スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





膝痛との闘い ~round-2 サドルを下げた~



2013年04月29日 21:22

ゴールデンウイーク前半戦終了。とは言え私の場合は世間さまとはあまり関係なく業務に邁進する日々。今日も変わらず江戸川サイクリングロードでポジション出し。


膝痛との闘い Round-1はこちらから






風薫る季節まではもう少し




ロングライドで露呈した左膝外側の痛み。ピークポイントは100km弱で発生する。特にトルクをかけるとその傾向が強く出る。痛みが残る回復走で見つけた問題点は膝が開く事。もともと酷いO脚なのだが、きっと知らず知らずにガニ股走法になっているんだろう。意識的にトップチューブに擦るように内股にしてみるとピタっと痛みが止まった。膝を開かないように意識する事、膝には優しいペダリングなんだろうと言う一つの答えが見つかった。クリートの位置と角度で内側に向くように変更を繰り返してみるのも一つの手であろう。ただこれはあくまで対処療法、それにSPDクリートでの角度調整なんてたかがしれてる。基本に立ち返り、拇指指でしっかり踏める位置にセッティングしながら他対策、そう本質的な対策を考えていこうと思う。Qファクターを広げるってのも一つの方法(O脚)らしいけど、やってはみたがどうも私には合わない感じだったのでセンターに合わせる事にした。極端にクリートを寄せると足裏が有効利用出来ない感じがしたので。


基本に立ち返る…と言えばサドル高。


どうもサドル高についても自分の考えが間違っている気がする。乗り易いのは高めなサドル。買った時のポジション合わせでも低めに感じたので、結果的にはニョキニョキ上がって最大で70.5cmまで上げてみたものの、股下77.6cmのスペックでは明らかにオーバーであり、膝裏の張りが出てきたため今は下げる方向に変わってきた。で、先日のライド後、思い切ってサドルを下げた。いきなりはよろしく無いのは分かっているけど10mmばかし。都合最大値より15mmで69.0cmとした。股下から逆算すると係数的には0.889となり、まだ数値上は高であるものの、ポジション的にはブラケットがかなり握りやすくなった。合わせてサドルに深く坐る事も容易となり、骨盤を意識して乗れるようになった。ただ…疲れてくるとどうしても前乗りになってくるので、サドルのセットバックをもう少し考察しなければならないかな。もう少し下げ幅にも余裕があるので、その辺りのバランスを考えながらまたポジション出しに励む事にしよう。長い距離を走ってみないと分からないけど、このポジションで確信出来るのは、向かい風での巡航速度がわずかだけど上がった事。膝の痛みをクリアする事イコール正しいポジション・ペダリングイコール江戸川の向かい風に打ち勝つ事…と自分の中では信じてやまない。気怠い夕暮れ時の海風をかき分けながら、少しづつだけど確信に迫れたような気持ちになったりして。


膝痛とサドル高の関係をまとめてみると…


・サドル高は係数0.875~0.885くらいを原則に

・肩や腕が痛い場合はハンドルを下げる

・下死点付近で膝の曲がりは30°、これは感覚的には結構曲げるイメージ

・低いと感じる場合は先にサドルを後退させる

・骨盤で漕ぐイメージ


などなど。万人に当てはまる事は無いのだが、サドルの高さは先人方が言われてる係数を基本として、不具合が感じてしまったら、ハンドル高やサドル後退を先に試す方が良さそうだ。あくまで、良さそうで。これはあくまで、私の場合。


しばらくはこれでやってみるが、さらに気づいた事、それは膝のブレ。特に問題である左膝が時計周りに円を描くようなブレるのが分かる。ちょうど踏みから引きに変わる時、踏む瞬間ちょうど2時の位置でクイっと内側にブレている。これは…さらに確信にせまれるか??このブレを修正する事でこの闘いに勝利する事に繋がるんではないだろうか?ポジションだけじゃなくて、ペダリングのテクニックか?引き足が悪いのか、踏み足が悪いのか、はたまた左脚?右脚?意識をすると修正出来るが、疲労するとまたブレる。新しい壁が立ちはだかるのだが、なぜかそれが楽しくて。さて、またがんばるとするか。





以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事
スポンサーサイト

パン・ハンティング用パッカブルディパック



2013年04月28日 22:00

外は天気いいってのにちょっと寝過ごした。今日はKS活動のため自転車ライフは朝だけの予定。さてどこ行くか、悩んだ挙句に朝ごはんを買ってこいと命じられたので、パンを買いに行く事にした。





先週オープンした亀有 吉田パン





ってライドっていうほどの距離でも無い。隣町のパン屋さんにロードバイクは無いだろうと思いつつ、ぐるっと回って距離を稼ぐ。今日は風が相変わらず強いけど、日差しが強くて初夏の装い。帰りの荷物対策もバッチリで先日こんな小さく出来るディパックを入手してみた。もちろん折り畳むとサイクルジャージのバックポケットに入るサイズ。





