スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





松島ポタリング ~奥松島自転車道の断片を発見~



2010年07月24日 01:06

結局目的も果たせぬまま、帰路につく事になった松島ポタ。

 帰りは念願の「奥松島自転車道」を通って帰るハズだったのだが、それらしき自転車道は発見できず。GoogleMapで再確認するものの、高城付近なはずだが国道あたりを示している。なんだ結局は27号線を引きかえず事なるんだな。時はすでに夕暮れにさしかかり暑さは幾分和らいできたせいか、不思議と体力は回復傾向に。
 坂道がやはりキツいが、勾配そのものは大した事ないらしい。計算すれば4~5%くらいの坂道が6個続く程度。貧脚な私はその坂を28*23(ギア比1.4)くらいでノロノロ登る。なんとなくこれなら疲れない。せっかくなので宮戸島方面でも寄り道して行こうと思ったその瞬間野蒜駅付近を海の方へ曲がった瞬間にようやく見つけた自転車道。これこそ奥松島自転車道だ。


IMG_0628.jpg IMG_0630.jpg
奥松島自転車道の断片を発見。


 これこそサイクリングロード。松林の中にひっそりと存在していた奥松島自転車道。半分くらい諦めていたので、少々でも体験出来るのがもはらうれしい。いかにも松島らしい松林が印象的。ただ舗装はあまり良くなくスピードは出ない。松林が日差しを遮るので、暑い夏でも快適に走れそうだ。サイクリングロードを堪能する間もなく、結局国道へ出てしまって、その後は自転車道を発見する事が出来ず。そのまま鳴瀬橋を渡り45号線を通って矢本運動公園に到着。GPS-Trkの走行データは途中遊んだ分もあり散々な結果。しかも距離すら伸びてないのに、疲労感がたっぷり。暑さと坂にやられたようだ。


GPS-Trkのトラックデータ
移動距離:46.1km 時間:2:59:24 平均速度:15.4km/h
IMG_0644.png IMG_0645.png



さて、これだけ暑い中走った後はシャワーを浴びて、三陸の幸でビールを呑もう。こんなグデグデな私を温かく待っててくれたのはコレ。去年に引き続き海鮮BBQ、アワビもあるよ。


IMG_0603.jpg
"あわび"は焼いた方が柔らかくなるよね。ちょい手ブレ。


 今年はチリ地震の時の津波で海底にダメージが大きく、ホタテや牡蠣の養殖が壊滅的なダメージを受けているらしい。この影響は来年、再来年くらいまで続くようだ。なのでこれら海の幸は本当に希少、団体行動を乱す私にこんなご馳走をふるまってくれて申し訳ない気持ちがいっぱいだが、それとこれとはまた別で全部平らげました。ごごちそうさまです。


IMG_0637.jpg
線香花火で締めくくり。








以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事
スポンサーサイト

松島ポタリング ~松島かきバーガーのバカぁぁぁ編~



2010年07月21日 23:46

 三陸地方の牡蠣は本当においしい。独特の地系が生み出す山の栄養分が河口にそそがれ、入り組んだ湾がそれらの旨みをふんだんに牡蠣場へ注ぎ込む。岩牡蠣を生で食べるもよし、焼いて食べるもよし。小ぶりなものは牡蠣フライにしてしまえば生で食べるよりもおいしい。松島かきバーガーは牡蠣がそのまんま入っている訳ではなく、どれかと言うとクリーム牡蠣コロッケを米粉バンズで挟んだもの。照り焼き風のタレがまた絶品。後で聞いた話だが、地元でも人気が高く休日は午前中には売りきれてしまうようだ。

 休題閑話、そんな訳で今回の松島ポタの話に戻るが、結局のところ予想だにしない峠越えを味わって心が折れそうになりつつ、支えであったB級グルメもゲット出来ずにメット姿で松島さかな市場内で途方に暮れる姿はきっと滑稽だっただろう。このまま帰るとすればまたあの坂道が待っているし、、、そんな絶望のフチから救ってくれた一品がコレ。


IMG_0634.jpg
松島かきバーガーストラップ


 うむ、勢いで買ってしまった。値段が松島かきバーガーと同じ¥350。なんともシャレている価格設定だこと。なぜかこのシュールなキャラに愛着がわいてくる。まぁかきバーガーは食べれなかったけれども、ストラップはゲットしたという事でがぜんやる気が回復してきた。こんなんで騙される私っていったい何歳なのか、、、今年で36歳になるのだが、、、まぁ時間もないが自転車を持って松島観光を楽しんでみるか。


IMG_0616.jpg
五大堂をバックにプレスポを撮ってみる。

IMG_0617.jpg
松島一周遊覧船とパチリ。

IMG_0621.jpg
そして"松島"


