スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





デジタル工具の魔力



2013年05月12日 23:55

ヘキサビットを入手した。2.5, 3.0, 4.0, 5.0, 6.0, 7.0, 8.0, 10.0のラインナップ。差し込み口は1/4で先日手に入れたデジタルトルクアダプターに取り付け可能でよく使うサイズのものを選んだらこんな感じとなった。





ラチェットハンドルとデジタルトルクアダプターとヘキサビット




意外と使える事が分かったデジタルトルクアダプター。手持ちのラチェットハンドルがデキタルトルクレンチに早変わりする優れもの。トルクを管理するってのがロードバイクのメンテナンスでは基本となる?いやいやロードバイクだけじゃなくてクロスバイクだって感覚だけで大失敗した経験を何度も持つ私としてはどうもこんな感じの工具に魅力を感じる。TREKを納車する時にショップの店員さんが、シートクランプをデジラチェで締めてしたのを見て確信した。やはりしっかりとしたメンテナンスにはトルク管理が重要であると。そう言えばクロスバイク時代は外れないパーツに苦労した。固着した、、、と言うよりはガッチガチに締められたカセットスプロケットやボトムブラケット。コアな当ブログのファンな皆さまは過去の私の失敗をよく知っていると思われる。

なのでアルミと言えどもロードバイクのメンテナンスにはトルク管理を徹底しようと思っている。クロスバイク時代に苦しんだスプロケを外す作業も、ロードバイクでは簡単に外れた。もちろん緩んでいた訳ではなく、適切なトルクで組み上げられていたんだろうと思うのだが、自身がメンテナンスする時もそうやってやりたい。感覚で出来ればいいのだが、それはきっと経験が無いと無理だろう。それぞれの推奨トルクをまとめたサイトのリンクを備忘録的に貼っておく。



自転車探訪! 締付トルク一覧



※各部の適切なトルクは取扱説明書で再度しっかりと確認して下さい。






精度が高い工具は見ているだけでシアワセになる




そして私の場合はデジタルでトルクを見たいと言う欲望が、、、性格的に何事も数値化するのが好きなのだ。それにしてもトルクレンチって高価な工具だね。そしてデジタルともなればさらに高いし、本来は何種類か持っておきたいものだし、趣味の範囲でこんな工具にばっかり散財していいのだろうかと思いつつ、でもやっぱり精度の高い工具ってのは見ているだけでシアワセになれるものなのだ。

ロードバイクの推奨トルク一覧だと0-70Nm程度の範囲が推奨されているようだが、よく使うステム周りの低域のものをとりあえず使ってみる事にしよう。これもまたロードバイクの楽しみの一つだったりする。メンテとライドは表裏一体が自分の主義。乗るだけでなく、しっかり自分でもメンテナンスが出来るようにいじり倒してみるかな。





by カエレバ




関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. セバス | URL | VWFaYlLU

    Re:デジタル工具の魔力

    トルク管理は基本なんでしょうねー。素人が揃えるにはトルクレンチは工具として高額過ぎる気がしますが、アダプターなら何とか手が届きそうです。僕も数値化と工具が好きな男子なのでそろそろ導入しようかなと(笑)

  2. まるRR | URL | -

    >>セバスさん

    工具が好きなんですよね、私の場合(笑)。

    たぶんその辺りも趣味の範囲で、端から見ると滑稽に見える事でも好き嫌いでいいんではないかと思います。このアダプタはスナップオンツールズが作ってますからかなり精度は高いんですよ。ただ使い勝手の中で、くるくる一緒に回ってしまって数値の確認が目視で出来ないとか(音でお知らせは生きる)、接続部の精度が悪いと当たり前だけど信頼性が落ちるだとか、やはりそれなりのものって感じはあります。5-30Nmが推奨ですけど、数値だけならかなり範囲が広くとれるのも魅力でしょうかね~。


  3. Moumou | URL | -

    Re:デジタル工具の魔力

    自分で弄る人には必須の工具てすね

  4. Moumou | URL | -

    Re:デジタル工具の魔力

    自分で弄る人には必須の工具てすね

  5. ぶるらいだー | URL | dpUdNvug

    Re:デジタル工具の魔力

    いいですねぇ工具。
    トルクレンチも使い込んでくると体が覚えるのか
    トルクレンチなしでもかなり近いところで締められるようになりますよ。
    自分で締めてみてデジタルで確認してニンマリという至福の瞬間(笑

  6. まるRR | URL | -

    >>moumouさん

    ショップに任せればいいんですけど自分で出来るってのがいいんです。メンテナンスも一つの楽しみかなーっと。

  7. まるRR | URL | -

    >>ぶるらいだーさん

    だいたい感覚でも後からトルクを計ってみると大丈夫な事多いです。ただ感覚だけで最初っからやっちゃダメなんですよねー。感覚を覚える意味でもこういった工具で遊んでみないと。

  8. スターチャンネル | URL | -

    Re:デジタル工具の魔力

    あぁぁー、トルクレンチ買おうかなぁと思いつつ、結局買いませんでした。適当に締め付けています。

    最初の頃は、あえて緩めに。
    でも少し走ると、緩むのは緩むんですよね。
    その場で増し締め。

    何回か繰り返しているうちに、それぞれの箇所の締め付け具合が分かりました。

    まぁステムやらが走行中に緩むのだけは危険すぎるので、そういう部分だけは室内でハンドルをぐぃぐぃして確認してからでしたけど。

    そうそう!
    締め付けトルク一覧の表ですが、一番上に「例」とあるように、あくまでも目安というか、むしろその表は使わないほうが良いと思います。

    自転車ごとに様々な場所の厚みなどが異なっているので、その自転車の種類ごとに規定の締め付けトルクがあります。
    重要な個所には、たいていシールか刻印があるはずです。

  9. まるRR | URL | -

    >>スターチャンネルさん

    私のはアルミだから本当は適当でいいのかも知れません。でも何度も強く締めすぎて外れなくなってしまったりしているので、ある意味締めすぎを予防するような意味あいが強いかも知れません。

    ここまで来ると完全に工具も趣味の範囲でしょうか。でもこれはこれで楽しかったりするんですよね。まだロードバイクはいじってませんけど(苦笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1113-58e917ec
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。