スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





TREK2.1 納車完了



2013年02月11日 23:32

今日はちょっと仕事が遅くなった。連休最後の夕暮れ時、想いとは裏腹な渋滞をすり抜けて車を飛ばす。ショップにはあらかじめ連絡を済ませておいた。今日は空いてる、今なら大丈夫。いつになく細かい事にまで気を効かせている自分がなんとも滑稽だ。





もう真っ暗だった。




幼少のころから自転車と言えばセオサイクル。たぶん初めて買った補助輪付きの自転車も14号沿いのセオで買った。駅へ向かう交差点沿いにあるお店で、毎度空気入れを借りていたのを思いだした。何度パンク修理をしてもらっただろうか、ママチャリのフォークが曲がるほどの事故した後も修理してもらったっけ。そんな思い出深いショップで初めてのロードバイクを買うなんてある意味不思議でむしろ必然。運命とはこういうものなんだろうと自分小完結。ここ新松戸店はそんな思い出のお店とはぜんぜん違う、いわゆるプロショップ。二階建ての店内を見上げるとスポーツバイクやホイールが所狭しと並べられている。


入金はすでに済ませておいた。実は一週間前にふらっと寄った時、一番前に展示されてたのがTREK2.1 レオパードカラー。2012年モデルながらも、まずはカラーリングが目を引いた。レーシーでもあり、でもかなりキャッチーな感じ?でも何かとバランスが良い。サイズはピッタリ、コンポーネンツは105相当、2012年モデルなんだけど、さてどーする??ん?どーするって、どーする?とりあえず勇気を持って「お取り置き」をしてもらった。

やはり買うには家族にも支えてもらいたいと言うのがホンネであり、それは物的では無く、心的な支援としての意味あいが自分の中では強い想いとしてあったので、正直に新しいバイクが欲しいと伝えてみた。お取り置き期限は約1週間、家庭内プレゼンは三回にも渡って実施されたのだが、どうも理解をしてくれない。金額的なものではなくて、自分一人で楽しむモノとしてのロードバイクは家族にとっては悩ましい存在でもあるようで、やはり絆と言うか家族関係と言うか、我が家の考えの中ではやはり皆で楽しめるものへの投資が最優先となるのは自分自身の中でも大切にしたい。はっきり言うと諦めた。まだまだ自転車生活の先は長い、それにプレスポだってまだまだ乗れるしね。またイチからやり直すかと心に決めた日曜日の朝…


嫁「自転車もう買ったの?」

ま「買うわけないじゃん…」

嫁「コツコツやるんだったら買えば?」

ま「は?!マジで?ホントにいいの?」

嫁「いいよ、でも自分で全部やってよ。」

ま「はい…ありがと。」


うむ。何が良かったのかは分からない(苦笑)。何より自分の自転車生活の事を考えてくれた事が正直うれしい。ロードバイクがいかに必要か、どれだけ高性能で、どれだけ今がお買い得なのか、今を逃したら次はない、、、自分の価値観を押し付けても意味がなかった。家族の価値観の中にロードバイクを入れ込んでいく事が大事なのだと悟った。自分も良くて、相手も良し。取り引きをするのではなく、win-winの関係が重要なのだ。





何はともあれ私もTREKオーナーになりました。




ショップでは自らもロードバイク乗りの店員さんが気持ちイイくらいの対応で迎えてくれた。彼自身も江戸川を走っているようで話しが良く合った。ペダルはプレスポに付けてたPD-A530を流用、シューズもMTB用だけどビンディングシューズを持参した。股下サイズを特殊な器具でむにゅっと測りシート位置を調整。これも初めての経験、ちなみに身長170cm、股下は77.6cmで52サイズはぴったりだった。

そして初めてのブラケットポジションでペダリング。アワアワしながらシートに跨り、静かにペダルを回してみた。なんか感動よりも焦りばかりで汗だくになってしまった(笑)。いや…やっぱいいよ、ロードバイク。





実測データはこんな感じ




車にTREK2.1を積んで家路を急ぐ。本当はショップから自宅まで乗って帰るのが王道だが、ベルもライトも基本移植の方向だから今日は車載で。色々な想いが交差したロードバイク。まずは何から始めればいいのか?足りないパーツも色々あるし、置き場だって今のままで言い訳はないし、プレスポの行方も考えなければならない。そしてこのブログの方向性も…まぁうだうだ言わずにまずは乗ってみるか。明日のジテツウをシェイクダウンの予定にしよう。走りながら考える、方向性は風まかせ、何とかなるでしょ。



追記


様々な皆々さまよりtwitterやFacebook
、Instagramなどでもお祝いの言葉を頂き、ありがとうございました。この場を借りて再度感謝の言葉とさせて頂きます。



以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事
スポンサーサイト








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。