 小さい頃、例えば原宿なんかで自転車に乗っている人を見ると、きっとこんないい所に住んでいる人なんだろうなぁって思っていた。自転車ってのは生活圏内の乗り物っていう固定観念のもと、そうそう遠くに行ける乗り物ではないと思いこんでいた。それがどうして、観光地にまで車で自転車を持ち込んで、ふらふらしている自分がいる。まぁなんか感慨深い気がしてきた。

 なんて感傷的になりつつも、これからまたあの坂を帰らなければならい。気力・体力は回復してきたので、松島を後にする事にする。残された時間も少ない。奥松島自転車道はどんなところなのだろうか。


(復路編につづく)


P7180106.jpg
かきバーガーを食べれずに海辺でたたずむmaruRR36歳。









以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事

松島ポタリング ~往路編~



2010年07月20日 23:04

 気温33℃、東海から東北まで一気に梅雨明けした日本列島。例年の夏はエアコンなど必要ない夏が多いそうだが、この暑さは殺人的である。当初の予定では「奥松島自転車道」を走破して目的地である松島おさかな市場で「松島かきバーガー」を食べるサイクリングを計画していたのだが、色々あって結局は2時間ちょっとしか時間が取れない事が判明したため、とりあえずひたすら松島へ向かい、終点である松島市高城から自転車道を通って帰ってくる事にした。時刻は午後2時、一日のうちでもっとも気温が高い時間帯。後々考えれば何故こんな時間に出発したのかが悔やまれるが、とにかく出発から20分程度でフラフラになってしまった事をカミングアウトしておく。とにかく、今回のルートはこんな感じ。





 そもそも奥松島自転車道の基点は「石巻市新橋」なのだが、今回の出発地として選んだ「矢本運動公園」は駐車場が広い(しかも無料)なので、出発の基点としては最適な場所である。本来はここから45号線を石巻方面へ向かえば基点につくのだが、とりあえず余裕が無いのでそのまま松島方面へ。しばらく走れば仙石線の単線路沿いを気持ちの良い風を受けながらひた走る事になる。案外こちらの方々はチャリにはやさしく幅寄せしてくる車など皆無であった。こ線橋の上からは撮り鉄さんにはたまらない光景が広がっているものの、暑さ闘う私はとりあえずひた走る。ポタカメラってジャンルがあるんだが、チャリ乗りながら電車の写真を撮ると「チャリ鉄?」になるんだろうか、、、などと訳の分からない事を考えながらもすでに暑さでフラフラ。とりあえず開始20分で早くもコンビニによって1回目の水分補給。なかなか出発出来ないのは暑さのせだけでなく、きっと鍛錬が足りないせいと自分に言い聞かせて再出発。成瀬川・吉田川を越えてすぐに山間に自転車を進める。最短距離で設定したナビはこちらを示したのでそのまま迷いなく進んだのだが、山間を走るのは初めて。いつもは平たんな道ばからだったので、こういった坂道を自転車を漕ぐ事に慣れていない事に気づく。坂ってこんなにきつかったっけ?野蒜から27号線に入ると川沿いに松の防風林が立ち並び、なんとなく海が近い事に気づく。

 しかしながらこの27号線、松島パークラインって名前がついているのだが、坂の連続でアップダウンばかりの峠道。最初は良かったのだが、途中から漕いでも漕いでも進まない。だんだん辛くなってきた瞬間に森が切れて海が見えて頂上に着いた。なんと言う達成感。ヒルクライムを楽しむ方々の気持ちが分かったような気がするものの、いい加減上り坂がきつくなってきた。。。。


IMG_0612.jpg
坂を上りきったら海が見えた。


 この27号線は実は最も海沿いを走るルート。仙石線の陸前大塚駅は無人駅、しばらくすると石森正太郎列車が目の前を走り抜けてゆく。この辺りの漁村風景も特徴的なので写真に収めてみる。


IMG_0613.jpg
ホタテ貝の養殖と思いきや、カキの養殖用の貝がらだそうだ。


 さて、松島まではもう少し。距離的には20kmくらいだから本当にポタリング程度の距離なのだが、この疲労感は何なんだろうか。やっぱこの酷暑の中峠越えなんて、私レベルでは厳しいんだろうね。と思いつつも坂道のペダリングがおかしい事に気付いた。本当にいつまでたっても成長しないのだが、平地と同じギアを踏むのは無理なんだろうね。フロントローで力があまりかからない所まで落としてみると疲労感が少ない事に気付いた。そうか、ローはこうやって使うのか。。。ってどうしようもなくグデグデ感のまま松島へいよいよ到着。

 さかな市場は入り口付近にあるので、すぐに分かった。走りはヘタレたけれどもかきバーガーはきっと私を癒してくれる、、、と期待を込めて入店した私に付きつけられた現実はコレ。


IMG_0623.jpg
大人気松島かきバーガーは休日だと午前中で売り切れるそうです。



さーてこの現実をどうやって受け入れるか、途方にくれながら日本三景松島を自転車を引きながらフラフラする私。。。

(つづく)








以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。