スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





膝痛との戦い ~round-3 BIKE FIT ITS ウェッジ導入~



2013年05月08日 19:19

そう言えばロードバイクに乗り始めてからもうすぐ4ヶ月。ロードバイクで走った距離は約2500kmなのだが、最初っから全部がうまく行くとは限らない。新しいクツを買ってもそうでしょ?最初は嬉しくて履いてみるけど、自分の足に合うまではマメが出来たり、足が疲れたり。でも少し時間が経てば自分の足にフィットしてくる。それはクツが足に合うのか、足がクツに合うのか。ロードバイクもそんな感じ?前置きはこれくらいにして、本題のシムについてのお話なんぞを。





Bike Fit ITS(In-The-Shoe) ウェッジ到着



ロングライドで気づいた膝の痛み。当初はペダリングがヘタなせいで起きた事とタガをくくっていたものの、違和感は痛みに変わって、最終的には1週間も自転車生活をお休みするハメになってしまった。その間、クリートの位置(主に角度)を調整したりとか、サドル高をもう一度煮詰めたりとか、色々してみたが痛みは辛くなるばかり。痛いってのはきっとどこかに別の不要な負荷がかかっている証拠であり、それはきっとスムーズなペダリングにも影響しているんではないだろうか?この間の戦いは以下の記事から。


膝痛との戦い ~round-1 クリート位置の調整~


膝痛との戦い ~round-2 サドルを下げた



当初の痛みは"内股"を意識する事が改善できたので、意識的に内股に矯正する策に出たがそれが大失敗。クリートの位置(角度)はO脚ならばそれに逆らわずトーアウト(つま先が開く)に設定する事で痛みが解消される事が分かった。サドルの高さもぐんぐん上げるという暴挙は見た目は良いけど適切にあらず。計算値では股下*0.9を超えるような高さは必要が無く、サドル高は適切にした方が良いという結論を導き出した。全般として気づいた事は左の膝がペダリングの度に時計回りにブレる事。これがきっと痛みの原因だし、このブレを補正する事がこの戦いに終止符を打つ事になるだろう。クリート角度をトーアウトにした事で膝のブレは一定改善出来たのだが、検証はまだだけどガニ股になってしまいパワーがペダルにきっちり伝えられているような気がしない。膝のブレ、、、これを解消させる他の方法は無いだろうか。そんな時に見つけたアイテムこそITS ウェッジ。



by カエレバ






シューズ内に角度を付けたシム(1枚1.5°)を挟む事で膝のブレを補正する。私の場合は酷いO脚なので小指側のクツのソールが最初に減ってゆくのだが、それは力が小指側に偏っているため。いわゆるカント調整をするためのアイテムなのだ。前に自作カント調整をしてみたけれどしっくり来なかったので専用品でリベンジという訳である。

調整方法は取扱説明書に書いてあったのだが、どうもうまく出来ない。足裏の角度を特殊な分度器で測れと書いてあるが、そんなものは無いし。取説には無ければ走って確かめろ!と書いてあったが、とりあえずカント調整のやり方でシムをどれくらい挟むかを決める事にする。問題は左膝だろうけど。





インソールに乗りながらカント調整をしてみる事にした



汚い脚で済みません(笑)。フローリングの溝を使う方法でインソールを肩幅程度に広げてその上に乗ってみる。溝で水平が取れるように縦横がある場所が最適だ。このままの状態で両膝をぐっと落としてバランスを診る。O脚だと膝は内側に、X脚だと膝が外側にずれるらしい。





見事に左膝だけ内側に曲がってゆく(苦笑)




ここまでは予想通りの展開。ではこの状態でITSウェッジを左のソール下に潜り込ませてもう一度チャレンジ。一枚だけで下写真左のように膝が揃うようになった。うむ、4枚入りだけど1枚でいいのか?とりあえず色々試してみて、右側にも入れてみて、一番しっくりくるのが左2枚の右1枚という結果になった。結局1枚余ったけど、この枚数を超えるような調整は推奨されておらず、他の方法が必要となるそうだ。





写真左はそれぞれ1枚づつ、写真右は左2-右1の状態




調整量が決まったところでITSウェッジをシューズ内に装備。スペシャのMTB shoeは幅広のためITSウェッジは形成しなくともそのまますっぽり入った。シューズ内に収まらない場合はカットして入れるらしい。ものそのものはただのプラ板みたいなもんだけど、それだけで見た目にここまで補正出来てしまうのって素晴らしい。





