迷ったのでアルテにしたんだけど、結果的にはすごく裏目に出た件(苦笑)



2014年08月28日 22:07

まぁチェーンの話なんだけど、今回もデュラにする気がどうしても起こらず、結果としてCN-6701にした。一応CN-5701からのグレードアップ、消耗品だから次はいよいよCN-7901か?とりあえず105じゃ物足りないのは良く分かった。





何もこんな日に届かなくたってさ(涙)





チェーンのグレードは表面仕上げの違い?調べるとその表面の仕上げで滑りが違うとか、耐久性とか色々言われてはいるものの、自分が気づけるかどうか。ただ105じゃ直感的に良いようには思えなく、一応のステップアップでアルテグラと言う訳。まぁ消耗品だし、アルテで良ければそれに越した事はない。


。。。なんてのんびり事を構えていたら、DURA ACEグレードの10sチェーンが廃盤になるらしいってさ(苦笑)。なんだかなーって思ったけど、やはり流れは11s化の方向なんだろうかな。まぁちょっと悔しい、いやかなり悔しい。10sチェーンで生き残るのは現在のところアルテとティアグラだけって話。デュラと105は廃盤となる。次のチェーン交換はあと半年後だけど、今のうちにCN-7901を在庫しておくかどうか、悩ましい判断が迫られるのかな。

せっかくだけど、交換は週末になるかな?週末にはタイヤも届くようだし、いっしょに交換するまで寝かせておく。ツールド東北へは準備万端?あとは携行品のチェックもしないとね。












以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事
スポンサーサイト



めっきり涼しくなってきたぞ



2013年08月26日 23:25

一雨ごとに涼しくなる頃、今年は振れ幅は大きいものの、一応暦通りの空。





相変わらず夕暮れ時だけポタリング




今晩も雨が降り、だいぶ朝晩は過ごしやすくなってきた。こうなると灼熱が愛おしくもなってくるのだが、年々暑さに弱くなってきてて、どうも体調がすぐれない。今年もまた夏場はどうも距離は伸びず、チャンスはあっても遠出する気にはなれないのが悲しいところ。まぁもう少し涼しくなったら…9月からは本気出すとして、今日はのんびりまったり、夕暮れ時だけペダルを回す。ダメな時はダメ、無理はしなくても良い。





チラッと見えるULTEGRAにニヤリ(笑)




昨日の記事でまたまた致命的なミスが発覚(苦笑)。どうも後輪のタイヤ、コンチネンタル GP4000Sのタイヤが逆に付いていた事が発覚。完全に初歩的ミス、いったいいつからだろう?と考えていたのだが、最初っからというしょうもない事に気付いた。たぶん、2000kmくらはこれで走ってたはず。うーん、まだまだ甘さばかりが残る今年の夏。ご指摘いただきありがとうございました。早速、正しい方向へ付け直した。

夏の終わりが近づいてくる。暑さ寒さは彼岸までだから、季節が代わるのにはまだ1ヶ月くらいありそうで、夏を惜しむにはまだ早い。しかしながらそろそろ灼熱から脱する事が出来るだろうか?暑さが過ぎてコンディションが良くなったら、ロングライドに出かけたい。200km越えるようなヤツ、寒くなる前になんとか、凄く長いやつをやってみようかと思う。せっかくブレーキのグレードアップもしたんだから、峠を越えるようなヤツでも考えてみようかな。





ごんぱち池で一休み




さて、季節の変わり目。皆さまもどうぞ、体調崩さぬようにもう一踏ん張り、がんばりましょ。




以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事

ULTEGRA BR-6700 × SWISS STOP BXP Flash pro



2013年08月25日 18:57

無事届きました。いやホント感謝です。ぐしゃぐしゃとブレーキ何にしよってブツブツ呟いていたら、いつもtwitterやらInstagramなんかでお世話になってるA氏より67アルテ提供の御申し出が。ここは一つお言葉に甘えてしまおうという事で本日無事インストール完了。しかもSWISS STOPのシューまで付けてくれた。なんていい人なんだ!自分のイメージ以上のグレードアップになったのは言うまでもない。





ULTEGRA BR-6700 with SWISS STOP BXP




キャリパーブレーキの交換に関してはポン付けでそんなに難しくなく、Vブレーキよりは簡単だったと言う印象。作業時間よりも周辺のクリーニングの方が問題だったぐらい。ポイントはアウターケーブルのキャップは外さないとダメって事くらいだろうか。調整にしても基本を守る事を忠実に、せっかくなので各部の締付けトルクもしっかり規定値になるように調整した。作業に関してはあさひのメンテマニュアルを参考にしてみた。





前後合わせて重量は311g




すでにULTEGRAは6800系がデビューしているものの、6700系もまだまだ現役。重量だけで見れば6700系の方が若干軽量である。で、取り急ぎ近所を試走。待通りのストップ力、そして非常にコントーラブルなんだと驚く。止まりたいところでピタっと止まる。ブラケットポジションだけでもスピードコントロールから急制動まで思い通りに操れる。下りはもちろんの事、平地だってコントーラブルなのは非常に重要な要素であり、ロングライドでいつも最後に指が固まる自分としては大きなアドバンテージになるものと期待したい。そしてSWISS STOP BXP、定評のある全天候型アルミリム用のブレーキシュー。色が濃紺に変更となっているが、グリーンGHPⅡの後継シュー。雨でも走るぞ!という心意味だけは常に持っている自分にとってきっと心強い味方となる事は間違いない。

BR-6700をシェアしていただいたA氏にはもう一度感謝を、そして色々と相談に乗っていただいた皆さまにも感謝を。しばらく乗ってみて、しっかりとしたレビューをしてみようかと思う。





グロッシーグレー、カッコ良過ぎ(笑)





以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事