リアをニつ落としてからアウターへ



2013年06月03日 22:30

スプロケ換装後、2日目の朝。昨日はざーっと感覚を確かめるべくシフトチェンジを無意味にガチャガチャしてみたのだが、今日から本格的にこの12-25Tを使いこなせるように色々と考察をしてみる事にした。まずはそれまでのCS-4600 12-30TとCS-5700 12-25Tのギア比とかケイデンスと速度の関係なんかを表にまとめてみた。




ギア比較
12-30Tと12-25Tを比較してみた




うんうん、私こういうの好きなので(笑)。実際使って走ってみれば感覚的なもので分かると思うのだが、一応Excelで表計算なんぞをしてみた。ちなみに色分けは速度を10km/h刻みでカラーリングしてみると何か分かるかなーっと思ってやってみたのだが、なんかむしろよく分からなくなったりして。四角に囲んだ場所が今回換装した本質の部分。上の四枚は今までと変わらない訳だから、下6枚分が今回変わったところとなる。

下2枚がすっきり無くなって中速域で細かい調整ができるような感じ。数字だけ見ているとちょっと踏み切れないじゃないかと心配になってきたのだが、16Tと23Tがあるのが私的には非常に心強い。特に平地巡航する時に16Tなのが私の脚にはちょうど良く、なおかつアウターで23Tスタートが実はちょうど良く感じるのだ。今までは24Tだとどうも軽くて21Tだとちょっとがんばる感じで我慢してきた。フロントをインナーにするようにストップすれば「いいじゃん?うむ、それだとどうもその後のシフトチェンジが辛く感じる。。。って事でアウター23Tスタートはこれからもちょっと武器になるように期待してみた。

もう一つ、むしろインナー側の15T~19T付近は向かい風対策にもなりそうで、この辺りを細かくシフトチェンジしながらケイデンスで稼ぐってのが向かい風に打ち勝つ一つの方法になろう。2~3メートル毎秒程度の向かい風でもインナーを効率よく使う事が出来れば巡航速度を上げる事ができると思われる。ただフロントのチェンジはどうもニガテで、ギアを落とした瞬間のくるくる感が耐え難い。これは他の人の受け売りだけど、例えばちょっとした坂道、アンダーパスとか橋を越える時とか、登坂時にいったん2枚くらいリアを上げてフトントをインナーに落とすとちょうど良いと。帰り道にやってみたらこれがハマりまくり、右手の薬指チョンチョンと2回クリックしながらフロントをガチャっと落とすとスムーズに坂道を登る事が出来た。これが意外と使えるかも、、、チョンチョン、ガチャンって感じのメカニカル感がたまらない。フロントのシフトチェンジはやはり奥が深い。





梅雨の中休み?は今週ずーっと続くらしい(笑)



ただ、このスプロケットを踏めるかどうかはこれから次第。トップ側をほとんど使わないってのはちょっと寂しい感じもするのだが、平地巡航でトップ側4枚はほとんど使用しないのが実情でもある。スプロケ云々の前にこれらを踏める脚を作ってみたいが、、、まぁまずはシフトチェンジと高ケイデンスが当面の課題かな。





以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事
スポンサーサイト



コンパクトクランクにクロスレシオなスプロケを



2013年06月02日 23:12

12-30Tから12-25Tへ。本当はもっとクロスレシオでもいいかと思ったけど、とりあえずは12-25Tの比較的オーソドックスなタイプへカセットスプロケットを換装。CS-5700、今まではtiagraグレードのCS-4600だったからちょっとグレードアップしつつ換装完了。




恒例の重量測定、実質80gの軽量化に成功





「コンパクトクランクにクロスレシオなスプロケットってどうなんだろうね?」


完成車はコンパクトクランク(50-34T)でリアは12-30Tという比較的、、、と言うかかなり初心者向けのセッティング。これも最近の流れなんだろうか?回しやすいと言えばそれまでなんだけど、どうも私の走るフィールドでは27Tはおろか、30Tも必要性が感じられない。ギアをうまく使えてないだけかも知れないけれど、100km走っても累計標高がわずかに10メートルなんていうド平地、さらに普段は江戸川・荒川中心のアクティビティだとワイドレシオなスプロケットだとどうも使い勝手が悪く感じてきた。平地、サイクリングロード、向かい風、、、クロスバイクの時なんか12-23Tというカセットスプロケットで十分だったし(CS-HG-8 12-31Tに換装)、余った12-30Tはそういうライドの時に付け替えるなんて使い方も出来るだろうし、とりあえず12-25Tに変えてみたというわけだ。こういったド平地なら回しやすいコンパクトクランクに細かいギアチェンジが出来るクロスレシオなスプロケがきっと合っている。特に向かい風はチェーンラインをなるべくずらさず、少しでも負荷を減らしてクルクル回すのが私的には効果的だと思っている。





このスパイダーアームがアルミなんでちょっと軽量化出来てるらしい




今回はショップに行って突然買った。ギアの構成だけで選ぶなら隣にあったtiagraでも良かったんだけど、値段もあまり変わらないし、さりとてアルテグラまではきっと必要ないし、普通に105グレードのCS-5700としてみた。tiagraと105の違い?写真じゃ分かりずらいかも知れないけれど、軸から歯車を止めているスパイダーアームde
21-23-25が連結されている。5700系から上位グレードと同じような構造になったようだ。グレードの差はそのまんま重量差に現れる。まぁこれで早くなる訳ではないのだが、一応tiagraはツーリング、105はレースって住み分けになっていて、前者はケイデンス70-80rpm、後者は80-90rpmで回す事を基本に設計されているらしい。





で、さっそく換装して走りを確かめる



12-13-14-15-16-17-19-21-23-25が今回のギア構成。11-25Tと悩んだのだが11Tなのか16Tなのか?という事になるのだが、私は11Tを踏める脚が全くないので選択としては12-25Tを選んでみた。

12-30Tだとインナーを使う事が少なくなってしまっていた。チェーンがクロウス(交差)する事があってもインナーに入れるって事が少なかったように感じる。これってあまり良い事ではなく、フロントをうまく使えてない事の証明でもあるだろう。この間膝が痛いだの、ポジションが悪いなど、色々言ってはいたものの、結局はシチュエーションに合わせたギアチェンジだって怪しいし、トルクが無いのは元々なのでやはりケイデンス重視なペダリングこそが自分にとっての目指すべき道なんだろうという方向性を考えてみた。





透き通るような青い空




今日は本当にいい天気だった。風がやや強いものの向かい風の江戸川でペダリングを確かめる。時間も結構あったので江戸川をノンストップで30km、確かめるようにペダリングの確認作業。本日に関しては意識的にシフトチェンジをしてしまうから効果のほどは分からないけれど、小まめなシフトチェンジはやはり気持ちいい。速度を一定に25km/hくらいに固定してシフトチェンジで風をかわす。普段よりもかなりの回数のシフトチェンジを繰り返した。こりゃちょっと慣れるまで大変かな?そして大きい歯車が無くなった分だけ緩くはペダルを回せない、12-25Tに慣れる練習はある程度必要そうだ。

さてさてクロスレシオ化が吉と出るか、凶と出るか、でもトルク走法がニガテな私はケイデンスを重視する道がきっと合っていると思う。日々のジテツウでまた練習だな。







以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事