スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





今月のシメはお台場ポタリングで目標達成



2011年01月31日 19:15

お台場はその昔"13号地"と呼ばれていて、それこそ何もない荒れた埋立地だったのだが。


 さて、本日は雲ひとつない爽やかな快晴。朝方の冷え込みから放射冷却真っ只中のため、北風が吹き荒れるのの日差しは柔らかく、本当に大寒なのかと疑ってしまうほど。寒い事は寒いのだが、こんな寒さにも今年は慣れてしまった自分がいる。関東地方は他地方に比べると冬が無い。空っ風の影響で独特の寒さを感じるものの、これぞ冬という体感は近年あまり無いような気がする。長期予報では2月に入ると暖かな日が続くそうだ。

 休題閑話、さっそく本日のコース設定。本当は100kmライドしたかったのだが、なかなか時間取れず許されたのは午前中の3時間くらい。3時間だと私の脚ではせいぜい60~70kmが精一杯と言ったところ。休みの日にまで江戸川CRに行くのはシャクに障るので、都会に出てみようかと画策してみる。先日の"東京ゲートブリッジ"の先はお台場であり、今度はレインボーブリッジでも見に行ってみるかと。目的がある訳でも無いのだが、そういうスポットへ自転車で行くのが楽しみな私。車や電車でなく自転車で。




GPS-Trk2よりインポート


 行きは水戸街道~荒川CR~湾岸道路~お台場で、追い風基調なコンディション。ペダルがくるくる回るので、ついついスピードが上がってくるものの、帰りが心配なほど北風が吹き荒れる。時間が許せばレインボーブリッジを渡って都心を回ってこようかと思ったのだが、なんとレイボーブリッジは自転車通行不可らしい。レインボーブリッジは歩道が整備してあるため、徒歩で約2kmを歩く事が可能なのだが、あくまで歩行者専用道路。もちろん自動車区分は自動車専用(原付不可)なため自転車は通れない。歩道を押して歩く事もダメらしい。何か方法はないかと帰ってから探してみると"輪行袋に収納して担ぐ"ならいいようだが、2kmも自転車担いで歩くのはどう考えてもバカらしい。なら"ゆりかもめ"にでも乗った方が観光としてはマシであろう。ここが渡れると都心までのライドも計画出来るのだが、何とかならんですかね。。。ちなみに東京ゲートブリッジが完成すれば、そちらは自転車も歩道を通行する事が出来るらしい。羽田に行ってしまうけどね。


そして、月曜朝のお台場へ到着。誰も居ない。


お台場プレスポ_01
お台場海浜公園のデッキからレイボーブリッジを望む


 さすがに月曜朝だと人はほとんどいない。外国人の観光客がちらほら見えるだけ。それに月曜日って案外お休みのお店が多いんだよね。。。閑散とした浜辺を自転車を押しながら歩く。お台場からスカイツリーも良く見える。


自由の女神とスカイツリー
お台場自由の女神像と東京スカイツリー


 昔ここには等身大ガンダムが立っていたのだが、今は静岡駅あたりにいるようだ。久しぶりにお台場へ来たのだが、東京の景色もだいぶ変わったのが分かる。特に東京スカイツリーは東京の景色を一変させる原因になっているのかも知れない。

 帰りは向かい風を避けて、一般道を選択。湾岸道路~三ツ目通り~水戸街道のコース選択。途中墨田川なら堤防が高いから大丈夫だろっと思いコースを変更してみたものの、向かい風+路面がボコボコでやはり水戸街道へ戻る。こちらを回った理由はお台場から見えた東京スカイツリーを目指してみたから。


スカイツリー20110131
第二展望台の"天空回廊"が完成してきた


 この辺りで今月の目標である「月間500km」を達成。最終的には本日の50.13kmを足してJOGnote上の記録は515.716kmとなった。前半と後半であきらかに距離が違うのは私の計画性の無さからだろうか。まぁ後でちょっと考察してみよう。

 何はともあれ、本日のお台場ポタは時間通り終了。レイボーブリッジが渡れると都心方面へ脚を伸ばす事も可能そうだが、手前を抜けて晴海を通りながら銀座とか、六本木とか、さらには新宿・渋谷方面にも行けそうだ。今月は100kmライドが出来なかった訳だが、コース設定としては荒川CRから東京湾に出て、都心を抜けるコースをもう少し探索してみようかな。


お台場プレスポ_06
海を見ると黄昏たくなる




以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事
スポンサーサイト

歩行者から見たサイクリストたち



2011年01月31日 00:08

今月の走行距離は465.6km、目標達成まであと34.4kmにまで迫ってきた。

 年当初の"今年の目標"とした項目は「月間走行距離500km」であり、出来れば月1回の100km超えライドを目指すという現実的な目標を掲げてみた。結果的にはあと1日を残して残り7%と十分狙える距離に達している。走行の主体はジテツウであり、純粋なサイクリングとしてのライドは少なく100km超えは一度も出来なかった。

