スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





そろそろ減量が必要…か?!



2013年10月22日 22:02

いつの間にか、いや必然か。何と無く見て見ない振りをしていたのだが、大台に乗ってしまった現実を受け入れよう。





TREK 2.1の事だけどね





自分自身はそんなに減量する必要性もないのは相変わらず、むしろ食べないとダメなタイプ。自転車生活のおかげではあるが、なかなかそれも大変なのだ。

そんな自分よりもトレックの事。入門用アルミロード、コンポは105でペダル含む装備品無しで重量は9.05kgだったのだが、ライト(前・後)、サイコン、ベル、ボトルケージ二つ、ツールボックス、そして両面SPD、最近だとCO2ボンベ二つとミニポンプもフレームにマウントした。他にはスプロケを105に、ブレーキはULTEGRAに換装してある。まぁプラス1キロだからこんなものか?クライマーでもなく、平地専用って位置付けで、ジテツウしてると耐久性重視の選択だと許せる範囲なのだろうか?いや、やはり数値化されるとどうもいただけない雰囲気を醸しだす、10キロ台と言う数値。なるべく軽いものを選ぶようにはしているが、やっぱり装備を追加すればこういう結果になるのだろう。





そろそろ、紅葉の季節かな





軽量化…また新しい沼にハマるのだろうか。いや、今の自転車生活にあまり軽量化は必要ないのだが…平地ばかりだし…でも数値で現実を見てしまうと…やっぱりね(苦笑)。ボントレガーのホイールがダメってのはよく聞く話、実測はしてないけど、グーグル先生によればULTEGRAグレードで1.64kgと、その差は500g以上、普段使いだとそれ以上ってやはり手が出ない感じだけど、ホイールが足を引っ張ってる感は否めない。他にも色々とやはり不満はあるのは確かなのだが…いや、まだホイール探しの旅に出るには早い気がするのだが…まぁまた深い沼にハマってしまいそうな雰囲気…さてどうしようか。悩ましい…ね(苦笑)。




以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





スポンサーサイト

課題はやっぱりペダリングだな



2013年06月05日 23:32

早くに梅雨入り宣言が出たものの、その後は鳴かず飛ばずで雨の気配はまったく感じられず。良い事なのか、悪い事なのか、きっと今年の梅雨はサクラと同じように長い季節となりそうな予感。





それにしても良い空だ(苦笑)




雨が降らないのは自転車乗りにとっては良い事なのだが、こうも暦と違えばちょっと心配になってくる。そう言えば今日から季節はまた一つ進む。夏もすでに中盤戦、仲夏、芒種(ぼうしゅ)の季節となる。穀物類の種を蒔くころ、そろそろ梅雨入りと言ったところの季節だそうだ。そろそろ梅雨入り、、、確かに空を見上げると梅雨入り前の貴重な乾いた空気がよく似合う空だと思う。至る所で咲き出した紫陽花がそう物語っているようだ。


芒種の期間の七十二候は以下の通り。


初候

螳螂生(とうろう しょうず) : 螳螂が生まれ出る(日本・中国)


次候

腐草為蛍(ふそう ほたると なる) : 腐った草が蒸れ蛍になる(日本)

鵙始鳴(もず はじめて なく) : 鵙が鳴き始める(中国)


末候

梅子黄(うめのみ き なり) : 梅の実が黄ばんで熟す(日本)

反舌無声(はんぜつ こえ なし) : 鶯が鳴かなくなる(中国)



そう言えば去年の梅雨も前半戦は空梅雨だった。去年の6月・7月はそれぞれ16回もジテツウ出来ているから梅雨時だってあの手この手を尽くせば乗れない訳ではないと思う。夏場の多少の雨ならレインウェアは無い方が蒸させなくて済むのは実証済。今年の梅雨も「朝降ってなければジテツウ敢行」、ロードバイク生活になっても変わらずそのマイルールは継続させようかと思っている。





そして課題はやっぱりペダリング




昨日の記事では「ハンドルを引く」という動作だけであれほど乗る楽しみを再確認出来たのは素晴らしい。ますますペダルを回すのが楽しくなってきたのだが、いかんせんそれを使いこなせるほどの体力も筋力もまだまだ無いようで、数キロいや数分もすれば疲れてヘロヘロになってしまう。ヒントっちゃヒントなんだけど、やはり目指すべきはペダリングをいかにキレイにまとめるか、高速巡航こそが目標としたい。高速って言ってもせめて人並みに30km/h前後で走れれば、、、、と思っている。これはプレスポ時代からの大きな課題。ジテツウ江戸川区間の10kmをアベレージで30km/h前後の巡航が常時出来れば、、、と思う次第である。

