0℃切ったら考えよう



2012年12月12日 23:19

二十四節気で言う所で大雪の折り返し地点、今日は熊、穴にこもる。そりゃ動物も冬眠に入るくらいの季節だから、寒いのはしょうがないか。




霜が降りる江戸川サイクリングロード



朝の気温0.7℃、快晴で無風。陽射しがある所は気温ほど寒さは感じず。特に風が吹いて無かったのが幸いして辛くは無い。ちょっと着込み過ぎか?やはり汗がしっとりと纏わりつく。この汗が冷えるから寒さを感じる訳で、素早く乾燥させて発散させる透湿と言う機能が必要になってくる。ヒートテックなんかは水分である汗を中空状の糸で素早く吸い取って、その際に発生する放散熱を利用して暖かく感じるのだ。だがしかし、汗を吸収する能力と言うか許容量がユニクロヒートテックには少ない。汗を多量にかく場合はむしろ残った水分が冷やされて本来の効果を発揮出来ていない事もある。そんな方には裏ワザを試してみると良いかも。


ヒートテックの裏技



自分の実感としては、かなり効果あり。インナーの工夫としてはリーズナブルだし、試してみる価値はあるんじゃないだろうか。今年から脱臭力が加わったようだが、全然温かさに変化なし。やはり裏ワザはまだまだ健在のようだ。


そして永遠の敵は手先や足先の冷え。手先はしばらく走れば何とかなるが、足先だけはやはりホッカイロが必要か?毎日使うとコスパが気になるし、だからと言ってもゴアなSPDシューズは値が貼るし。そろそろゼロ℃を切ったら投入しようと思うのだが、またちょっと実験してみようかと思う。




レッグウォーマー@100円ショップ



しかも女性用フリーサイズ。朝のコンビニストップで衝動買い。薄手ながらもリブ編みな感じが何とも温もりを感じる。末梢の冷えは血流の冷え、手先は手首を温めて功を奏したのだが、足先は足首じゃダメだった。ならば膝下から温めるとどうなるか?

帰り道さっそく装着。外気温は3.4℃の真夜中のサイクリングロード、つま先に当たる風は少々寒いが、まぁ冷える事は無い。なかなか良さげな雰囲気で、カイロとは違う感触だがイケそうな気がする。やはり血流を暖める事で寒さ対策にはなりそうだ。

まだまだ寒さは実は序の口。今年の冬は寒さ厳しく、これ以上寒くなったらどうしようか…と策に悩む。あまり厚着は好きでは無いがレイヤードと言う考え方、インナーを増やしていくのはアリかも知れない。足先は先ほどのレッグウォーマーに合わせて足先カイロを使うしかないか。手先は耐えられるとしても、手首の裾から入りこむ風が冷たいのは悩ましい…って事で手首を守るインナーグローブ的なものをポチってみた。


まぁ気休めかも知れないが、インナーグローブ冬用グローブはアリだと思う。まだまだ寒くなる冬の寒さと、今年も戦う事になりそうだな。





以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事
スポンサーサイト