スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





クリート調整にまた悩む



2015年10月09日 23:50

ちょっとは風が収まってきたかな?いきなり冬みたいな強い北風が吹くもんだから、ちょいとビビったりもしたけれど、台風が海を通過したが影響と言う事で、また穏やかな空が戻る。季節は実りの秋、ジテツウ途中の木々も秋っぽく色付いてきた。




たわわに実る柿の木を見上げて




あと少し、まぁきっと渋柿だろうけど、やっぱり秋は果物だな。なんて呑気な事を考えていたのだが、実はまた膝が痛い。この間あんまり乗れてないもんだから、久しぶりに一週間ジテツウすると脚にもくるのかなとタガをくくっていたが、いやそうではなくいつもの左膝の外側。持病にも近い腸脛靭帯炎の入り口みたいなヤツ、左膝の外側って言うか左の腿裏から膝、そして脛までが張ってるようでたまに鈍い痛みを感じる。ロードバイクに乗りたてのころ、よくこの症状に悩まされたもんだが、乗り慣れてきたら自然に治った。まぁ痛みを感じなくなる程度で、やはり疲労が溜まるとまた再発するような感じなんだけど、正直解決のしようがよくわからない。お医者さんに行けばいいのだが、あんまり病院が好きでないのでなんとなく様子見してると自然に治る。やはりセッティングが上手くないんだろうなと漠然と気づいているのだが、同じ理由でお店にもあまり寄り付かないタイプなので、地道に自分でちょこちょことポジションを弄りながら今に至っているのである。






帰り道もせっせとクリート調整





自転車生活もすでに8年、ロードバイクは3年目。まだ実は拇指球がどこだかよく分からない。場所は分かるが、そこにクリートがしっかり当たってペダルを踏めるかと言う意味で、感覚的な当たりを掴めない。右に当たりが出ると左が抜けて、左が当たれば右が抜ける。多分、この当たりが両脚にハマるポジションが自分にとっての最適なクリート位置なんだろうと思うが、それがなかなか難しい。そしてクリートを交換するたびにリセットされて泥沼にハマる。いやいや奥が深いけど、これが解決すればきっと膝の痛みともオサラバ出来るんじゃないかなって思う。






家についても、調整ちう





左の膝には実は過去に怪我をした場所。二年くらい正座すらできなかった。それが影響しているかは分からないけど、ロードバイクに乗るようになってから気づいたのは、嫌に左膝だけ内旋する。ペタリングのたびにクイっと左膝だけ内側に食い込む。カント調整して内旋しなくなったけど、ここも素人目にやってるから基本にもう一度再調整、BIKE FITのシム、0.5mmだけ内側が高くなるようなシムでソールの下に配置する。左右に入れてたのを左だけにしてみた。



膝痛との戦い ~round-3 BIKE FIT ITS ウェッジ導入 2013.5.8




まだまだクリート調整の果てしない旅が続いていくのかな。まずは今日の調整が良い方向に進むように、あんまり痛みが強くなったら休まなきゃいけないから、無理はしないように。明日もまた江戸川で調整だな。






以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





スポンサーサイト

とりあえず、ビンディング・デビュー!



2015年07月20日 21:48

自分はどうだっただろ?今ブログを確認してみたら2011年の冬だったから、自転車ライフを始めてから約3年半くらいでようやくSPDでビンディングペダルを導入して、すぐに立ちゴケの洗礼も受け、クリートの調整に失敗して膝を痛め、試行錯誤しながら今はiCLICに落ち着いている。もうビンディングじゃなきゃ長い距離は乗れないなってくらいにそれが当たり前になっている。






相方さんもいよいよビンディング・デビュー





昨日の記事でシューズはSHIMANOのCLICK'Rにしたと報告した。クリッカー自体はSPDシステムな訳だが、専用ペダルは主に着脱をしやすく、シューズは歩きやすいようにソールを柔らかく、がメインコンセプト。今回はペダルは流用してPD-M520と言う両面のSPDペダル、クリートはマルチクリートとした。少しでも着脱しやすくが自分の想い、きっと立ちゴケの洗礼は受けるだろうけど、その時がやってきた時に少しでも役に立つように、と言う事で。

