スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





三代目、ヘルメットはアドバンスド・ロールシス



2015年09月30日 23:17

秋晴れだが、すでに随分と涼しくなった。朝晩の陽射しの恩恵が無ければ、すでに冷たい北風が吹く。慌ててウィンドブレーカーを箪笥から引っ張りだして羽織っていった。代わりにと言っちゃなんだけど、江戸川からも富士山が良く見えた。もうそんな季節になったんだなと。





遠く高い空とともに





さて、先日のブログ300万PVを記念して、ヘルメットを新調した。実を言えば、クロスバイク時代から引き継いだアイテムのうち、最後まで残ったのがヘルメット。何故ならば自転車アイテムの中で最もチョイスが難しいものの一つ、それに大抵のヘルメットがキノコ化する自分としては、そんじょそこらのヘルメットでは満足出来ない。頭囲が58cmと言う微妙なサイズで、面長と言うキノコ型には最適なもんだから、Mを選ぶとキツイし、Lを選ぶとキノコになる。アジアンフィットなんて関係ない?兎に角、自分に見合ったヘルメットがないのだ。






で、今度はベルギー産を選んだ





初代はALPINAと言うドイツ産。スキーなんかでは有名だけど、自転車用もある。今はあんまり取り扱いがなく、UVEXが引き継いでいるようだ。二代目はやっすいBELLのやつだけど、こちらは何となく気に入らなくてお蔵入り。都合で初代を6年弱使った。賞味期限はとっくに切れてるし、色味もピュアなホワイトだったのが黄ばんできた。

落車で頭を打ったのは二回、深夜の江戸川でカップルを避けて土手に落ちた時と、荒川で段差を越えられずにジャックナイフした時。それぞれ大事には至らなかったのはこのヘルメットのおかげ。やはり自転車ライフにおいてはヘルメットは必須なのは間違い。






LAZER BLADEと言う選択





フラッグシップは良いだろうけど、むしろ毎日被るものだし、消耗品だからそれなりのものを。自分のヘルメット選びの基準としては、①まずは被りが深いこと、②こめかみがキツくないこと、③後頭部までシェルで覆われていること、④キノコ化しないこと、特にやはり初代の影響をふんだんに含まれた選択条件だが、こう考えるとドイツとかベルギーとかあの辺りのメーカーが好みらしい。OGKのはサイズ的にNG、Mだとこめかみ痛くてLだとキノコ。いや、KASKのMOJITOは良かったけれど、やはりお値段的に難しい。やはりお高いものは小型軽量化してるからキノコ化しないのは分かるように思える。で、今回選んだBLADEはロールシスというシステムのおかげで小型化に成功しており、試着してみると凄くフィットしてキノコ化しない。

で、やはりヘルメット選びは実物を試着してから買うのが良い。今回も某ショップに狙いを定めて、自分のアイウェアとサイクルキャップを持ち込んで試着した。最後まで悩んだのはBontragerのCircuitとLAZERのBLADEで、自分としてはCircuitが良いと思ったんだけど、家族の満場一致でキノコが判明し、BLADEとなった。








一番のポイントはロールシスシステム




なんと頭頂部に調整ネジが付いてる。LAZERの特徴的なシステムであるロールシス、無段階で帽内を調整出来る。被りの深さもこちらはビス止めだけど調整出来るので、かなり被り心地が良い。これ重要で、下手に締め付けが甘いとヘルメットとしての意味がないし、逆に締め付けをキツくし過ぎるとロングライドで肩が凝る。無段階って言うのは非常に調整しやしくて良い。ちなみにこのBLADEはかなりお買い得レベルのグレードなんだけど、ワイヤーを樹脂化しているので軽量化が成されている。実測で245g、かなりしっかりした作りなんだけど軽量ヘルメットの部類に入るかな。ちなみにBLADEとフラッグシップにしかアドバンスロールシスは搭載されてない。その他はワイヤー製のままなので、ただのロールシスという感じらしい。





被ってみるとこんな感じで




早速だけど昨日のタマコイチで走ってきたが、フィット感はもとい軽さも合わせて走りやすいように思えた。すれ違うローディさんたちの会釈率も上がったような気がするのはやはり気のせいかな?とりあえずはヘルメットを三代目へ、これから先も自転車ライフを楽しく安全に過ごすために。出来ればお世話にはなりたくないけど、何があるかは分からないから。まぁ、それはそれで気を付けることにしよう。


by カエレバ







以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事
スポンサーサイト

タマコイチ 125.6キロ



2015年09月29日 22:57

風向きが北寄りに変わってきた。高い空と高い雲、ようやく空のタイミングが合ってきた。






今日のポタリングコースはこんな感じで





荒川から彩湖を越えて西へ向かう。少しルートを開拓することも含めて、目的地は多摩湖。西武ライオンズの本拠地でもあり、また自転車乗りの聖地でもある。一度は行ってみたいと思っていたが、なかなか機会に恵まれず。なぜかと言えば、なかなか良いルートが見つからない。荒川から行けるらしいのだが、どうにも横断するのはハードルが高い。今日のところは秋ヶ瀬橋から行きは志木街道で、帰りはまったり空堀川沿いを通るルートで往復してみた。多摩湖から南に向かって多摩川経由で都心を抜けて帰るってのも考えたのだが、今日のところは不本意だけど往復というルートに留めてみた。ルートを教えてくれたスターチャンネルさん、いつもありがとうございます。






