スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





ちょっとだけ秋を探してポタリング ~荒川CR編~



2009年09月27日 19:01

コスモス_convert_20090927174513

 秋の日和に誘われて久々にポタリング。と言っても昼ゴハンを食べて、お昼寝して、ちょっとグデグデしながら何となくやる気無い感じで出発。でもイザ走ってみるとベダルが回る回る。なので今日は荒川サイクリングロードまで足を伸ばしてみた。しばらく走ると秋を見つけた。河川敷に群生していたコスモス。

 コスモスの原産地はメキシコの高原地帯。18世紀末にスペインマドリードの植物園に送られ、コスモスと名づけられた。日本には明治20年頃に渡来したと言われる。秋の季語としても用いられる。日当たりと水はけが良ければ、やせた土地でもよく生育する。景観植物としての利用例が多く、河原や休耕田、スキー場などに植えられたコスモスの花畑が観光資源として活用されている。ただし、河川敷の様な野外へ外来種を植栽するのは在来の自然植生の攪乱であり、一種の自然破壊であるとの批判がある。wikipediaコスモスより抜粋。
 そうですか、コスモスも外来種ですか。都内の自然っちゅーのはやっぱり作られた自然が多いのかな。まぁ東京湾沿岸はほとんど埋め立て地だもんね。

荒川CRうみ_convert_20090927174420

 首都高平井大橋を超えたあたりから潮の匂いがしてきた。東京湾独特のちょっと泥くさい潮の匂い。小さい頃からこの匂いの中で育ってきたので、あまり気にはならないし、むしろ心地良く感じる。荒川サイクリングロードは右岸を走った方が良さそうだ。左岸は中川との間の中洲を走るが、ほとんど人がいないし、河口までは到達できなかった。右岸の河口からは葛西臨海公園の観覧車が見えた。もう少し晴れていたら方向的には富士山が見えるんだろうな。

※河川の右・左とは?
 川の右・左は水の流れていく方向、つまり下流にむかって、右岸(うがん) ・左岸(さがん)と言う呼び方をします。昔上流に住む人たちは、暮らしに必要な品物が下流の町から舟で運ばれてくるのを、川を見つめてまちわびたそうです。そのようなことから川下にむかって右岸・左岸とよばれるようになったという説もありますよ。

[ 本日の走行記録 ]Tm=1:44'25 Dst=34.56km Av=19.8km/h Mx=49.4km/h Odo=176.0km
キャットアイ(CAT EYE) サイクロコンピュータ CC-RD200 ブラックにより計測。

関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/104-3d73208e
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。