感の試行錯誤から推進力を得るための技術への取り組みになって益々順調そうですね。梅雨なのに全然降らないし色々と試せますね。

    さて、腹圧を高めて腹筋が収縮すると恥骨が上を向くので、骨盤が立っているという状態になっていると思いますよ。逆に腹筋が伸びると、恥骨が下を向いてしまいます。尿道が痺れたりする姿勢というだけでなく、体幹が不安定なので力を発揮しづらいだけでなく、ロスしやすい姿勢だと考えられます。

    腹圧が高まると体幹が安定して、ペダルを踏んだ時のエネルギーが身体が曲がることに使われなくなるので効率よく進みます。体幹の剛性といった感じでしょうか。トルク型にしろ回転型にしろ、体幹を安定させることは、エネルギーのロスを最小限をする上では非常に大切なことだと思います。

    腕で引けば更に腹圧が高まって力が入りやすくなりますが、ずっとやると疲れちゃいますよね。骨盤の角度は腹圧だけでもコントロールできるので、腕で強く引くのは加速とかスプリントとかにするももいいのではないでしょうか。

    ちなみに、この引く動作は背中で引くともっと強い力が出ます。背中の筋肉まで動員させると、腕の負担は減って背中の筋肉が加わる分大きな力が出ます。背中の筋肉とは広背筋のことですが、以下のシーテッドロウイングという種目の動作の開始から中盤までの動き(背中が伸びきる前)に似ています。広背筋も体幹ですから、ここがぶれずに安定すると更にロスが無くなりそうです。

    シーテッドロウイング: http://pentasports.net/member/pentabox/0711/p03-02.html

    広背筋の話はちょっとマニアックでしたが参考まで…

  2. まるRR | URL | -

    >>通りすがりのMさん

    梅雨はどこかへ行ってしまったようですね。週末はさらに暑くなるとか。むしろ少しばかり雨でも降ってくれた方がいい休養になるんじゃないかってくらいに毎日乗ってますよ。

    まさに上半身をうまく使う事が大事なんですね。長続きはしないものの、手や肩なんかはハンドルを引いた方が楽なんですよね。ペダルもそう、でもお尻というか太ももお裏が異常に張ってくる感じで、この辺りはまた課題なのかと思います。出来れば、、、巡航時にもっと早くなれるといいんですけどね(笑)。

    広背筋、すごく参考になります。筋トレとかストレッチとか、非自転車生活は自分の場合不摂生ばかりなんで、その辺りも見直してみるとさらにおもしろくなるかも知れませんね。参考にさせて頂きます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1134-70ef6511
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。