雨の日のモチベーション



2012年10月04日 08:31

秋…台風の影響もあるのだが、10月に入ってからは雨続き。そんなに土砂降りな雨じゃないものの、毎日天気予報と睨めっこ。行くか?否か?何となく悩むくらいなら行ってしまえと、二日連続の雨天走行。小雨程度なら雨のジテツウも悪くない。




荒れる江戸川、そろそろ肌寒い北よりの風



朝に雨が降ってなければ、よっぽどじゃない限りはジテツウ可。それが最近のマイルール。行きはともかく、帰りは濡れても問題はない。面倒なのは雨天走行後のメンテナンスだが、自宅に着いたらすぐにささっと拭きとって、チェーンその他へルブを吹く。そのためにオイルを水置換性を唄い文句にしたWAKO's チェーンルブへ変更した。オイルそのものはウェット系で、ちょっと重めな印象だが、雨天走行後のメンテでサビが浮く事は少なくなった。




雨天走行後の汚れ…これも問題。



ただ…雨の日にわざわざ自転車に乗る理由はあまり無い気がしてきていて、上の写真のように面倒な問題が結構起こる。それらを考えてしまうと乗り出しまでのモチベーションを維持するのは難しい。乗ってしまえば案外気持ち良くペダルを回す事も出来るし、晴天よりもペダルに集中する事が出来るので乗ってしまえば楽しいんだけどね。乗り出すまでのモチベーション、それが全天候型への道へのヒントと言うべきであろうか。


で、モチベーションアップと言えば手っ取り早いのが物欲?!


泥よけ、フェンダー、マッドガード、色んな呼び名がある訳だが、絶対に付けないって決めていた泥よけの必要性を最近痛感。特に水捌けの悪い江戸川サイクリングロードの雨天走行では跳ねた泥水が顔に当たる。後方では背中って言うよりもお尻だけが跳ねた泥水で良く濡れるし。ビヨーンって後ろに伸びたヤツはやはり見た目で勘弁だが、着脱可能ですっきりしたヤツなら許せるような気がしてきた。それに雨予報な日に泥よけを装着って行為そのものが、雨でも走るぞ!って言うモチベーションになるんじゃないか?と言うむしろ背水の陣的な作戦。


ってな訳で昨日の記事でも泥よけに感してコメントを募ってみたところ、良さげなモノをピックアップ。調べてみると泥よけって案外軽いのね。200-300gだったら、雨限定で許せる範囲じゃない。


by カエレバ


まずは前々から気になっていたあさひの着脱可能な前後セット。30mm以下のタイヤで着脱可能。評判はなかなかで前後で300gというシロモノ。フルではなくあくまでセミカバーなので完全では無いものの、価格も割安なので一番の候補である事は間違いなし。30mm幅と45mm幅があるので自分の場合は前者で良いかな。


by カエレバ


ぶるらいだーさんおすすめのロード用、重さはなんと前後で180gと超軽量型。見た目もすっきりだし、ガードする部分も結構長めで性能も期待できる。ただしキャリバーブレーキに取り付けるのでVブレーキな私には対象外か、ちょっと寂しいけど。


by カエレバ


最後にコレってあさひのモノと同一品?もともとあさひの方がOEMだろうけど、同じモノなら値段が安い方がいいのだが、見た目はほとんどいっしょだけど、どうなんでしょうかね。



色々あるが自分的にはどれかに決めた。傘と同じで今すぐに必要な空が今日も広がっているが…まぁ気長に待つとしようかな。

以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事
スポンサーサイト