実は昨日少し家の前で練習したのだが、外すよりも着ける方が難儀なようで、ちと心配だったんだけど、今日は少し走っただけで着脱には慣れたようだ。やっぱりマルチクリートだからかな?と自分は思う。確かに自分が立ちゴケしたのはペダルに最初っから付属しているシングルクリートだったから。マルチはしばらく使ってみたら、坂道なんかですぐにすっぽ抜けるようになったから、シングルに戻した経過もある。まぁ、もし相方さんもそうなったらそうなったで、色々また考えるか。






調整含めて50キロほど





もううるさい!って言われるくらいビンディングペダルについて語りながらの50キロ(笑)。ケイデンスを90rpmくらいに保ちながら、上死点とか下死点とか、11時で出力してから3時で引け、とか。もう頭でっかちで申し訳ない。まぁ、頭じゃなくて身体で覚えろって感じに最後はいつもなるのだが。

ちょっと無理してでも今ビンディングペダルにしたのには理由がある。もちろん、あと2ヶ月後のツールド東北。たかが60キロ、されど60キロ。アップダウンの多い三陸を攻略するためには、今導入しなければと言う想いから。





それにしても暑かった





で、結果的には無事立ちゴケする事もなく生還。まぁ、サイクリングロード主体のコースだからそんなにペダルを外す事も無かったから、まだまだ油断は禁物。ビンディングデビューから100キロで初の立ちゴケ、1000キロで二回目、その後はコケないって自分は教わった。慣れが一番の大敵、出来ればそうはなって欲しくはないのだが。

それにしても、デビューの割には上手くペダルを着脱してる。これはスキルと言うよりはCLICK'Rが良いのだろうか?本人曰くは着脱が簡単、思った通りにすぐ外れる。見た感じだと外れなくて苦しんでいる様子はない。逆にキャッチがちと悩ましいとの事。マルチクリートって事もありそうだけどね。

そして走りもやはり変わる。ケイデンスを意識して、それに合わせてギアを調整。後ろから今日はシフトチェンジの音が沢山聞こえてくる。うるさいくらいに語ったのは無駄ではなく、しっかりペダリングの気づきに繋がったようで、まるで部活かよってくらいに必死にケイデンスを意識してたのが可笑しくもあり。

ビンディングペダル導入の本質はペダリングスキルにある。いきなり速くなる訳じゃないけど、いかに効率的なペダリングを心がけるかで辿りつける場所も広がってくるって訳だ。きっとこれで三陸の山々を越える事も出来るかな?いや、まだまだこれは入り口みたいなもん。やはり坂道練しないとな。まずはあと2ヶ月でビンディングに慣れる事、ペダリングを追求する事、そんな辺りを煮詰めながら、少し坂があるルートも引いてみるかな。



SHIMANO(シマノ) PD-M520 [EPDM520L] 両面SPDペダル ブラック
by カエレバ







以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





で、やっぱりクリート調整が必要だった件



2015年06月11日 23:11

沖縄ではもう梅雨明けしたってさ。例年よりも12日も早い記録的な短い梅雨。こっちはこれからが本番って思うと気が思い。暦の上では今日が入梅、例年どおりだと海の日くらいが梅雨明けとなるから、あと1ヶ月以上は憂鬱な時期が続く事となる。






紫陽花が見頃になるころ





さて、昨日ようやく重い腰を上げてクリートを買いに行って交換した訳だが、やはりカチっと嵌る新品のクリートはいいね。だがしかし、元の位置に取り付けたはずなんだけど、ペダルを回すと違和感が。まぁ、意識してるから気になるだけかも知れないが、少し走っては微調整。そんなコンマ数ミリの違いが分かるほど敏感な身体は持ってないハズだが、どうしても一回外した関係で微妙なズレを感じとってしまうのが悩ましい。毎回クリート交換するたびに、微調整が必要なのはいつもの事。もう少しいい方法がないだろうかと思案中、結果的には左を引いてちょいと内側に角度を付けた位置とした。ん?交換前とだいぶ違うが、まぁしばらくは様子を見ようっと。






なかなか見つからない理想的なポジション





明日からまた雨予報。梅雨がいよいよ本番に突入で、また走れる時間が削られていく。そんな時にポジション再考はちと良いシチュエーションじゃないけど、まぁ太陽は逃げないから、晴れた日にまたゆっくり考えるとしようかな。





以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。