スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





ちょっとお休みすることにした



2013年05月03日 01:13

左の腿裏から膝、そして脹脛にいたるまで脚裏側がパンパンな状態、現在冷湿布で加療中。

問題の左脚なのだが、この間膝外側の痛み対策って事でクリートの調整やら、サドルの高さ調整やら、いっぱいバイクのセッティングをしてみたものの、まだまだ理想的なポジションが見つけられない。膝の痛みはトップチューブを擦るくらいに内股にすると良くなる事は分かったので、「内股」を日常でも意識しながら生活する日々。O脚を強制出来れば問題解決するんじゃね?って感じで意識的に膝を内側に曲げてみる。他にも脚を組まないとか、親指側から脚を付くとか。色々工夫して足裏、特に小指球側を高くすれば簡単に内股化するんじゃないか?と仕事用シューズにまでカントを付けてみたのがこれが本当にイケてなかった。O脚矯正どころか、脚を痛める結果に、、、無計画にやってはいけないのが良く分かった。

こういう時は無理して自転車に乗ってはいけない、、、のが基本。明日からゴールデンウィーク後半戦だが、もともと那須高原へキャンプの予定だったのでちょうど良い。自転車はしばらく無しにして脚を休める事に専念しよう。身から出たサビではあるもののこれもまた試練。やってはいけない事が分かったし、素人が無理に矯正なんてしてはいけないという教訓か。しばらくは大人しくしておこう、、、(苦笑)




いい季節なんだけど、療養する事に決めた。


関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. 通りすがりのM | URL | -

    Re:ちょっとお休みすることにした

    こんばんは

    O脚を強制しようとすると、却って不自然な動作になって故障する人もいるようです。
    私の知り合いの陸上競技 中距離選手もその一人で、O脚を走る練習の中で矯正したら膝や足首まで痛めてしまいました。結局、本人にとって一番自然なO脚のままにしたほうが良かったようです。

    足で走る場合は、股関節に対して足の位置を自然と負担も少なく力も伝わりやすい位置に接地させることができます。自転車の場合は、クリートの位置によって股関節、膝、足の位置関係に無理を生じさせてしまうこともあります。自分にとって自然な立位や歩行時の股関節、膝、足の位置関係に近いのは、若干Qファクターを広めとるということになると思います。

    私がお勧めしたいのは、内股ではなくつま先を若干外側に向けることです。極端に言えばガニ股で、O脚の方には自然な足向きだと御思います。

    スポーツで大きな力を出すときには、軸足のつま先が外側に向きます。スピードスケートの蹴り足、相撲の鉄砲の時の軸足、陸上選手の走りでさえ、つま先がまっすぐに向いているようでわずかに外側に向いています。バーベルを担いだスクワットでは、腰幅かそれより少し広いくらいの幅で立ちますが、つま先はわずかに外側を向くか、外側に向きます。スキー場でスキー板をつけたままリフトに乗るとつま先が外側に向きますよね。つま先が外側に向くのは意外に自然な動作なんです。

    つま先や膝が外側に向くと負荷を筋肉だけでなく関節で支えることができます(関節のロック機構という言い方をする人もいます)。先ほどのスクワットの例では、つま先と膝を内側に向けると負荷に耐えられずに潰れてしまいます。

    まるRRさんが内股で膝の痛みが消えたのは、踏み込んだ時の負荷を膝を内側に曲げていくことによって軽減しているからだと思います。内側に向いていると踏み込んだ力が干渉されてしまい、ペダルに力を伝えるという点ではちょっともったいないような気がします。

    実は私もSPDペダルで膝を痛めたことがあります。クリートの向きを完全に進行方向に向けていたので動きに無理が生じたのだと思います。立位の時のつま先の角度と同じくらいになるようにクリートの角度を外側に向けたところ、ピタリと痛みが止みました。しかも、外側に向けているといっても感覚的にはまっすぐ向けているような感じです。私はO脚ではないので、外側に8度くらいです(外向きといっても意外に小さいんです)。

    先ほどの様々なスポーツでの足先の向きもそうですが、つま先が外側に向いている方が、自分にとってはまっすぐに動かしている、もしくは、まっすぐに力を伝えるということがあります。

    クリートの向きを外側にすると、O脚の自然な感じになるのではないでしょうか? 逆に内側にすれば、ずっと内股で漕ぐこともできます(今までの逆の話になりますが)。

    このつま先が外側を向くという話は、京都大学教授 小田伸午氏の常歩という理論です。つま先が外側を向くと力を出しやすいということと、体軸を体の中心ではなく、左右の脚に入れ替えながら動作をするという理論です。私が自転車を初める前にジムで知り合った競輪の選手がこの常歩を取り入れているという話をしていました。これが元ネタです。

    長文になってしまいましたが、このような考え方もあるということで頭の片隅に入れておいてもらえてば嬉しく思います。

    今日から4連休ですね。良いGWを。


  2. moumou | URL | -

    Re:ちょっとお休みすることにした

    痛みがあるのは辛いですね。
    私は隔週で整体に通って毎回矯正してもらっています。だんだん変な癖が取れていくようです。まあまり悩まずに楽しんでいけばいいのではないでしょうか。

  3. N.E.T | URL | -

    Re:ちょっとお休みすることにした

    私の中学時代の友人でも、O脚に悩まされている人がいます。
    その方は生まれつきO脚らしく、O脚と付き合っていこう、割り切ろう。と心がけているそうです。
    この季節に、自転車に乗れないのは辛いかと思いますが、お体が回復したら、また快適なサイクルライフが待っています。たぶん。
    私からは、何もアドバイス出来ないですが、お大事に。

  4. まるRR | URL | -

    >>通りすがりのMさん

    しっかりお休みを頂きました(笑)。

    クリートをトーアウトにセッティングする、さっそくやってみようかと思います。無理に矯正するのはやはりプロがやってもうまくいかない場合が多いみたいですし、私のこのO脚もひとつの個性と思えばそれも大事にしないと。


  5. まるRR | URL | -

    >>moumouさん

    整体に私も通おうかな(笑)。身体が固いのは疲れも取れにくいですからね。

    楽しく出来れば、、、そのとおりですね!楽しくこれからも悩みぬいていこうかと思います(笑)。

  6. まるRR | URL | -

    >>N.E.Tさん

    O脚で割り切る。それがいいですね!

    今回の脚痛の件は、結局日常生活にも影響が出そうなほどだったので、思い切ってお休みしました。休んでみると身体の張りがぜんぜん無くなって面白いくらいに調子がいいですね。一度リセット出来たので、また色々と考えてみようかと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1106-ea3f2a89
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。