スポンサーサイト



--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





モニターライト、Divine LEDsのレビュー



2015年04月05日 13:14

自転車ライトの世界にも沼がある。ただ明るければいいってものでもなく、用途を明確にしなければどんどん深みにハマっていく。すでに何本ライトがウチにはあるんだろ?先日から使用しているニューライトのインプレッション、やはり明るいライトは正義なのである。





Divine(ディバイン) LEDs をインストール



今回はモニター製品の協力品。そもそも自分のシチュエーションとしては、ジテツウ帰りの漆黒な河川敷を想定しており、現状は300lumenの充電式のキャットアイ VOLT300をメインライトに、サブとして100lumenのGENTOS 閃 SG-355Bをフロントライトに採用している。街灯がない河川敷沿いのサイクリングロードでは確かに明るければ明るいほど良いのだが、明るいライトはランタイムが反比例的に短くなる傾向があり、また充電式がほとんどで常にバッテリー切れのリスクがつきまとう。なのでサブにはそれなりに明るく、乾電池運用が可能なライトを配置している。ちなみにVOLTには予備バッテリーを携帯し、さらにはリアにも同型のVOLT50を配置しているので、よほどの事がない限りは無灯火状態に陥る事はないのだが、やはり最後の手段として出先で入手可能な乾電池運用は捨てられない手段なのである。





結構立派な箱に入ってる





実際どれくらいの明るさが必要なのか?自分のシチュエーションだと300lumenもあれば事足りる。最近は700だとか1200だとか、ハイスペックなモデルも出てきてるが、よりハイパワーならばランタイムが短くなるのでバランスが良いところを選択するのが良い。

問題はサブの扱いであり、最悪メインがストップした際でも1灯運用が可能な最低限の明るさと、信頼の安定感及びランタイムが必要なところ。現在のGENTOS 閃 SG-355Bのようなホムセン系ライトは頑丈であり、理想的だがいかんせん100lumenでは心許ない。過去にはこんな事故も起こした。


2011.9.11 落車しました(涙)


で、今回のDivine LEDsは正直言えば渡りに舟、サブライトのアップデートをするにはうってつけのポジションなのである。もちろん、1灯でも申し分なく明るいのだが、これならGENTOS 閃 SG-355Bの対抗になれるのではないか?と考えている。かなりゴツめのブラケットはクロスバイクでもロードバイクでもハンドルバーにしっかり固定出来る構造だ。合わせてリアライトのオマケも付いてるのでこれから自転車ライフを始めようって方にはちょうど良い。





ライトたちを並べてみた





サイズ的にはGENTOS 閃 SG-355Bとだいたい同じ。単4乾電池3本での運用となる。重量はブラケット乾電池込みで140gであった。専用ブラケットは工具を特に必要としない2点式で、ハンドルバーへの固定には付属のシムでクロス規格でもロード規格でも対応可能。強いて言うならばブラケットが横方向へ稼働しないため、光軸の調整に注意が必要な点であるか。お尻にメインスイッチがあるのだが、半押しでモードが切り替わる。ハイ、ロー、フラッシュの3パターン。肝心のランタイムだが、これが少々驚きでハイモードで24時間経っても点灯し続けてる。ただし当初の光量を維持出来るのは3時間程度であり、その後は一応ついてるねって程度だけど、それなりにランタイムが長い印象を得た。これは非常に重要なところ。





秀逸なのはこのズーム機能





一つの特徴とも言って良い機能がこのズーム機能、ヘッド部分をスライドさせる事で×2000までワイド出来るのだが、アクセスが非常によろしい。クリクリ回すタイプはどうも走りながらの調整が難しく感じるのは自分だけだろうか?ちなみにズーム端はまるでレーザーポインターか?ってくらいの直進性、河川敷の対岸まで届くくらいのむしろ危険な感じ、ワイド端は周囲をかなり広角に照らしてくれる。ちなみに少し光色はブルー過ぎるきらいがあり、この辺りは好みが分かれるところかな。





ズーム端側、まるでホログラムみたいに素子が照射される




ワイド端側、照射距離は短くなるがかなり広角に明るい



ちなみにVOLT300はこんな感じ





明るさとしてはこんな感じ。さすがにVOLT300はバランス良く出来てるという印象は否めないが、Divine LEDsも明るさではほとんど負けてない。いや、やっぱりキャットアイは素晴らしいものの、Divine LEDsもフォーカス機能駆使して、照射距離を上手く調整してやれば、適度な光量が得られると思われる。

ただしかし、ここからがかなり好みが分かれそうな部分、それは側面灯…






赤いのが主張し過ぎる感じで…









うーん。目立つと言えば目立つけど、前照灯と言う位置付けとしてはどうなんだろうか。一応、前方からは赤い灯火は見えないように工夫はされているが、これはかなり好みが分かれるところかな。せめて青とか黄色だったらよかったのに、いやクリアで十分と言うところだろう。

付属のリアライトはあくまでオマケ程度と言う事で。こちらも全体のカラーが真っ赤だから、付けるバイクカラーによってはハードルが高い。ただどこでも付けられそうだから、ヘルメットとかバックパックには良いかも知れないね。






