とりあえず、ビンディング・デビュー!



2015年07月20日 21:48

自分はどうだっただろ?今ブログを確認してみたら2011年の冬だったから、自転車ライフを始めてから約3年半くらいでようやくSPDでビンディングペダルを導入して、すぐに立ちゴケの洗礼も受け、クリートの調整に失敗して膝を痛め、試行錯誤しながら今はiCLICに落ち着いている。もうビンディングじゃなきゃ長い距離は乗れないなってくらいにそれが当たり前になっている。






相方さんもいよいよビンディング・デビュー





昨日の記事でシューズはSHIMANOのCLICK'Rにしたと報告した。クリッカー自体はSPDシステムな訳だが、専用ペダルは主に着脱をしやすく、シューズは歩きやすいようにソールを柔らかく、がメインコンセプト。今回はペダルは流用してPD-M520と言う両面のSPDペダル、クリートはマルチクリートとした。少しでも着脱しやすくが自分の想い、きっと立ちゴケの洗礼は受けるだろうけど、その時がやってきた時に少しでも役に立つように、と言う事で。

実は昨日少し家の前で練習したのだが、外すよりも着ける方が難儀なようで、ちと心配だったんだけど、今日は少し走っただけで着脱には慣れたようだ。やっぱりマルチクリートだからかな?と自分は思う。確かに自分が立ちゴケしたのはペダルに最初っから付属しているシングルクリートだったから。マルチはしばらく使ってみたら、坂道なんかですぐにすっぽ抜けるようになったから、シングルに戻した経過もある。まぁ、もし相方さんもそうなったらそうなったで、色々また考えるか。






調整含めて50キロほど





もううるさい!って言われるくらいビンディングペダルについて語りながらの50キロ(笑)。ケイデンスを90rpmくらいに保ちながら、上死点とか下死点とか、11時で出力してから3時で引け、とか。もう頭でっかちで申し訳ない。まぁ、頭じゃなくて身体で覚えろって感じに最後はいつもなるのだが。

ちょっと無理してでも今ビンディングペダルにしたのには理由がある。もちろん、あと2ヶ月後のツールド東北。たかが60キロ、されど60キロ。アップダウンの多い三陸を攻略するためには、今導入しなければと言う想いから。





それにしても暑かった





で、結果的には無事立ちゴケする事もなく生還。まぁ、サイクリングロード主体のコースだからそんなにペダルを外す事も無かったから、まだまだ油断は禁物。ビンディングデビューから100キロで初の立ちゴケ、1000キロで二回目、その後はコケないって自分は教わった。慣れが一番の大敵、出来ればそうはなって欲しくはないのだが。

それにしても、デビューの割には上手くペダルを着脱してる。これはスキルと言うよりはCLICK'Rが良いのだろうか?本人曰くは着脱が簡単、思った通りにすぐ外れる。見た感じだと外れなくて苦しんでいる様子はない。逆にキャッチがちと悩ましいとの事。マルチクリートって事もありそうだけどね。

そして走りもやはり変わる。ケイデンスを意識して、それに合わせてギアを調整。後ろから今日はシフトチェンジの音が沢山聞こえてくる。うるさいくらいに語ったのは無駄ではなく、しっかりペダリングの気づきに繋がったようで、まるで部活かよってくらいに必死にケイデンスを意識してたのが可笑しくもあり。

ビンディングペダル導入の本質はペダリングスキルにある。いきなり速くなる訳じゃないけど、いかに効率的なペダリングを心がけるかで辿りつける場所も広がってくるって訳だ。きっとこれで三陸の山々を越える事も出来るかな?いや、まだまだこれは入り口みたいなもん。やはり坂道練しないとな。まずはあと2ヶ月でビンディングに慣れる事、ペダリングを追求する事、そんな辺りを煮詰めながら、少し坂があるルートも引いてみるかな。



SHIMANO(シマノ) PD-M520 [EPDM520L] 両面SPDペダル ブラック
by カエレバ







以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事
スポンサーサイト

相方にビンディングシューズを勧めてみる



2015年07月17日 21:50

台風が過ぎ去った空には高い雲。夕暮れ時にはセミが鳴いてた。心なしかカラッと軽めな風が涼しくて心地よい。この嵐が去ったらいよいよ梅雨明け宣言が出るであろう。





会社の窓から江戸川を眺めてみる





梅雨の間にお休みしたツケは大きい。まぁある意味自分の自転車ライフを見つめなおした良い時間だったのだが、変わって体重計はヤバい数値を叩きだす。なんだかんだ言っても、ペダルを回す事で保たれていたのが良く分かった。暑さへの耐性もそうだが、何よりも体重を落とさないと三陸の山々は攻略出来ない。