今日気付いたのはハンドルを引き寄せる動作が前向きのトルクならばハンドルを押し出す動作だと引き足が強くなる。そう、今度はハンドルを押してみたらなんか良いぞ。特に巡航する時は引き足をうまく使えているような気がする。ハンドルを押すって言ってもつっかえ棒みたいに腕を押し付けるのではなくて、手押し車を前に押し出すような感覚で。そうそう一輪車を押すような感覚。うむ、ハンドルを引くに比べると疲労感は少ないし、巡航するにはちょうど良い感じだ。この押し・引きをうまく組み合わせればちょうど良い高速巡航が出来るかも知れない。その辺りは今後乗りながら考察してみる事にしよう。


梅雨と言ってもまだまだ晴れ間の余裕がありそうだ。さてさてペダリングの最適化が最大の課題である事は間違いない。今後はこれを突き詰める事にしよう。





以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





ハンドルを「引く」ということ



2013年06月04日 23:38

梅雨空はどこへやら。今日も快晴の江戸川サイクリングロードをひた走る。換装した12-25Tには少しづつだけど慣れてきた。インナー多様は相変わらずだけど、おかげでトリム調整とやらも覚えてきた。トリム調整、、、音鳴防止装置というやつだが、これは本当に便利過ぎる。もっともフロントディレーラとの干渉な訳だから調整不足と言えばそれまでだが、インナーに落とした際のトップ側でよく音が鳴る。フトントディレーラの調整はちょっとニガテなのだけど、今度チェレンジしてみるか。





たまには前から撮ってみた




今日のお題はフォームから。せっかくスプロケを12-30Tから12-25Tに変えたんだからもう少しちゃんとペダルを回すようになれればと思う今日このごろ。ケイデンスで稼ぐっていうのが当面の目標なのだが、それを実現すべく高ケイデンスしばりでジテツウしている。江戸川みたいなド平地であっても向かい風だとかちょっとした上り坂だとか、それでも20枚全部のギアを効率良く使うってのが目標。もちろん状況に合わせたシフトチェンジが出来るように。

ケイデンスを上げるために必要な事。まずはスムーズにペダルを回せるようなポジションニングとかライディングフォームとか。効率良いペダリングを目指して私のような素人がようやくたどり着いたのが「骨盤を立てる」というフォーム。骨盤を立てる、、、よくよく聞くのだがイマイチ自分だけだとよく分からない。自分自身の姿を確認出来ないってのもあるのだが、骨盤を立てるってイメージが沸かないのも事実なのだ。

背筋を伸ばすと胸が張る、そのままの状態でお腹(腹筋)に力を入れてそーっとハンドルを握る。実は密かにずーっとやっていたのだが、これであってるの?というくらいの迷宮に迷いこんでいた。でもね、昨日・今日と気付いたのがお尻をぐーっと後ろに下げるように突き出して、ハンドルを手前に引きこむように持ってみると不思議とペダルがよく回って速度も上がる。なんかビタっとハマったようなポジショニング。骨盤が立ってるかどうかは定かじゃないけど、こんな感じでスムーズに行く時はだいたい合っている証拠。後方に重心を移した事でハンドルを引き寄せる力が働いてペダルへスムーズに出力が伝えられるということだろうか。ブラケットを薬指と小指で引っ掛けて、第1指から3指でぐっと引き寄せるように手前に引く。ペダリングというよりはトルクがかかるって感じなんだけど、手綱を引いてるようで面白いように前に進む。さらには下ハンでハンドルを引くとさらに加速するではないか。そうか、ロードバイクは上半身で漕ぐってのはこういう事なのか。





船着場のポピーはカラフルでキレイだ




まぁ、この乗り方で長時間乗れれば良いのだがやっぱり長く維持するのは今の私では難しい。腹筋とハムストリングス、そして上腕付近が非常に疲れるのだが、また一つロードバイクの乗り方を覚えたような気がした。うーむ、やっぱり奥が深いロードバイク生活。しばらくはこのポジション・ペダリングをジテツウでがんばってみる事にしよう。




以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。