スプロケ換装後のディレーラ調整



2011年07月04日 23:19

 ちょっとblogの更新が遅れ気味。色々理由を付けてもしょうがないのだが、まぁスプロケ換装後の換装なんぞを綴ってみる。CS-HG50-8(12-23T)に換装してみて気付いた事。


IMGP1474.jpg
ピカピカのスプロケに何となく違和感を感じてみたり。



 そのまんまにスプロケをポン付けしてみたのだが、やはりディレーラの調整は必要そうだ。これまでリア11-30Tだった訳だから、そんなに簡単なハズは無い。やはりそのまんまだとフロントがかなり渋い。渋いと言うよりはフロント・ミドルでロー側でチェーンが干渉する。不思議とアウター・インナーともに問題はない。はてな?と思いつつも、フロント側の調整を実施。なかなかアジャスターでの調整は難しく、もう一度腰を据えて調整を試みる。何気にリアも6速(19T)がうまく決まらない。とりあえずは23Tなリアでミドル・ロー側が使えないのは厳しいのでフロント側の調整を試みる。フロント調整は以下の通り。


・まずはディレーラの位置を決める(ミドルで隙間が2~3mm、チェーンリンクと水平に)

・アウター・トップで外側がディレーラと0~5mm程度隙間が開くように

・インナー・ローで内側がディレーラと0~5mm隙間が開くように


 こんな感じで調整してみるも、ディレーラとの干渉は無くなったものの、なかなか変速は渋いまま。アジャスターをぐりぐりいじってみたり、ストロークを調整。なかなかうまく調整出来ない。結局ディレーラの位置を決めるところが甘かったらしく、再度ディレーラの位置を調整するとフロント・ディレーラへのチェーン干渉は無くなった。しかしながらリア・トップでもはまだシャリ、、、シャリ、、、っと音がする。それとリア側の変速がかなり渋くなってきたのでリア・ディレーラの調整を実施。

 なかなか悩ましくなってきたのだが、ここでスプロケ交換でチェーンの長さをチェックした方がいいとのアドバイスあり。yamawoさんありがとう。計算してみると芯間距離(クランク中央からスプロケ中央の距離)からフロント・リアの歯数でチェーンの長さが計算出来るらしい。もしくはアウター・トップの状態でプーリーが地面に垂直であるチェーンの距離が良い(shimano)。


チェーンの長さ計算器はこちら

チェーンリンク数計算器

 いままでは110リンクであったのだが、11-30Tから12-23Tに変えた事で105リンクに短くする必要があるようだ。奇数なので106リンクとする事にして、思い切ってチェーンのコマを詰めてみる事にした。さっそく不評なあさひ工具セット内のチェーンカッターを使用してみる事にした。


IMGP1488.jpg IMGP1489.jpg
LIFUの刻印が、、、やはりOEMなのね


 これまで携帯ツールのチェーンカッターしか無かった私的には評価がなかなか難しいが、芯に当てるのがなかなか難しいかも。確かにまっすぐ当らないので、ピンを押す際にツール側が壊れそうだ。ここは一つ慎重にくりくり回してピンを外す。4コマきっかりに外したら、せっかくなのでチェーンを洗い油で洗ってからチェーン装着。


IMGP1487.jpg
見づらいけれど、チェーンを4コマ詰めた後


 
 ちょっと詰め過ぎた感もあり、ダメならまた繋げば良いか。リアをもう一度調整してみるも、まだまだリアは渋めだけれども何とかなる状態まで持って行く事が出来た。ディレーラの調整は何度やっても苦手な感じ。これをサクサクっと出来るようになるともう少し幅が広がりそうな気がするんだけどね。

 とりあえずここまでで時間となってしまったので、このままジテツウ。途中若干の調整をながら12-23Tを堪能してみる。小刻みな変速が心地良いが、やはりリアが渋い。この辺りはもう少し煮詰めないとダメかも知れないね。



IMGP1459.jpg
風が強いと空がきれい、ただし汗だく。。。




シマノ/CS-HG50-8
by カエレバ


[あさひ]- デラックスツールキット82A5 工具セット-[自転車][工具セット]
by カエレバ




以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事
スポンサーサイト



CS-HG50-8 12-23Tに換装



2011年06月30日 00:22

 ようやく届いた感のあるカセットスプロケット。最近週半ばに構想を考えて、週末まで悩み、土日でポチっとしてみとどうも到着までに時間がかかり過ぎるような気がしてならない。これもまた時代がそうさせているんだろうけど、やっぱりネットショッピングって便利になったもんだね。


CS-HG-50-8.jpg
CS-HG50-8 12-23Tが届きました


 
 3年目の消耗品交換のいっかんで購入してみたCS-HG50-8だが、様々な構想がある中で12-23Tとクロスレシオな設定をセレクトしてみた。坂を上りたいって言う願望からはちょっと外れてしまったのだが、普段使いも含めて平地専用(主に江戸川)として初めてのカセットスプロケット交換を実施してみた訳だ。先日テストケース的にカセットスプロケットの分解・洗浄をしてあるので、交換手順もばっちりだ。