 本日は完全な休足日。明日はお仕事もお休みだし、自分の時間として空いている3時間を使って目標を完結させる事にした。本当は100km超えライドに出かけたいのだが、なかなか実際時間が取れずに困っている。冬場は本業がシーズン到来なのでこれもまたしょうがない。



今日は完全休足日なのには訳がある。

 休足日なのだが、朝から昼過ぎまで江戸川CRと言うバイタルエリアで地域活動。葛飾区が主催する"地区ロードレース大会"に参加してきた。小学生から青年、壮年までが区分けされたごくごく一般的なジョギング大会。例年娘が参加するのだが、今年は運営側の大任を任されて江戸川CRの交通整理に参戦してきた訳だ。
 北風の強い一日でもあるが、天気は大快晴なためきっと休日サイクリストの皆さまは江戸川CRに来られるんだろうなーと思いつつ交通整理を開始。本日は強風のため遠く富士山が昼過ぎまでくっきり見えている。それにしても本日はANCHOR率が高い。一応微力ながらtwitterで注意喚起を行ってみたりもした。


江戸川CRロードレース大会
江戸川CRは地区ロードレース大会の影響で大混雑



 さすがに参加者の大半が小学生であるので、現場は開会式前からカオス状態。各学校の先生方も参加されるので、一応統制はとれているものの細いサイクリングロードをケアするのはかなり困難。就学前も含めた子供達の飛び出しや立ち止まりが多数発生する。そこへスポーツ系自転車に乗ったサイクリストたちが間を縫うようにすりぬけて行く。私のお仕事は自転車が通るたびに拡声器で「自転車とおりまーす」と叫ぶ事であるが、人の数が半端ないのでなかなか円滑な通行は難しい。そしてサイクリストの皆さまは決してスピードを緩めず人ごみに突っ込んでくるのは止めようがない。自分自身も自転車乗りの端くれとしてこういう場合でも安全第一と自転車・歩行者双方が安全に共生できるよう努めたつもりであるが、なかなかミゾは埋まらない。様々なシチュエーションを経験してくるとサイクリストたちのあるパターンが見えてきた。


あなたならどうします?サイクリングロードが人ごみで溢れていたら?


・(゚Д゚)ウゼェェェ とけたたましくベルを鳴らす

・( ノ゚Д゚)スミマセーンと声を出す

・(゚ε゚)キニシナイ!!と無言・無音ですり抜ける

・(´・ω・`)ショボーンと自転車を押して歩く

・ (#゚Д゚)オラーと叫ぶ


上記はすべて本日のサイクリストたちの反応。
  
 私は常時心がけてるのは「すみませーん」と声をかける事。ベルは警笛器なのでよっぽど危険性がある場合しか使わなようにしており、ベルは明らかに人の心を逆なでする機能が備わっている。もし人出が多く動きが妖しい方々がサイクリングロードを占拠している場合は降りて自転車を押して歩く。優等生的であるが、サイクリングロードは道路交通法で言う自転車道B種であり、自転車専用だけでなく歩行者の通行も認められている場所。歩行者がいる以上は歩行者優先であり、自転車は歩行者通行の妨げになってはいけない。

 確かにサイクリストの皆さまの気持ちも分かるものの、イベントなどでサイクリングロードが混雑している時は徐行、もしくは降りて歩く事を心がけていただけないだろうか?ビンディングペダルから足を外したくない気持ちも分かるのだが、小さいお子さんは不意な動きや飛び出しをする事も多い。加害者にも被害者にもなって欲しくないので、何とかお願いしたい。それと我が物顔で「ゴルァ!」と叫びながら道を開けさせた白いチームジャージでコルナゴに乗った40代と思わしき男性はやはり自転車に乗る資格が無いと思う。せっかくの休日を邪魔されたくない気持ちも分かるが、ここは公道であり自分の道では無いのだし、年齢的にもマナーを守ってお手本となるべき人間がこれでは行く末が見えてくる。よくよく見かけるマナーの悪いスポーツ自転車乗りは確実に存在する。これは本当に一部の人間だけだと思うのだが、やはり紳士的な余裕はどんな時でも必要で、成長し続ける事こそがどんな分野でも大事なんだと思う。


 普段は自転車乗りの端くれとして、マナーを守りながら自転車に乗っているつもりだが、微妙な視線を感じたり並走する自動車が幅寄せしてきたりするのはきっとマナーの悪い自転車乗りがいるからだと薄々感じている。まぁまず自分がしっかりとマナーを守る事しか方法は無いのだが、それはそれで意味がある。まぁなかなか全体的なコンセンサスを得るのは難しいかな。



