スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





冬霞の空と坂道を探してみたポタリング



2013年01月21日 19:56

昨日から大寒、一年で一番寒さが辛い季節に入る。気温そのものは年末の方が低いようだが、北風でしばれる寒さはこの季節の方が厳しいように感じる。大寒な季節の七十二候は以下のとおり。


初候

款冬華(ふきのはな さく) : 蕗の薹(ふきのとう)が蕾を出す(日本)

鶏始乳(にわとり はじめて にゅうす) : 鶏が卵を産み始める(中国)


次候

水沢腹堅(さわみず こおりつめる) : 沢に氷が厚く張りつめる(日本)

鷙鳥厲疾(しちょう れいしつす) : 鷲・鷹などが空高く速く飛び始める(中国)厲は{勵-力}


末候

鶏始乳(にわとり はじめて とやにつく) : 鶏が卵を産み始める(日本)

水沢腹堅(すいたく あつく かたし) : 沢に氷が厚く張りつめる(中国)




でも今日はなぜか日中は南風が吹いてポカポカ陽気。頬に当たる風は冷たいけれど、天気も良いし、明日からまた雪だっていうし、今日を逃すと今月は絶望的なのでとりあえず江戸川サイクリングロードに出てから考える事に。暖かいと空は若干霞がかかる。エアゾルが多くなるからかな。




冬霞な江戸川サイクリングロード、遠くは見えない



さてさて、北へ向かうか、南へ向かうか。例によって時間はあまり無いので長い距離を走るのは無理っぽい。これと言った見どころが無いのが江戸川の特徴で、ひたすら風と闘いながらペダルを回す場所ってのがここの本質だったりもする。フキノトウでも探しに近所をのんびりポタポタでもいいのだが、せっかくなので新たな境地を目指すべく、江戸川付近の坂道を探しながらポタポタする事にした。この辺りに坂はほとんど無い。江戸川・荒川で100km走って高度上昇が一桁なんてザラだしね。でもちょっとだけ見つけたのが、葛飾橋から西に向かって見える小高い山(丘)、きっとあの辺りなら坂道くらいあるだろうって。江戸川を葛飾橋から左岸に渡り、常磐線の架線を越えたところは意外と坂道が多いのだ。





1本目は戸定亭ヒルクライム



常磐線架線の歩道橋を起点として裏から小高い山の上の史跡をゴールとするポイント。最初は緩やかな勾配なのだが、ゴールへ向かうカーブはかなりの坂道。最大勾配はカーブ後の18.0%(計算値)であった。わずか1分程度なのだが、坂道に不慣れな自分はこれだけでもハァハァぜぇぜぇしてくるし。。。まぁこれはこれで楽しいかも。




2本目は聖徳坂ヒルクライム




戸定亭を下って、真っ直ぐいった先の交差点を起点にした松戸中央公園へと続く坂道。ゴールは聖徳大学市口。くねくね曲がる道はまさに山登りの様相。最大勾配は後半に訪れる21.2%のまさに激坂。ここも時間にしたら1~2分だから一瞬で終わってしまうんだよね。




3本目は専松坂ヒルクライム




そしてお次は進路をまっすぐR6に出て隣駅の先を起点とした通称「専松坂」、計算してみると全体としては大した事ないのだが、実際に走るとこの坂はきつい。2つの坂で構成されているのだが、前半の平均斜度は5.4%、いったん下ってからの登りは7.1%、距離はだいたい1km程度あるのでこれはこれでそこそこの坂なのだろうか。


平日昼間っから大の大人が町中の坂道で悶えてるのはなかなか不思議な光景だと思うのだが、坂道というエッセンスは自分の自転車生活上ほとんど無いのでこれはこれで楽しい。自走で行ける一番近い峠は筑波山かな?片道70kmくらいあるけどね(苦笑)。峠まで自転車を車で持ってゆけばいいのだが、、、まぁそれも今年一回くらいはチャレンジしてみようかな。





途中とみたのラーメンで腹を満たす




自転車散歩・坂道マップ
関連記事


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/tb.php/1008-d0ca102d
    この記事へのトラックバック








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。