有名なスポットで記念撮影





それにしても非常に脚が重い。今年は全然走れてないのは雨のせいと言えばそれまでだが、正直100キロ走るのが精一杯と言った感じで。去年、一昨年のペースよりも月間で200-300キロは足りない。とにかくジテツウが出来てない、一週間まともに出来ない実情から鑑みると、結果的にはこんなもんなのだろうかな。じわりとやはりジテツウって脚を作るのに効いてるんだなと改めて実感した。

合わせて、今日のライドは視察的意味あいと言う事で。ツールド東北が終わった今、次の目標は相方氏のロングライド。これまでは50-60キロの近場で済んだルートを、少し距離を伸ばして100キロくらいにする方向で。これについては異論は認めない。出来れば坂道も混ぜながら自分も楽しめるようにライディングスタイルを変えていくように。






意外と多摩湖も山なんだね(苦笑)





笑われてしまうかも知れないけれど、それくらいに関東平野はド平地だ。今日はそんな多摩湖をぐるっと一周、なので今日のタイトルはタマコイチ。遊歩道チックだけど、なかなかアップダウンがあって楽しかった。距離にしてみると13キロくらい?まぁゆっくりだけどね。

なんか脚が今日は回らないなーって思ってて、上記の要因だろうと思ってたのだが、帰ってからログ見ると秋ヶ瀬橋から多摩湖まではずーっと登りとか。たいした斜度じゃないけど、普段そんな事しない自分には脚に来るわな。





ランチは一人だと麺が多いな





まぁ、そんな感じで久々のロングポタ完了。しばらくは晴れそうだから、少しはペースを戻せるかな。それと今日のライドは新しいBBと、新しいヘルメットのファーストインプレッションライド。秋の風を感じながら、それぞれ良い感触を得た。この話はまた今度になるが、今日のところは新しいルートの開拓と言う事で。何となくグルメも見つけたし、道も大丈夫そうだから、今度は相方氏を連れて多摩湖までポタリングしにくる事にしよう。





以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事

やっぱりスタンドは止められない



2015年09月28日 21:04

久しぶりによく晴れた月曜日の朝。ようやく秋の長雨から解放される週となるのだろうか?ふと通勤路のサクラ並木が黄色く染まっているのに気づいた。そろそろ?もう?紅葉の季節はすぐそこまでやってきているらしい。





このアングルが好きなんだ




一応これでも自転車フォトブロガーのはしくれ(苦笑)。自転車ライフに写真はつきものだからと言い聞かせながら、日課ともなった朝の一枚をパシャり。構図としてはロードバイクと空と季節が感じられる何かを入れる事を心がけているのだが、そうなるとしっかりとロードバイクが自在に自立しなければならない。個人的な直観なんだけど、どうも背景が重要っぽくて柵やら壁に立て掛けるってのがすごく気に入らないのが自分なりのこだわり。なので邪道だと言われようが、トレックにもスタンドを取り付けている。


こちらが本命、ロードバイクにもスタンドを 2013.4.6


取り付けているのはなるべくロードバイクに合うように、ということで、BBワンに固定するタイプ。これならフレームに傷がつく心配もないし、重さは目をつぶるにしても、見た目的にもすっきりしていて許容できる。たまにサイクリングロードなんかでごいっしょする大ベテランな自転車乗りの方々から大きく批判された事もあるんだが、これは自分の自転車ライフのスタイルだから、やっぱり重要な要素なのだ。




で、こんな工夫が必要となった



当ブログのコアなファンの皆さまならばお気づきだと思うが、先日のボトムブラケット交換でそんな健気なこだわりがピンチを迎える。SM-BB4600からSM-BBR60に換装した結果、BBワンが小さくなってスタンドの取り付けが規格を外れた。そもそもこのボトムレッグスタンドはBB外径が44mmを想定しており、旧型にぴったり精度よく作られているから、新型の60系や9000系のBBだと装着できない。まぁこれも含めてBBがダメになったので交換という運びになった訳だが、どうしても諦められない自分は上記の写真のようにシムを噛ませて装着する事にした。ちなみに9000系はワン外径が39mm、60系は41mmと今回は少しでも可能性を残す意味で60系にしたと言っても過言ではない。そのまんまだとスルスルだったから、こんな感じの例えばライトなんかをハンドルに付けるときに付属しているシムを適度な形に切って装着してみた。なんだかビスとかこの手のこまいパーツは我が家にはいっぱいあるので苦にはならないのが痛いところ。





で、狙いどおりぴったり装着完了




少しクリアランスはないものの、ガタつきなどはなく狙った通りの結果になった。まぁ規格外の使い方だから緩みなんかには気を付けなければならないけれど、これでこれまで通りスタンドを使用する事ができるのは嬉しい限り。BB下スタンドはホント重宝してる。だってクランクを真下に合わせれば、このスタンドが写真的には目立たなくなってまるで自立しているように見えるんだもの。まぁ、スタンドとしての機能は非常に弱いから、駐輪なんかには絶対に使えないし、写真を撮る際に風で倒れそうになってしまう事もあるから、必ず使い勝手の良いものではないんだけど、やっぱりスタンドは自分の自転車ライフには欠かせないものなんだな。




自立写真をもう一度



さて、肝心の新しいBBの回し心地は正直良く分からず(苦笑)。なんか朝のジテツウでは交換した事によるバイアスでなんかギアが2-3枚軽くなった?!みたいな感じだったけど、江戸川は珍しく朝から南風だったので、そのせいじゃないかと。やっぱり長い距離を乗らないとしっかりレビューできない。今週は天気が良さそうだし、少しだけ秋を探しにロングライドに行こうかな。まぁ天気次第だけどね。


N+1 ボトムレッグ(センタースタンド) ブラック KC136AA
by カエレバ





以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。