スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





膝痛との闘い ~round1 クリート位置の調整~



2013年04月25日 23:22

昨日のしっとり降った雨は朝方にはすっかり上がり、空には大きな雲が浮かぶ。季節はまたひとつ進み今日から穀雨中頃の霜止出苗(しもやんでなえいずる)。水の張られた田んぼに映る雲。暦の上ではもうすぐ夏という事らしい。





清々しい春の空の元、今日も江戸川をジテツウ




先日の九十九里浜ポタリングで露呈した膝の痛み。長い距離を走ると出てくる痛みは偶発的なものではなく、必然に起こるものと確証した。茅ヶ崎ライドの時には初めて走った長い距離だしこんなもんかと思ったのだが、同じようなシチュエーションで同じく発生したものなので、それはそれで現状に問題があると言う事なんだろう。ポイントをまとめてみる。



・痛みの箇所は左右違う、左は外側、右は膝上、

・痛みの強さとしては左>右

・平地走行距離約90km程度で発生する



自らのスペック的には身長170cmの股下77.6cm、サドル高は69.0cmとしていて、クランクは170mmのものを使用している。そして見た目から分かるO脚で、直立不動だと膝の間にスキマが出来る。

痛みの残るなか無理してでも翌日ジテツウした。これは回復走という訳ではなく、痛みの箇所をもう一度再確認する事と、どこが問題なのかを発見するため。膝にはサポーターを巻き、なるべく負荷をかけないようにそーっと走ってみる。本当は痛い時は休む事が重要なのだが、走れない訳でもないのでサポーターを巻いてがんばってみる事にした。まず確認する事はクリートの位置、自分としてはこれが一番問題なんではないだろうかと考えている。


まずはクリートの位置をいじらないで、遊びの部分だけ足裏をくりくり調整しながら乗ってみる。ガニ股にすると膝は痛むが、トップチューブが擦れるくらいに内股へしてみると痛みが和らぐ。ここか?ってところでクリートの角度を調整、なるべく内股になるようにクリートの角度を両方ともつま先側に向けてみる。ちょっとづつ走ってはまた止まり調整、結局のところ角度をつま先側へ調整しただけじゃなくて外側へ調整したところで痛みがほぼ消失。Qファクターを縮めてさらには内側に角度を付け直すというちょっと強引な内股化で今回の痛みはほぼ消失。そりゃトルクをかけると痛みは多少出るのだが、ウソみたいに痛みは軽減出来た。

本質的には膝が開き過ぎてたって事がやはり膝痛の原因だったって事なんだろう。これは自分の経験談なので万人に当てはまる訳ではないし、通常だと膝外側の痛みってQファクターを広げるってのが定石だと思うけど、今回はこんな感じで痛みが消失したってのは面白い事。だけどなんかまだ解せない気持ちでいっぱいである。きっと無理がたたって今度は別の場所に痛みが出そうな気もするし。


他の方法で内股化する事も模索してみよう。それはカント調整、自作の記事をインソールに仕込んでみたもののどうもボコボコしてシューズ内は気持ちが悪かったので実は早々に外してしまっている。やはりこの辺りも専用品か?小指側を上げてやれば膝が内側にたためるのは理にかなっている。私の靴はほとんど外側がすり減ってしまっているからきっと効果はあるだろう。BikeFitのやつ、試してみるか。膝痛との闘いはまだまだ続く。





江戸川のポピー畑はすくすく成長中




関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. まさき | URL | G5yfzbCA

    Re:膝痛との闘い ~round1 クリート位置の調整~

    いつも楽しく拝見してます。
    プレスポ乗りの私としては新しい世界に旅立ってしまわれたのを
    見ながら、羨ましいやら寂しいやら。
    たまにはプレスポもどうぞ(笑)

    最近、やまめの学校の堂城賢さんが本を出版されてますよ。
    「自転車の教科書」いわゆるヤマメ乗りの説明です。

    骨盤は立てず、お辞儀の姿勢でという大意ですが、読んでいて
    結構納得することがあります。
    一度立ち読みだけでもされてみると気付きがあるかもしれません。

    それともう一つ。
    足の長さ、左右で違ってませんか?僕は漕いでてどうも右足の
    ほうが長いような気がずっとしてて、カイロプラクティックの
    先生とFacebookで友達になったので見てもらった所大当たり。
    足を組んだり、左右どちらかに体重を掛けて立つひとは足の
    長さも変わってしまうんだとか。
    施術で直してもらうとしばらくは戻りますが、生活自体での
    足の使い方から直さないとまた元に戻るんだとか・・・
    直してもらって自転車に乗るとホンマに滑らかに回りました。

  2. まるRR | URL | -

    >>まさきさん

    コメントありがとうございます。

    ヤマメ乗り、話は聞いた事あります。お腹をぽっこり出すような姿勢ですよね?何となくやってみた事あるんですが、楽っちゃ楽だけどこれも慣れが必要で長い時間姿勢を保つのが難しかったように思えました。まぁニワカなのでちょっと勉強してみますね。

    左右の脚の長さは私も問題視していまして、普段の生活でも軸足で立っている時間が長いんです。私の場合は左脚なんですが、やはりペダリングの問題も左脚に集中しているのでこれは脚の長さの違いによるものなんだろうと睨んでます。ただ、、、色々考えてみるとどちらの脚が長いのかすら自分では分からないんです。整体とかカイロとかに行って自分の身体の事、聞いてみるのはいいのかも知れませんね。

    プレスポはいいクロスバイクだと今でも自負してます。最近めっきりと出番が少なくなってましたが、ポタリングマシーンとして新たな一歩を踏み出すために今カスタム中です。今しばらくお待ち下さいませ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1100-f3278902
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。