スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





そして季節はまた一つ進む



2012年03月06日 11:56

 昨日は二十四節気の「啓蟄(けいちつ)」、季節がまた一つ進んだようだ。寒さがだいぶ緩んで今日の最高気温はなんと20度。そろそろ一枚づつ防寒具を脱いでゆく季節になりそうだ。江戸川サイクリングロードが一年で唯一輝く季節まであと少し。

 去年の今ごろ、冬の厳しい寒さに耐えつつ、あと一歩で春を迎えようとしたところで東日本大震災。忘れようとしている訳ではないのだが、あの忌まわしき大震災から遠ざかってゆく自分がいる事も確か。触れたくないのではなく、触れる事に対して何となく躊躇してしまう、、、ちょうど一年経つ訳だが、現地の状況はまるで変わらないらしい。そういえば我がホームグラウンドである水元公園も明らかに人出が少ない。ホットスポット報道があったからなのは明白ではあるのだが、子供たちが消えたあの公園は今後どうなってゆくんだろうか。おもむろにベンチの上をポケガで測定。「0.27μSv/h」と平常どおりではあるものの、去年の今日には無かったモノが飛散してきているのは間違いない数値である。



啓蟄の期間の七十二候は以下の通り。


初候

蟄虫啓戸(ちっちゅう こを ひらく):冬蘢りの虫が出て来る(日本)

桃始華(もも はじめて はなさく):桃の花が咲き始める(中国)


次候

桃始笑(もも はじめて わらう):桃の花が咲き始める(日本)

倉庚鳴(そうこう なく):山里で鶯が鳴き始める(中国)


末候

菜虫化蝶(なむし ちょうと けす):青虫が羽化して紋白蝶になる(日本)

鷹化為鳩(たか けして はとと なる):鷹が郭公に姿を変える(中国)




冬の終わりまであと少し。もう少しがんばるか。




以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事
スポンサーサイト








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。