まぁ、光量は十分かな





取り急ぎ、Devine LEDsのインプレッションをしてみた。160lumenというライトは十分過ぎるくらいにサブライトとしての役割は果たしてくれそうだ。また、街乗りメインのクロスバイクとの共有にはいいかも知れない。

さて、そろそろ夜も暖かくなってきたし、ナイトライドを楽しむ時間も増えそうだ。明るいライトはやっぱり正義と言う事で。




【全米No.1】LEDヘッドライト Divine LEDs(ディバイン)サイクリング フォーカスコントロール機能・防水タイプ ミリタリーグレード ライトホルダー&テールライト付き 【CREE LED使用/明るさ160ルーメン】
by カエレバ







以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





スポンサーサイト

健気なハイパワーライトのはなし



2014年12月21日 10:08

今日は雨予報なのでジドツウで。他にも大人の事情的なものもあるのだが、予定通り昼過ぎから雨がしとしと降り出す。マーメイド号用に入手したライトが秀逸なのでレビューしてみる。






GIZA CG-123Pを借りてみた





自分はメインにキャットアイのVOLT300とサブにGENTOS閃SG-355Bを使ってる。300+100lumenというスペックで、真夜中の江戸川サイクリングロードをジテツウしてる。ハイパワーライトは数知れずあるけど、自分のシチュエーションだとメインは300lumenあれば自分の場合は問題ないかなと総括している。それ以上ならむしろランタイムが長かったりだとか、乾電池が使えたりとかの方がいいかなって。







で、今回のGIZA CG-123Pだが、何が秀逸かって言うとUSB充電なんだけど、まずは公称1600cd(150lumen)よりも実感としてかなり明るく、VOLT300にもヒケを取らない。ショップでVOLT300と見比べてみたんだけど若干程度の差しかない印象を受けた。そして何よりもかなり小型でシンプルなデザインだからフォルムを崩さず装着もゴムバンド式なので場所を選ばない(パイプ径は19-32mmの対応)。それでいてこの価格はかなりコストパフォーマンスが良いのではないだろうかと判断した。公道を走るにはライトを付けないとダメなパーツだし、たぶんマーメイド号はナイトライドをしないので不意に帰りが遅くなってしまった時のいざって時用ライトとしては申し分ない位置づけなのだ。





サイズはかなり小さいね




パターンは3段階、高輝度モードで2時間、通常で9時間が公称ランタイムだ。USB充電ライトだから、若干不安はあるものの、ゴツくてハイパワーなライトは必要ない想定ならば問題ない。重量は52gとかなり軽量だ。

で、深夜の江戸川サイクリングロードでファーストインプレッション。VOLT300と並べて走ってみた。





CG-123Pはこんな感じ





こちらはVOLT300





どうでしょ?見た目は300lumenとあまり変わらないハイパワーな感じだ。VOLT300は丸みを帯びているし、上っ面を面取りしてある。今回のCG-123Pはスクエアな感じの採光だ。これは好みが分かれるところだけど、やはりVOLTの方が工夫されている印象。まぁ価格差がこういう所に出てくるのかも知れないね。





二つ同時に点灯してみた



小型、軽量のハイパワーライト。公称値よりもだいぶ明るく感じられた。自分の場合はいったい何個ライトを持ってるんだって話だけど、ライトの話となると引けない自分がそこに居たりする。ナイトランはしないけど、不意に帰りが遅くなってしまう方には機能的に十分なポジションのライト。特に今時期は日没がすごく早いから役に立つかも知れないね。



---VOLTシリーズはこちらから---

















以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





5代目メインライト、VOLT300インストール



2014年04月13日 22:16

明るいライトは正義であるは良く言ったもの、自分の自転車生活にとってもそれはその通り。ジテツウ復路、漆黒の江戸川サイクリングロード。暗闇を照らすライトはまさに生命線。



VOLT300.jpg
キャットアイHL-EL460RC、通称VOLT300




自転車ライトに求められるもの、街頭のある街中なんかだと周囲へのアピールが出来れば良いなんて考えていた時代もあったのだが、ある事件を堺に自分にとって視野を確保するものという認識に変わった。確かに国道みたいにこうこうと灯りがある道ならいいのだが、自分の主戦場は江戸川サイクリングロード。過去にこんな事故を起こして大変な想いをした。幸いながらも双方大事には至らず、現在も自転車生活を楽しめているのだが、一歩間違えば大変な事となってしまっただろう。



落車しました(涙)



当時はまだクロスバイクでメインライトはGENTOS 閃 SG-355Bだった。ご存知100ルーメンのそこそこ明るいホムセン系ライト。それだってそれまでの自分からすれば滅法明るいライトだったのだけど、正直暗闇に座るカップルを発見出来なかった。見えない、、、というよりは認識出来ないと言った方が正しい。そんな苦い思い出を胸に満を持してMOON GEM4.0というリチウムイオンバッテリの300ルーメンライトを導入した。自分のシチュエーションでは300ルーメンというグレードは、明るいライトの中ではまだミドルグレなんだけど、すごく心強く感じられて、これまでメインライトとして申し分ないくらい働いてくれた。




