スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





自分のサイクルコンピュータ遍歴



2015年12月18日 23:53

サイクルコンピュータ、略してサイコン。この冒険心を擽るアイテムはある意味男のロマン。なんだかんだでサイコンだけでウチにいくつ転がってるんだってくらいに、自身のサイコン遍歴は著しい。思えば幼少期に友人の自転車には大きなギアとスピードメーターが付いていて、羨ましく眺めていたことが懐かしく思える。

初めてのサイコンはキャットアイのベロ5と言う有線のスピード1回線式。速度と積算距離が測れれば良いから、ショップの棚から一番安いのを選んで自分で取り付けた。一年も経たずに液晶が黒抜けしてお亡くなりになったので、やはり安いだけはあったなと。


キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピュータ ベロ5 シルバー CC-VL110
by カエレバ




二代目は同じくキャットアイのCC-RD200で有線2回線式でケイデンスを計測するようにしたら、走り方そのものが大きく変わった。今でもその時学んだ事が生きている、ちなみにケイデンスを意識した事でビンディングシューズを導入した。

キャットアイ(CAT EYE) ストラーダ ケイデンス [CC-RD200] ブラック
by カエレバ




CC-RD200は良いサイコンだったが、次なる目標は心拍計の導入。悩ましいけど、そんなにポンポンと上位のサイコンを買い増し出来ないので、Suuntoの心拍数が測れる腕時計を買ってナンチャッテ心拍トレーニングなんてのをしてみたものの、腕時計式は非常に使い勝手が悪い。ほんの数秒だけどハンドルから手を離して数値を確認するから連続的な数値がイメージ出来ない。結果的には現在ただの腕時計となってしまったのはここだけの秘密。


スント 腕時計 Suunto t1c Heart Rate Monitor and Fitness Trainer Watch (Espresso) アウトドア 高度 気圧 ミリタリー ダイビング
by カエレバ



スマホをサイコン代わりに…なんて思った時期もあった。せっかくGPS着いてるんだし、アプリも非常に精巧なものが多い。課金していくつサイクルアプリを買ったかもう忘れるほど買った。でもこれだってのは正直見つからない。それにバッテリの減りがヤバイのと、やはりバイクへの取付がネックとなりそんな熱も冷めてしまった。

そんな折に、CC-RD200の本体を紛失すると言う大失態を犯す。実はケーブルの断線にも何度か見舞われ、センサーだけお取り寄せするほど大事にしていたのだが、流石に本体が無くなってしまってはどうする事も出来ず。

しばらくはiPhoneで代用しながら、次のサイコン探しの旅に出る。狙いは有線式ではなく無線式、実績評価の高いキャットアイから浮気してSIGMA BC-1609 stsを海外通販でゲット。浮気した最大の要因はバックライトと気温計。ドイツ製のサイコンは質実剛健、センサーの取り回しもケーブルがないので非常に使いやすく、今でも相方氏の乗るLEXA SLで使い続けている。


Sigma BC 1609 STS Double Wireless Bicycle Speedometer by Sigma Sport [並行輸入品]
by カエレバ



その後ロードバイクに乗り換えて、圧倒的行動範囲が広がると欲しくなるのはGPS。やっぱりそろそろガーミンか?やっぱりサイコン探しの旅の終着点はガーミンなのか?いや、まだ旅を終わらせるのは早い。などと訳の分からない言い訳をしたながら、ちょいちょい浮気を繰り返す。AtlusのGPSロガーをヤフオクで競り落としたりもしたが、かなりの今更感しか残らない。しかしながら悶々とした悩みは尽きず、物欲の病魔に襲われる日々。この病気を治す方法はただ一つ、ポチっとボタンを押すだけなんだけど、それが出来れば苦労はしない。だってケイデンス測れるサイコンあるし、心拍計あるし、iPhoneをGPSロガーにすればいいじゃない?そんな想いが交差する中、お試し気分で現在のサイコンに行きつく。Bryton Rider35、ガーミン心拍センサーとwahooのATN+スピードケイデンスセンサー付きを格安でゲット。そうそう中古品なんだけど、全然問題なし。台湾製のこのサイコンはすでに取扱はないけれど、あきらかにガーミンedge500を意識し過ぎていて、提訴問題に発展したからだそうだ。形はそうではないけど、機能的にはメイン画面の表示項目の差がガーミンは7つ、Brytonが6つまでくらいの差だから、まぁ許容範囲となるであろうか。充電式だけどランタイムが35時間も作動するのは非常に助かるところだろうか。


bryton(ブライトン) Rider30T ハートレートモニター(ケイデンスセンサー付)
by カエレバ




そんなサイコン変遷に新たな機会が。きっと理想を追求するならば、今のままの方向性で良いと思うが、実は相方氏のLEXA SLに取り付けたSIGMAの調子がすこぶる悪い。ケイデンスセンサーが反応しない、いくらか試したけれど、どうやらお亡くなりになっているようで、次を考えなければならない。自分は必要に駆られて上記に示すようなプロセスを踏み今に至っているのだが、相方氏はどうだろうか?積算距離や速度はやはり必要、ケイデンスだってもちろん必要、いずれ心拍計も後付け出来ると良い、GPSはきっと自分と一緒に走るから必要ないか。出来れば信頼性が高く、一人で走っててもトラブルが少ないものが良い。案外数値が表示されないサイコンほど、ストレスがかかるものはない。ワイヤレスで必要な情報がリアルタイムに分かるものが丁度良い。そんな訳で、先日入手したキャットアイのCC-RD410DWがちょうど良い選択と言う訳なのだ。センサーの共有は出来ないけど、いずれ心拍計が必要になったら追加出来るし、何よりも信頼性の高いキャットアイのストラーダシリーズだからね。


