スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





トーアウトで改善したけれど



2013年05月07日 23:39

1週間ぶりのジテツウ、北西の風10メートル毎秒以上。いつも通りの江戸川に苦笑いしながら、またここに戻ってこれた安堵感漂う。しかし、、、今日の風は凄まじく危険。あらぶる江戸川の川面を見ながらよろよろとジテツウ再開。





日差しだけはいっちょまえに夏っぽい




膝痛から始まって、ポジションをいじり続けた先月の後半。結果的には脚に酷い張りが出てゴールデンウィークはおろか、一週間も自転車に乗れない日々が続いた。脚を休めれば一定痛みは治まったのは幸いか、一旦考え方も含めてリセットして再度ポジションを探す旅に出る。江戸川サイクリングロードはポジションを探すには調度良い。今日みたいな強風の日は脚の動きがよく見えるほど、ペダルが重くて回らない。O脚、左膝のぶれ、そして腿の張り。これらキーワードからもう一度最適なポジションを見つけゆく。

再開にあたって、まず試してみたのはクリート角度をトーアウトに調整する。つま先が開くように、つまりはガニ股である事を包み隠さないセッティングとなる。これはこれで非常に違和感があり、見た目も悪いのだが、劇的、、、、とまでは言わないものの、痛みと言うか違和感がささーっと消失した。膝を見るといつもは時計回りにぶれる膝が真っ直ぐ上下運動しているじゃないか。これには正直驚いた。ただ、、、ガニ股でロードバイクに乗るのはいかがなものか?何かこう、秘めたものをさらけ出しているようなちょっとした羞恥心(笑)。いやいや、見た目の問題だけでなく、どうも蹴っぱる力がうまく入らないような気がする。色々膝の位置を変えてみて、つま先はトーアウトのまま膝をトップチューブ側に倒して内股にしてみるとやっぱり膝がぶれだしてくる。これじゃダメか、クリート角度をトーアウトにするとスムーズに膝は降りるが、パワーがうまく伝えられないような気がする。どちらを取るか、無理な負荷を取り除く方が先に決まっているので、ガニ股走法で行くしかないだろうか。。。まぁでも一歩前進には間違いない。





そして最終兵器となりうるか?BIKE FIT ITS Wedge到着



無理な姿勢で乗るのではなく、今の身体にフィットするようなポジションにする事が肝要である事はよく分かった。でもそれだけでは進歩しない。理想的なポジションを探す旅、まだロードバイク歴3ヶ月の私がすぐにその答えを見つけられる訳はないだろう。そうこうしている内にもサドルを下げた影響か、今度は尻が痛くなったきたりして。これはハンドル高やサドル後退幅の調整が今度は必要となりそうな雰囲気。

届いたITS Wedgeは足裏角度を1.5°づつ調整出来る優れもの。オリジナルカント調整はうまく行かなかったので、専用品を調達してみた。前述のトーアウトでも痛みは軽減出来たが、本質的には足裏の角度調整がうまく行けばいいのではないだろうか?明日からITS Wedgesも加えてポジション探しの旅はまだまだ続いてゆく。


by カエレバ



関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. 通りすがりのM | URL | -

    Re:トーアウトで改善したけれど

    こんばんは。GWのリフレッシュの効果が出たって感じですね(笑)

    私の場合Qファクターを小さくするとなぜか膝が内側に入って膝が動いて痛いので、それを相殺するためにわずかにトーアウトを大きくしてました。すると膝が動かずに上下しました。

    膝がぶれずに上下動しているということは、物理的に力がスムーズに伝わっているという気がします。棒を垂直に立てて地面を押す時に、もし棒がぐにゃりと前後左右の何れかに曲がってしまったら、棒に伝わったエネルギーの一部は棒を変形する方に使われてしまいます。棒を脚に見立てると同様のことが言えるのではないでしょうか。

    力がうまく伝わっているときは、今までよりも楽に(力感が少なく)スピードが出るようになっていると思います。

    ガニ股気味になるのは若干抵抗があるかもしれませんが、膝がぶれずに上下するペダリングはとてもきれいに見えると思いますよ。

    最初は大きめのQファクター、トーアウトから初めて、違和感(見た目も)や痛みのないところまで小さくしていく感じで進めていかれるのもひとつの方法だと思います。

    BIKEFIT良さそうですね。オフィシャルサイト見ました。BIKEFITのアイテムなら膝のブレをおさえてくれそうなので、これならトーアウトが大きくなくてもいいかもしれませんね。私も使ってみたいです。

    私も改善前は右膝の痛みは1ヶ月以上続いて、階段の昇り降りまできついレベルでした。やっぱり痛くないのが一番ですよね。自分に合った方法が見つかるといいですね。応援してます!

  2. まるRR | URL | -

    >>通りすがりのMさん

    アドバイスありがとうございました!トーアウトにする事で違和感が少なくなったと言う事で、原因に少しずつ近づいてきているように思えます。ただ、最終的な目標は痛みの緩和ではなく、もっとスムーズにペダルをまわせるようになる事であり、もっと突き詰めて本質に迫っていきたいと思います。

    BIKE FITのシムは非常に優れものでしたよ。プラ板みたいな素材ですが、これだけでこんなに?!というくらいの効果でした。また長い距離を走ってみたいと分かりませんけど、レポートしますね。


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1108-f85aec7e
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。