そうそう、ツールド東北2015まであと二カ月。自分以上に走れていない相方の方が気になるところであるが、三連休はちと頑張ってみようかと思う。合わせて相方はビンディングシューズをそろそろ導入しないと。流石にフラペであの坂を登らせるのは忍びない。SPDならペダルもあるし、最初だからシューズだけでいいかな?連休中に御茶ノ水に出来た某レディースものショップにでも行ってみるか。

さて、いよいよ梅雨明け。色々あった梅雨時だけど、結果的には例年通りのスケジュール。自分の自転車ライフも梅雨明けこら本格再始動と言う事で。まずは暑さに慣れるところから再開してみるか。



SHIMANO(シマノ) PD-M520 [EPDM520L] 両面SPDペダル ブラック
by カエレバ





以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事

SPDペダルのサビ落とし



2014年07月19日 21:23

どうしてもココが錆びる。梅雨だから?室外保管の宿命なのか?自分の手入れが悪いのか?先代もそうだが、今使ってるペダルも日増しに錆が目立つようになったので、サビ落としを今日は敢行。結果的にはここはあまり手を出さない方がいいんだろうか?でもクリーニングくらいは手軽にできる方法があればいいのにね。



PD-M520使用後
1年ちょっと使ったPD-M520




改めて見るとボロボロだ。ビンディングのバネは錆だけらだし、もともとブラックだった塗装は削られてシルバーになっているところもある。クロスバイク時代からの流れでずーっとSPDとお付き合いしている末に両面SPDのキャッチし易さが気に入って使用し続けているのだが、このペダルもそろそろ潮時だろうか。

性能的には問題ない、、、??実はシューズが2つ穴タイプだから、他のペダルシステムに移行する場合はシューズも買い替えってのがちょっとハードルが高い。ただシューズも3年以上使ってるから、これも買い替えがそろそろなんだけどね。あとヘルメットも(苦笑)。



PD-M520錆取り前
なんでいつもこうなっちゃうかね、、、(涙)



このPD-M520という両面SPDペダルは、実のところかなり安価でありながら、シルバー、ブラック、ホワイトのカラバリまで用意されてるお買い得なシリーズ。なのであんまり引っ張らず買い増す事も考えたのだが、SPDペダルのビンディングが錆るのは先代のPD-A520も同様の事。錆びないように努力する方法を考えるのも重要だが、錆てからのメンテナンスを覚えるのも悪くない。って事で、クリーニングを実施する事にした。まぁ雨なので自転車と向き合うのも悪くない。



PD-M520分解
で、両面ともクリート部分を分解したった。




分解するのは簡単。何にもついてない軸はなんか間抜けな格好になってしまったが、これらを外してまずは脱脂してから、サビ取りクリーナー(100均)をハブラシにつけてコシコシ磨く。錆取りにサンポールとかの強酸性液を使用する強者もいるようだが、防錆も含めてチューブ式の錆取りにした。この辺のパーツならコンパウンドが入っていてもそんなに問題にはならないのではないだろうか?分解したのは他のパーツに悪影響が及ばないようにとの配慮から。

まぁ分解するのは簡単なのだが、やはり組み上げはバネの力で少し難渋したが、まぁ構造が簡単なので時間さえかければ問題ない。分からなくなっても左右一対だからもう片方からヒントも得られるし。分解方法は①ビンディングのバネを一番弱くしておく、②ボディカバーのビス3本を外す、③バネを停めているビスを外す、これだけ。ビスは当然ながらかなり強めのトルクがかかっているので、なるべく精度の良いドライバーを使用した方が良い。




PD-M520錆取り後
で、錆取り後はこんな感じ




まぁ、キレイにはなったが、やはり錆が完全に取れる訳でもない。それに案外作業自体が面倒で、特にバネものはちょっと苦手だ。今回は表面の錆落としって事でトライしてみたけど、頻繁にやる作業じゃないかもね。それにバネの強度は確実に落ちそうだし。シマノのスモールパーツでこの辺りのパーツが買えるなら交換するのはアリかも知れないね。

今回は表面上のクリーニングだけだったけど、本当は軸のグリスアップもしてみたい。専用工具が必要dかあら、それはまた今度という事で。取り急ぎ、キレイになったペダルだが、連休中は梅雨の終わりの最後の雷雨。まぁあと少しと言う事で。





以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事