slow shawerな紫陽花ロード



2011年06月14日 23:44

昨日の方がコンディションが良かったなと後悔してみたりして。


霧雨おじさい
雨天だからこそ映える景色がそこにある



 天気予報では朝ちょっと夕方ぼちぼちな雨予報。迷ってみたけど結局レインウェアをメッセンジャーバッグに詰め込んで、ノーマルシューズでジテツウ決行。個人的には雨天走行でのビンディングシューズは取り回しが難しく、そして濡れると侵入してくる雨水がイヤで、雨の日はノーマルシューズでジテツウする事にしている。
 で、自宅を出た時こそ良かったものの、しばらくするとslow shawerな霧雨が目の前を舞う。ヘルメットから雨水が滴る程度になったところで急きょレインウェアを装着するはめに。気温がまだ低い分だけ蒸す事はないが、やはりペダリングには影響が出る。とは言っても雨の中は危険がいっぱいなので慎重に、速度遅めでゆっくり進む。


あじさいとプレスポ 新和あじさい橋
純白の紫陽花が雨の空に映える



 雨天走行時も遊び心は忘れずに。江戸川CRを降りて大場川沿いを進むと「新和あじさい橋」という紫陽花スポットに出くわした。そう言えば工事をしていたこの場所は、こんな感じでリニューアルされていたんだね。
 色とりどりの紫陽花は土中のpHによって色が変わるという俗説はどうやら間違っているらしい。どうやらアルミニウムの量によって色を変える事が出来るそうだ。一般的にはacidならば青に傾きalkalineならば赤に傾くのだが、これはacidの方がアルミニウムが溶け出しやすいかららしい。で、白はどうなのかってとどうやら色素染色体が無い品種が存在するようだ。それならばpHやらアルミニウムやらには影響されずに終始白い紫陽花が咲く事だろう。

 会社に着くとレインウェアの中は汗でぐっしょり。これが真夏だったらと思うとちょっと考えもの。雨で濡れているのか、汗なのかも良く分からず。タオルで汗をぬぐってユニホームに着替える。そう言えばたーちゃんさんは雨の中でもレインウェアは着ないって言っていたのを思いだした。ただしウチの会社にはシャワーが無い、、、これは今後の課題となろう。


 帰り道は何とか天気が持って、涼しげな江戸川CRをすすむ。雨の日だけ高温がするブレーキシューはそろそろ交換しないとだめだろう。雨の中を走るってやっぱり大変なんだな。。。



 

以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事
スポンサーサイト