大寒なジテツウ 2011冬編



2011年01月18日 23:06

「寒中見舞い申し上げます」



 この寒中(寒の内)とは小寒(1/6ごろ)から節分(立春の前日2/4ごろ)までさし、一年のうちで最も寒さが厳しい時期である。その中でも大寒(1/20)とは寒中のちょうど真ん中で寒さが一番厳しい日をさしている。武道においてはこの時期に寒稽古が行われる。



プレスポ20110118
明け方の景色の奥には富士山がくっきりと見える



 寒さが増すにつれて空気が澄みきって、遠くの景色はその輪郭をさらにくっきりと浮かび上がらせる。遠く100kmはなれた富士山は真っ白に雪で覆われていて、朝焼けに照らされると赤く染まる。今朝の気温はtenki.jpで調べてみると朝6時で-2℃とまたまた今年の最低気温を更新したようだ。江戸川CRの土手は霜が降りて真っ白な絨毯がしかれているようだ。

 もちろん、防寒対策はそろそろ架橋を迎えている。アンダーウェアはヒートテックソックス・タイツ・シャツ(長袖)、薄手の綿シャツとフリース、その上からウィンドブレーカー、防風ズボンにグローブはヒートクロスの上からニットアームカバー。そして今日から耳あて(百均)、ネックウォーマー。これでもつま先は寒くて痛い。レッグウォーマーって使えるのかな。ただし会社に着くころには汗がにじむのだが。



プレスポ江戸川CR
今日の江戸川は落ち着いた流れ



 朝はまだまだ風は強くない。江戸川の水面はまるで鏡面仕上げのようでもある。実はジテツウは1週間ぶり?いや10日ぶりくらい。目標の月間500kmにはまだ程遠く達成率はまだ39%、ペースとしてはあと10日だが、ちょっと厳しいか。そう言えば100kmライドに毎月チャレンジとかも目標にしたような、、、それじゃあ計画を立ててみるか。



コラムスペーサー前 コラムスペーサー後
ハンドルを下げてみた



 そう言えば、先日の都内インターバルトレの後、ハンドルの位置を変更するため、コラムスペーサーを2枚抜いてみた。プレスポは純正で5mmのコラムスペーサーが3枚ついているので、10mm下げた訳だ。今日乗ってみた感触ではあまり変わらないように感じるものの、前傾姿勢がとりやすい。腕が伸びきる事もない。しばらくこれで様子みよう。






以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事
スポンサーサイト