IMGP1462.jpg IMGP1463.jpg
ピカピカのカセットスプロケット


 
 開けてみるとそこにはピッカピカのカセットスプロケットが。自転車のパーツっちゃぁ何気にオイルベタベタなんだけど、こいつはサラサラで室内でカラカラ遊んでみても汚れる事は無い。裏面から見ると肉抜きに甘さが目立つものの、重量はこれでも278g(カタログ値)で純正のCS-HG30よりも90gほど軽い。それもそのはず、比べてみるとやはり30Tと23Tはぜんぜんサイズが違う。


IMGP1465.jpg
CS-HG30(11-30T)とCS-HG50-8(12-23T)を比べてみた



 せっかくなのでこのまま交換してみる。ただしカセットスプロケットの交換でチェーンの相性やリアデゥレーラの調整などなどが必要となる可能性が高いらしい。実はこのための布石でリアディレーラ調整用にディスプレイスタンドを急きょ買いこんで来たって訳。ポン付けでいければと淡く考えているのだが、、、

 で、ちょっと遅くなったのだが、深夜にカセットスプロケットの交換を実施。明日のジテツウに間に合わせるために少しでも早く新しいパーツを試したい。先日ロックナットリングを外すのにかなりの時間を要したものの、今日はすんなりガゴリっと外す事が出来た。やっぱり最初だけ?それとも締付けトルクがやっぱり甘い?とりあえずデュラグリスで固着防止のためにロックリングナット裏側に塗りたくって完成。


IMGP1469.jpg
写真撮影のためにちょっとだけ室内に入れてみた(笑)


 かなりギラギラ。これまでの黒系パーツで固められた足回りに合うんだろうかと思うくらい。あ、メンテはだいぶ慣れたらしい。ものの5分で交換出来る。締付けトルクが少々不安だが、アルミプレスポの場合は案外雑に扱っても問題ないのでゴリゴリ絞め上げてみた。そうは言っても150mmモンキーレンチじゃたかが知れてるけどね。

 最後は調整。乗ってみないと分からないが、ポン付けで問題なさそうな雰囲気。そこら辺を一周してみようかと思ったが、すでに晩酌済みなため明日の朝に実施する事にした。twitterで構ってくれた皆さまありがとうございます。

 とりあえず念願のカセットスプロケット換装完了。実際に乗ってみての感想はまた後日、それにしても今日の記事はギザギザな写真ばかり。何となく幸せ(笑)。


シマノ/CS-HG50-8
by カエレバ





以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事

12-23T



2011年06月25日 22:42

 8速用カセットスプロケットって店頭在庫はほとんどないのね。。。虚脱気味に色々お店を回ってみたものの、"お取り寄せ"の御返答ばかり。結局レイクタウンの○'s Roadでサイクルジャージを買ってご満悦。ちなみにレーパンはまだ買っていない。


IMGP1436.jpg
○'s RoadのPB品らしいが、シンプルでなかなかよろしい



 何となくグデグデな休日を過ごしつつ、もう何件か回ってみたものの9速用などは見かけるものの、8速用はやはり重要が少ないせいかなかなか無い。やはり本気でこの辺りを考えようとするならばディレーラーやチェーンも含めて9速化を考えた方が選択肢が広がるのかなと思いつつ、しょうがないのでいつも通りポチる事にして家路につく。こういったパーツ類はきっとネットショッピングの拡大で便利になったんだろうな。


で、結局カセットスプロケットはCS-HG50-8(sora)の12-23Tをセレクトしてみた。

シマノ/CS-HG50-8
by カエレバ




 なんだかんだ言っても普段使いと言えばジテツウの江戸川CRオンリーな最近の私。坂への願望があるとは言え、初めてのスプロケ換装は実用性を選んでみる。実際にポン付けでいけるかどうかは定かではないものの、チェーンはこの前変えたばかりだし、何とかなるかなと安易に考えこういう設定を考えてみた。

 歯数は12-13-14-15-17-19-21-23で、懸案の23→20→17の変速は軽減出来るし、ハイ側の調整を細かくすることで負担が減ればと考えている。12-21Tも考えたが、いきなりのクロスレシオ化は少々不安だし、12-25T、11-28Tは変化が少なくなりそうで、結局中間的な歯数をセレクトする事とした。ちなみにカタログ的には368g→278gと約90g軽量化する事も出来るらしい。

 このクラスのスプロケは案外安価なため、失敗は恐れずにやってみる事にしよう。kanokaさんからはグリーンラインのお誘いがあったものの、坂付きのライドが未経験な私はこれがどういう事なのかは良く分かっていないのも事実。まぁ無理そうならば28Tとか30Tとかに換装すれば良いかとドーンと構えてみる。何事も実験は必要か。


 きっと店頭在庫なんかの様子を見る限りは、到着はだいぶ先になる事だろう。それまで他のメンテもやってみる事にするか。何気にスプロケの分解・洗浄は異音は消えるし、走りも軽いし、やって損は無かった(と言うか普段からやるべき)と思っている。BB辺りはどうなんだろうな。。。また40N/mとか困難なトルクが書いてあるし。トルクレンチも必要なのかな。。。まぁ出来る限りやってみるとするか。




以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事