で、さっそく今日のジテツウでデビュー




今日も爆風(涙)。いったいこの風は何なんだと思いつつも、自然のローラー台と化した江戸川サイクリングロードを北上しながら踏み心地を試す。向かい風だとトルクをかけるペダリングにどうしてもなってしまうので、膝の様子が観察しやすい。昨日はトーアウトに調整したクリートはまた垂直に戻してのトライ。

結果的には膝のブレは消失!クリートの角度に頼らず膝がブレ無くなったのは素晴らしいの一言。もちろん違和感も無い。まぁ完全に、、、という訳ではないし、膝がどうしても開き気味にはなるのでペダリングの補正は今後必要そうだ。補正と言っても無茶するんじゃなくて、このポジションに慣れる事を第一にと考えているのだが。


でもまだまだ。長い距離を乗ってみないと本質的には分からない。しかしながら膝が安定するとペダリング自体が楽しくなるし、これが本来の乗り方なんだろうと思われる。さて、今月のライドの予定を立てなくては。


関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. 通りすがりのM | URL | -

    Re:膝痛との戦い ~round-3 BIKE FIT ITS ウェッジ導入~

    こんばんは。

    大変素晴らしいレビュー記事ですね! 写真付きで詳しく書かれているので、とても参考になりました。

    自転車に乗り始める前に、インソールの利用はスポーツ動作の根本的解決にはならないと思っていたいました。ですが、BIKEFIT ITS ウェッジは膝のブレを無くすという根本解決の素晴らしいアイテムだと思いました

    自転車はスポーツの特性上、身体の方を自転車に合わせなければならないので無理な動作も生じます。無理な動作で生じた膝のブレを取るというのが理にかなってますよね。

    私もいつか使ってみよう。レビューを読めてよかったです。

    さあ、これからもっと楽しくなりますね!

  2. moumou | URL | -

    Re:膝痛との戦い ~round-3 BIKE FIT ITS ウェッジ導入~

    膝痛よくなってよかったですね。痛みは辛いですからねえ。
    ポジションは自分の走りやすいように距離を走りながら少しずつ変えていくといいですよ。慣れるまである程度時間もかかりますもんね。

  3. カレーパンマン | URL | 89zBIK8s

    Re:膝痛との戦い ~round-3 BIKE FIT ITS ウェッジ導入~

    痛みは出ないもののペダリングの乱れが気になってました
    ちょっと試してみます

  4. まるRR | URL | -

    >>moumouさん

    ちょっといい兆しが見えて来ました。まだまだ長い距離を乗ってみなきゃならないし、他にも問題が出てくるかも知れませんが、少しだけ前進です。自作でカント調整されてる方も多いようですが、一度失敗もしましたし、再挑戦の際は専用品でと思いました。

    これってでもよく考えられてると思います。他にもクリートに角度を付けるパーツだとか、Qファクターを広げるエクステだとか、色々あるみたいですね。

  5. まるRR | URL | -

    >>moumouさん

    そうそう、痛みは心も折れますんで。

    膝のブレを発見した時には「これか!」と言う歓喜にも似た感情が湧きました。新たな発見がある事が楽しかったりもします。いい季節なんで、もっとロングライドに行こうと思いますよ。

  6. まるRR | URL | -

    >>カレーパンマンさん

    私の場合は柔軟性が低く、そして姿勢も悪いのでこういったパーツが必要になってくるんだと思います。

    個人差が大きいようですから、ハマる人はハマります。けどトラブルになる人もいるようですね。その辺りお気をつけ下さいね。

  7. yyyy | URL | -

    Re:膝痛との戦い ~round-3 BIKE FIT ITS ウェッジ導入~

    私もヒザ痛で悩んでいます。日々のストレッチで解消したと思っていたら、
    最近再発です。痛むのは、左ヒザ外側。
    自分の重心タイプは、前外タイプらしく、左の足底のカントが小指方向に下がっているみたいです。
    漕ぎ方ですが、踏む時は外に、引く時は内にぶれてる感じです。(左足)
    そこで、左足の親指側にシムを挟むことを考えています。

    本品は、上記のような使用方法が可能でしょうか?
    ご教示お願いします。

  8. まるRR | URL | -

    >>yyyyさん

    コメントありがとうございます。

    膝痛は記事を書いてから1年くらいたってますが、色んな痛みがあるようで、まだ最終的な結論が導き出せていません。膝外側だとすると私といっしょですが、こればっかりは個人差があるようですから、実際にやってみないと分からないと思います。まずはクリートを外側に向けてみるといいかも知れませんね。

    ITSウェッジは反対にすると逆側が上がります。4枚構成ですべていっしょですから、左右で比べる事もできますよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1109-056d9c56
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。