サイクルライト
これまでのメインライトたちを並べてみた




初代はキャットアイのHL-500Ⅱというハロゲン式ライト。すでに15年ものの骨董品のようなライトで単3電池4本で稼働するが、フラッシングも出来ないし何より重い。でもLEDにはないハロゲンの柔らかな明るさが結構お気に入りだった。2代目はプレスポに乗り始めたころ、フラッシュライトに憧れて購入した同じくキャットアイの定番であるHL-EL130でサイクルベースあさひのロゴ入り。1灯LEDでお世辞にも明るいとは言えずフラッシュさせて周囲へアピールなんて考えていたりもした。その後深夜の江戸川を走るために導入したGENTOS 閃 SG-355Bで明るいライトに目覚めだし、事故をきっかけに300ルーメンのMOON GEM4.0に辿り着いた。あれから2年半、リチウムバッテリの劣化と共にブラケットだとかスイッチングなんが不良になって、結局のところ消耗品パーツの入手が容易なキャットアイに戻る事になった訳だ。実のところコレ以上明るいライトは必要なく、むしろ眩輝の方が気になるところで、例えば同社製の1200ルーメンなどというさらに強力なものは自分のシチュエーション的には必要ないってのが一定の結論なのだ。




MOONGEM4.0ブラケット
MOON GEM4.0もいいライトだったけど消耗品が、、、ね(苦笑)




で、今回VOLT300を導入したのだが、当ブログのコアな読者の皆さまはすでにお気づきだと思うけど、リアには同社製のVOLT50をすでに導入済み。そうなってくるとフロントも同じVOLTシリーズで統一したくなるってのは容易に想像出来るであろう。最初っからそういうつもりではなかったのだけど、強力なリアライトであるVOLT50には大満足なので、もしフロントを交換するのならばVOLTシリーズでって心には決めてきた。ただこんなに早く換装するつもりは無かったんだけどね。

しかしながらフロント・リアを同じVOLTシリーズで統一するメリットがかなり大きい。それはバッテリが共有品である事、つまりはいざって時にリアのバッテリをフロントに移設することだって出来るって話だ。USB充電式のライトの大きなデメリットはやはりランタイムが短く、頻回の充電を要する事であろう。つまりはバッテリ切れになるリスクが非常に高く、また乾電池式と比べると小型化出来るものの、いざって時のための予備バッテリを常備しなければならない。自分の場合は予備バッテリというよりは予備ライトとしてGENTOS 閃 SG-355Bを取り付けてサブライトとして使用していた。つまりはUSB充電式のライトの場合は何らかの予備を必ず持たないと最悪無灯火状態になってしまうリスクがつきまとう、という事なのだ。




VOLT50_VOLT300.jpg
VOLT50 & VOLT300




という事で、今回のVOLT300は予備バッテリと急速充電用クレードルのセットものをお願いした。急速充電用クレードルはあまり必要性はないかも知れないけど、予備バッテリが付属してこのセット価格は魅力的。この手のUSB充電式ライトの場合は必ず予備バッテリが必要となってくるからこういったセットはポイントが高い。これでフロント・リアのバッテリが共有できて合計3本のバッテリを得る事が出来た。このバッテリは満充電でハイモード3時間分、3本あれば9時間の稼働が可能って算段だ。まぁ一本はリアで使用するのだが、リアもフラッシングモードで使用すればかなり長持ちする。今のところリアの充電は1ヶ月に1回程度、おそらく公称よりもだいぶ長持ちするから、実際のところリアは予備バッテリの保管場所と考えてもいいように思える。

予備バッテリをもう1本持つ事にはなるのだが、気になる重さはバッテリのみで実測70g程度だった。本体そのものは116g、ブラケット合わせて133gとこれだけの性能の割にはかなりの軽量化に成功。予備バッテリはツールボックスに収まりそうだ。




HE-EL460クレードル
急速充電クレードルと予備バッテリ3本(笑)



まぁ今日のところはインストールの報告のみ。まだバッテリの充電が終わらないので、しっかり充電してから明日深夜の江戸川でインプレッションする事にしよう。MOON GEM4.0とルーメン数は同じ訳だがどの程度見え方が違うだろうか。MOONは結構周囲を明るく照らすので、視野確保には非常に好評化を感じているがVOLTはどうだろうか。リアの光軸はかなり直進性が高いのでちょっと心配かな。

とは言えそろそろライト探しの旅もこれで終着点となるのであろうか?何気に結局キャットアイに戻ってきた事に運命的なものを感じる。フロント・リアと同じタイプを選べたってのは非常に効率的であり、またそれが国産メーカーのものだから消耗品の入手など懸案事項も排除出来そうだ。余談だけどこれも同じく有効活用する事が出来た。




キャットアイベル
キャットアイのOH-2400はライトのブラケットに装着できるので




さてインプレションは明日以降、漆黒の江戸川でまたライトの具合を試す事にしようか。



by カエレバ






以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。