「中川」というマニアックなルート



2012年10月22日 19:11

日曜日の昼下がり、何とか時間をこじ開けて自転車で出発。様々な戦いがあるのだが、私の場合は時間をこじ開けるのが一番の戦い。いったいどうすれば自転車生活を充実させる時間を確保できるのか、皆さまのblogを読んでいると至極疑問に思える今日このごろ。




一般道はまったく使わない50kmコース



今日のコースも3時間縛りの50kmコース。午後出発、さらには日が暮れる前という前提だと今の季節は3~4時間が精一杯な感じ。私の脚だとせいぜいがんばっても50km超がいいところで、100km走るにはやはり一日がかりなそんな脚。コンディションが良ければいいのだが、帰って来れなくなった場合の事を考えるとやはり余裕を持ってのコース設定が肝要でもあったりする。

なので最近は江戸川-荒川の南端をぐるっと一周する上記のコースがお気に入り。なんてったってそのほとんどがサイクリングロードばかりであり、都内の走りづらい道を通らなくっていいのだから。懸案は江戸川から荒川へのルートだが、通常は新葛飾橋からR6を抜けて四ツ木橋に入るルートを使用する事だろう。ただしR6は路肩は狭いは、いつも渋滞してるわで、自転車にとっては難解なルート。慣れれば何てことないのだが、やっぱりある種の集中力を持ってしないと危険だと思うし、あまりそういう攻めな気分になれない日も多いので、荒川へ行くのがちょっと敬遠しがちな今日このごろ。何かいいルートは無いかと模索しているのだが、今回はその大きな二本の川の中央に位置する中川沿いを使うルートを開拓すべく環状7号線手前の中川沿いを荒川方面へ抜けてみる事にした。もともとこの辺りの川は海運に使用されている用水路であり、複雑ではあるものの川沿いこそが本来の抜け道になるはず。と自分では思っている。




意外と走り易かった中川沿い、荒川までは約5km程度



中川沿いには右岸を走る。左岸を走ると未舗装地帯や新中川沿いのルートとなるため、わかりやすいのは右岸であろう。R6からドロップインすると車の少ない一般道、これを抜けると遊歩道がある細い抜け道的なルートに出る。信号はR6-荒川間でたかさご橋、新奥戸橋、平和橋のみ。走りやすいかと言ったらそうでも無く、微妙ではあるが車の少なさから見ればR6のグレーチングを爆走するよりのんびり感はある。見所は水路から見えるスカイツリーで、ああこういう景色もいいんだなーと感動すら覚える景色であった。荒川へは木根川橋という新四つ木橋の海側にある橋に出られるのでここから荒川右岸へドロップインすれば海まですぐと言ったところである。

ここからぐるーっと荒川清砂大橋をまた左岸に戻って中川沿いの「健康の道」を快走し、葛西臨海公園で人休みしてから旧江戸川の「健康の道」へ抜ける。風向きが今日はちょうど良い海風なのでペダルがくるくる回る回る。




昼下がりの東京湾とゲートブリッジ



旧江戸川「健康の道」は何度かこのblogでも取り上げたのでルートは上記のマップを参照されたし。ここはサイクリングロードではなくて、遊歩道であるからゆっくりと歩行者優先で。そのまま進んで江戸川サイクリングロードに入り、寅さん記念館で休憩するのが最近の行動パターン。自宅はすぐそこだが、もう少し江戸川サイクリングロードを北上して東金町運動場から水元公園へ抜けぐるっと一周したらちょうど50km、ここまで信号がわずかに3つ!のポタリングコースの出来上がり。私の脚で約2時間、休憩含むと2時間半ってところかな。




夕暮れ時の水元公園、影絵みたいなポプラ並木



本当は最初の位置に戻れれば一番良い。水元公園の最北端には「カワセミの里」と言うカワセミが見れるスポットがあり、その先をそのまま水辺に沿って大場川から中川に戻れるようだが、ちょっとまだ未確認。それはまた今度の楽しみと言う事にしておこうか。

せめて一日5~6時間取れればもう少し距離が伸ばせるのだが今はこれが精一杯。まぁこんな自転車ライフでも自分なりには満足感あり。人それぞれだけど、近場と言えど様々な発見もあったしね。




中川沿いからスカイツリーをのぞむ





以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事
スポンサーサイト