キャットアイ(CAT EYE) ストラーダ デジタルワイヤレス [CC-RD410DW] スピード+ケイデンス セット
by カエレバ



さて、クリスマスプレゼント用にまだ話もしても居ないが、喜んでくれるだろうか。サイコン貰って喜ぶヨメさんが世の中にどれくらいいるんだろうかと少し疑問は拭えないものの、あんまり考えすぎずにその日を待つ事にするかな。




以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





スポンサーサイト

ちょっと加工してカフェクリートのカバーを作ってみた



2014年10月22日 23:00

引き続き今日も雨、それも冷たい雨がしそしそと。明日も雨の予報だから、もう観念するしか無い。






で、クリートカバーが届いた





昨晩カフェクリートを交換し、何かいいアイディアは無いか?と考察。3ヶ月でダメにしたのは自分が大事にしなかったからってのが一定見えてきた。非常にありがたいコメントも頂いて、ストップ時の接地方法を見直す事にした。そう言えば、信号待ちなんかの時はサドルに座って爪先立ちってのが多かった。爪先側の消耗が激しかったのはそのせいだな。面倒くさがらず、トップチューブを跨いで待つ事にしよう。

で、もう一つ。カフェクリートを長持ちさせる度にクリートカバーを導入する事にした。ん?SHIMANOのクリートカバーじゃん?うん、そうなんだ。昨晩考察してAmazonでポチ、翌日には届くんだからいい世の中になったもんだ。カフェクリートすら入手しずらいんだから、カバーはもっと無い。SPEEDPLYのはいっぱいあるんだけどね。そんなこんなで久しぶりにDYIしてこのSHIMANOのクリートカバーをカフェクリート用に加工する事にした。このアイディアを最初に思いついた人は素晴らしいね。





ここをカットした




写真左が加工したカバー、右が手を加える前のカバー。赤い丸で囲んだ部分をクリートに合わせてカットして嵌めると、何故かSHIMANOのクリートカバーがぴったり合う。爪先に引っかかて後ろの爪にもぴったりで、嵌めるとパチンと音が鳴る。カットが下手なのは不器用なのでしょうがない。見えないところだから、まぁ良しとしよう。






こんな感じでぴったりと





なんだかんだて、歩くシチュエーションは多い。特に会社の駐輪場からロッカーまでとかはぎこちなく、またクリートにダメージを与えながら歩いているのが気になった。

問題はカバーを小まめに着けるかどうかだが…不精な自分がどこまで出来るかな。まぁクリートを少しでも長持ちさせるため、色々気を付ける事にしよう。







以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





iCLICのクリートってこんなにヤワなんだな



2014年10月21日 23:55

今日も雨、明日も雨、明後日も。もうね、いい加減今年はウンザリするくらい雨が降る。しょうがないので仕事帰りにショップへ寄り道。そうなんだ、消耗品を探してるんだ。




探してたのはコレ!





なんて事はないiCLICのカフェクリート。実のところ劣化著しく交換しなきゃって思ってたんだけど、なかなか在庫が見つからない。勢い余ってMAVICへシューズを買い替えたのが7月の終わり、ついでに合わせてペダルもMAVICへ。とは言えMAVICって言うよりはiCLICに換装した。TIMEペダルのOEM、黄色いステッカーでようやくMAVICって確認出来る。インプレッションとしてはこのペダルシステムは大いに満足しているが、消耗品であるクリートがこんなに入手が難しいとは思いも寄らず。一旦ネットで発注するが、在庫なしにて待ち切れず、結果的にはペダルを買ったショップで手に入れた。TIMEじゃなくてMAVIC印のクリートね。





使用3ヶ月で限界だ。





こんなもん?元々3ヶ月くらいって聞いていたけど、3ヶ月毎にクリート交換はかなり面倒だ。こんな状態だけどまだキャッチは出来る、けれど坂道でトルクをかけるとすっぽ抜けるし、何よりツルツル滑るすべる。まぁ限界なんだろう、と言う事で本日無事交換。原型が最早どんなのだかも分からんくらい。爪先側のツメが全く無いのが良く分かる。






比べてみた…




うーむ、なんかもっと消耗させない方法は無いのだろうか。ペダルと接続する部分じゃないって事は歩行時な訳で、クリートカバーでも付けてみるか?しかしながらiCLICっのパーツって見つけにくいんだよね。さてどうするか?何かいい方法ご存知の方、テクニックを教えていただければ。よろしくお願いします。







以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。