名物リカンベント
江戸川CR名物のカップル・リカンベント





以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事

iPhone GPS-Trk2で出来る事。



2011年01月29日 23:55

さて、先日バージョンアップしたGPS-Trk2を本格的に稼働させてみた。

 
GPS-Trk2


 このアプリはiPhoneでのGPSロガーアプリとしてだけではなく、iPhoneの可能性を知らしめた最高峰アプリの一つではないかと個人的に評価の高いアプリである。残念ながら有料アプリであるのだが、現在ディスカウント中なのでぜひオススメしたい。

 今日ははさっそくGPS-Trk2を使ってサイクリングデータを取得してみたので、先代からバージョンアップした機能も含めて報告してみる。


 GPS-Trk2はいたってシンプルなGPSロガーアプリ。画面もその他のGPSアプリと比べるとシンプル過ぎてちょっと不安になるものの、iPhoneの弱点である電池消費へ配慮した結果であり、最適化された画面は本格感すら感じる。メイン画面に加え基本となる項目は"コンソール" "トラック" "設定"の3つだけであり、アプリそのものの起動は恐ろしく早い(公称では1s以内)。メイン画面は先代GPS-Trkとそれほど使用感は変わりが無いのでここでは割愛する(もし解説的なものが必要であれば過去の記事を参照して下さい)。


 さて、さっそくGPS-Trk2でサイクリングデータを取ってルートラボへインポートするところまでを実際にやってみる。GPS-Trk2をポチっとした日に報告したように、採取したデータは"リンク" "KML" "KMZ" "GPX"などのファイル形式で保存が可能であり、それらのデータはメールで転送する事が出来るので、対応するルートマップサイトへのインポートが可能である。工程の解説を前にして先にルートラボへインポートしたデータを示してみる。



GPS-Trk2で取ったルートデータをルートラボにインポートした結果



 今回のデータは"定期"モードで計測距離間隔1m、計測時間間隔5sで545ポイントの採取を行った。精度としては最も頻度の高い条件で、約1時間の走行による電池消費量はiPhone3GS(1年使用)で約14%の消費であった。他のGPS系アプリに比べると低消費電力であるのが一目了然である。計測間隔をもう少し延ばせばさらに電池消費量は少なく抑えられるので、公称25時間はあながちウソではないのかも知れない。


GPS-trk2ルート GPS-Trk衛星写真
GPS-Trk2上で確認出来る地図情報はgoogle mapが使用される




 先代からGPS-Trk2にバージョンアップされて何が変わったかと言えば、武骨なGPSロガー的印象を払しょくすべくアメニティが強化された事。取られたデータの加工がそのままアプリ上で出来たり、動作中にカメラ起動が可能になったりと、GPSロガー機能だけでなく、iPhoneだからこそ出来る機能が付属された事であろう。GPS-Trk2はバックグラウンドでも作動している事が最大の魅力であったが、先代はカメラを起動するためにいったん"停止"そして"再起動"が必要であった。バージョンアップ後はカメラアプリの起動もバックグラウンド化で可能となり、さらには"POI"として撮影場所情報も含めてアプリ上で保存されるので、再開忘れが無い事が私としては最大の改善点であろう。


GPS-Trk_POI.png 江戸川CR
map上の■をタップすれば"POI"として撮影情報が表示される。


 その他オマケ的な機能として、"コンパス"や"速度グラフ"、そして"Facebook"との連携があるのだが、これらは今のところ必要と感じられない。twitterとの連携も間近だと思われるが、iPhoneアプリである以上そういう他SNSとの連携が今後の課題と言えよう。トラック情報としてデータの集計は以下のように行われる。


GPS-Trk情報
最終的な情報はこのように表示される



 この結果は"高度" "速度"のデータがポイント数を横軸にグラフ化された画面が表示される。この画面はキャプチャする事も可能だが、"ホーム+スタート"でキャプチャ出来るので不要かも知れない。


GPS-Trk速度
速度グラフ

GPS-Trk高度
高度グラフ



 そしてこれらのデータは各ファイルを送信する事も出来るし、地図情報や画像データなどもキャプチャ画面で送信する事が出来る。ちなみにメールは自動送信も可能で任意に設定された時間ごとに指定されたメールアドレスに送信する事も可能だ。これは遭難用?なのかな?


GPS-Trkのインポート/エクスポートに関してはサポートページで。


 ここまで来るとルートラボへデータをインポートするのは簡単。ルートラボのsiteにログインしてルート情報をインポートすれば良い。右上にあるアイコンの一番端からファイルをインポート出来る。


ルートラボインポート
ルートラボの右上画面を一部キャプチャ



 ルートラボで確認すると細かいところで道からズレてる事も多いが、そのあたりの精度が高まってくればさらに進化するのだろう。google mapへインポートしてみても同様。レビューにあるように精度はまだまだこれからと言ったところだろうか。

 しかしながら先代はあまりバージョン情報が来なかったのだが、GPS-Trk2になってからより更新情報が入ってくるようになった。サポートが機能してくるとどんどん進化しそうなアプリだね。今度は長距離のデータを取ってみよう。









以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。