スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





優しい色への儚い想い



2013年03月19日 21:46

ようやく会えた今年のサクラ。なんか都心だといっぱい咲いているようだけど、こちら葛飾ではまだまださっぱり。





水元桜堤でまったりと




空気は完全に春そのもの。一気に暖かくなったせいで、あわてて花を咲かす木々。まだまだ梅は咲いてるし、桃や杏はこれから見頃、ハクモクレンが雄大にそびえたち、主役のソメイヨシノが後に控える。明日からちょっと寒さが戻るようだから、お花見の予定としてはまだ余裕があるかな。ただでさえ短い春が、今年はさらに短くなりそうだ。





優しい色。




今年のサクラはどうだろうか?思い出すのは二年前の儚く咲いた桜を思い出す。まだか、まだか、と待ちわびて、いざ咲きほころうとした折に起こったあの出来事。忘れる訳ないはずのあのサクラも、今では思い出すのが難しくなってきたのも事実である。あれから三度目の春が被災地にはこれから訪れる。

何度も東北道を行ったり来たり。こちらの桜が散ったあと、満開の桜が咲く被災地へ支援に行った。福島は寒さが一定なのか、ずーっと桜が咲いていた。かの有名な三春の桜は梅、桃、桜の「三つの春」が一度にやってくる土地だからそう名付けられたそうだ。





少しでも…




近所のお祭りで見つけた。花と陶芸で東北支援。東松島市の仮設住宅で暮らす方々が作った陶器の園芸用お飾り。そう言えば義母も仕事を無くして、しばらくは何も手につかなくなって、それでも前を向こうとつるし雛なんかを一生懸命作って送ってくれたりもした。心に開いた穴を埋めるには何か作業をしている事が良いらしい。千葉にある窯元の方々らしいが、震災後から仮設住宅を中心に陶芸教室を開き、窯まで作って様々な心のスキマを埋めるお手伝いをしていると言っていた。写真は仮設のお母さんたちといっしょに作ったもので、一つ500円でもちろん義援金となる。様々な形の支援があるのだが、やはり続けられる事が大事だよね。

この支援活動をつなげてくれたのは東松島にあった萬寶院の石川住職という方。ん?そう言えば、、、とその場でiPhoneを取り出して調べてみると、、、、そうだ。親交のあるブロガーさんが取り上げていた方だ。お寺は津波で流されたけど、仮設のお寺を元の場所にすぐに作って、様々な活動をされているご住職さん。そうか、、、色々と繋がってるって素晴らしい。


さてさて、まだまだ出来る事はいっぱいはずだ。春が来ると忘れられない記憶、そして想い続ける事。改めてこの桜にもう一度想いを馳せて、、、、





関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

  1. moumou | URL | -

    Re:優しい色への儚い想い

    もうちょいですねえ。
    鹿児島は今週がピークでしょうかねえ。

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. まるRR | URL | -

    >>moumouさん

    こちらはようやく咲き出しましたよ。明日から寒くなるようで、しばらくは持ちそうです。しかし、今年の気候は何なんでしょうかね。普段と違うようで何と無く気になります。

    鹿児島はもう暖かいんでしょうね。一気に夏が来そうで怖いところです。


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1063-78eebfa7
この記事へのトラックバック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。