FJALLRAVEN (フェールラーベン) パッカブルディパック





フェールラーベン、日本ではカンケンって言った方が話が早い?北極キツネがトレードマークのスウェーデンからきたアウトドアブランド。自転車生活とはちょっと違うが私の趣味の範囲と言う事で。カラーリングがここのブランドは好きなんだよね。小さくまとまるナップサックはもっとあるけれど、作りがしっかりしてて背負ってみると機能性含めて見た目もヨシ。薄手だが広げると約15リットル程度のサイズがある。上の写真はすでにコッペパンが5個も入っている写真であり、まだまだお土産を買い込んでも問題はない。



by カエレバ






握わっているようで、お一人様5個まで




コッペパンの専門店、ルーツは岩手県は盛岡にある福田パン。こしあんバターが看板メニュー。盛岡のソウルフードと言う事だが、甘さ控えめのこしあんとバター(マーガリン?)がコッペパンの塩っけと良く合う。メニューバリエーションはかなり豊富で、お一人様5個制限のなか、あんバター、ピーナッツバター、ゴボウサラダ、コンビーフ、ハムカツをチョイス。案内してくれた店員さんのオススメはピーナッツバターと言う事だったが、確かにこれはコッペパンと言うよりはスウィーツかと思うほどの美味しさ。ニュースでも取り上げられてたし、地元では珍しく朝から行列が出来るお店。しばらくすれば落ち着くだろうと思われるが、無くなり次第終了らしいので、タイミングを見計らって買いに行くのがしばらくは良さそうだ。ちなみに今朝は40分待ちでギリギリなんとかゲット出来た感じである。





あんバターを切ってみた




待ち時間が長かったせいで身体が冷えた。帰り道はコッペパンを背負って環七を爆走。肩掛けタイプよりもバックパックタイプの方が走りやすい。日曜朝のパンハンティングは私のルーティンワークになりそうだ。日曜朝に都内のパン屋さんを開拓する旅、それもまた面白そうだし。朝練+パンハンティング、これはイイ。しばらく続けよう。




今日のパン屋さんの詳細はこちらから

吉田パンのweb site





以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事

サブライト完成!



2013年04月27日 23:44

今年の春はなんか肌寒い。サクラが咲くのは早かったが、その後の気温がさっぱり上がらず。そして晴れれば爆風な毎日、今日の西風はホントキツかった。





風に揺れるポピー畑




今日からゴールデンウィークだけど、私にはぜんぜん関係ない。遅めの出発なのでちょいと家を早めに出て遠回りジテツウで距離を稼ぐ。ペース的には今月1000kmが狙える範囲。今日こそは関宿回りのジテツウをしようと思ったのだが、予想外の強い風に煽られて、いつもの野田橋で折り返し。関宿まで回れば100kmのジテツウとなるはずなのだが、なかなかそれを敢行するモチベーションが得られない。今が一番いい季節なんだけどね。

途中、流山橋手前のみさと緊急船着場では「みさと船着場フェスティバル」が開催中。ちょうど開会に間に合ったのでポピー畑を散策しながら川辺でのんびり。向かい風で回らないペダルは置いといて、和らいかい陽射しの下でしばしのんびり。サイクリングロードはひっきりなしにサイクリストが往来しているが、お祭り会場で地元のスィーツを食べてるのは私一人、、、、向かい風に心を折られていたのでこんなのんびりジテツウも悪くないかと。

係のお姉さんからサイクリストに朗報が。例の「江戸川ODK(仮)」には今後トイレとロードバイク用の駐輪設備が出来る予定らしい。出来れば自販機も、、、とお願いしたがどうなるだろうか。江戸川右岸はトイレが少ないし、場所的にはちょうど真ん中なのですごく助かるかも。



変わって話はライトの話。サブライトの設置を考えていたのだが、結局手持ちのGENTOS閃SG-355Bを手軽なホルダで装着して取り付けてみた。違うライトを買い増すよりも有効利用とクロスバイクとの共有をする方向で。





なんかカッコいいぞ(笑)



言わずと知れたBIKEGUYのバイクライトホルダー。ベルクロで止めるタイプだからハンドルクランプ径にあんまり依存しない。本体重量はカタログ値で13g、直径25mmくらいまでの円形上のものなら何でも付ける事が出来る。そして安い、アマゾンなら送料無料。様々な方が言われているように、ベルクロで固定するため振動によって"おじぎ"してしまって光軸が変わってしまうというストレスも確認出来た。



by カエレバ




サブライトの位置づけとして常時はフラッシングでポジションランプ化して、MOON GEM4.0のバッテリ切れ時のバリデートを兼ねるという目的。光量としてはMOON GEM4.0を1灯でも300ルーメンと十分で、GENTOS閃SG-355Bの100ルーメンはかき消される感じ。足したからって明るさが増す訳ではない。





さっそくナイトランで使用してみた



MOON GEM4.0はUSB充電式で一番明るいオーバードライブモードでランタイムは1.5時間程度、GENTOS閃SG-355Bは単4電池3本で約10時間。乾電池なら予備を持てば無灯火になる事はこれで無くなるだろう。気になるのはすでに明るいライトに慣れてしまっていると、GENTOS閃SG-355Bの100ルーメンは非常に物足りないと言う事。取り急ぎの対応としての使い回しだが、今回のホルダーを導入した事でまた新しいライトが欲しくもなってきた(苦笑)。



by カエレバ




こんなのとか、、、



by カエレバ




これは凄い!けど本当に必要なんだろうか、、、



などとまた妄想を膨らませつつ季節はナイトランの季節となる。あんまり明るいライトは対向車・者の光害になってしまうので、その辺り迷惑にならないようにご注意を。







以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。