HGチェーンの違い? 50 vs 70 vs 91



2012年08月19日 22:01

8速用チェーンの選択肢としてはシマノだと50,70,91の三種類。少ない選択肢の中で50と91の違いは一目両全なのだが、70の位置付けがイマイチ分からん。




って事で新しいチェーンは70で。



50は全体的にブラックな仕上げでノーマルなグレード。91はアウターリンクはギラギラのシルバーで、インナーリンクはグレーな仕上げ。91を使って7000kmほど走ったのだが、特に走行中のトラブルは無かったもののインナーリンク側に錆びが浮いてくる事しばしば。アウターリンク側は流石にニッケルメッキ仕上げって事もあり、錆びが出てくる事もなく磨けばギラギラなシルバーを保つ事も出来た。ただ走りに関してはあまり違いを感じられる事も無く、実質的には素材の耐久性に違いがあるのだろうと自分なりには結論付けた。


では70って?


全体的にはグレー仕上げなチェーンであるが、アウターリンクは91と同じくニッケルメッキ仕上げ。ただしカラーはグレー。ギラギラなシルバーなチェーンとは違いモッサリ感は否めないけど、インナーリンクが同じグレー仕上げだとすれば91と70の違いはアウターリンクのカラーだけ?な気がしない訳でも無い。プレスポの場合、足回りはブラック系パーツである事を考えると70のグレーでニッケルメッキ仕上げの方がいいのかも知れない。まぁあくまでカラーの違いなら、個人の好みになるわけだが。




四の五の言わずにチェーン交換



向かって左の写真、上が新品70で、下が7000km使用後の91である。チェーンを付けた状態では計測出来なかったチェーンの伸びも新品と比べるて半コマ程度の伸びが見られた。ノギスで計ると6.8mm、総リンク数は109リンク(ミッシングリンク1リンクを足すと全長110リンク)だと0.49%と言う結果で交換の目安である0.5%にほぼ一致。寿命の1%まではまだ余裕はあるものの、交換で良いと言う診断とした。




油抜き、チェーンは109リンクでカット



チェーンに着いてる最初の油は防錆用のオイルなので、ディグリーザーでしっかり落とす。チェーンの長さは一番簡単なのは元のチェーンと同じリンク数ならば問題無いはず。アウタートップでリアディレーラが垂直になる位置が正しいチェーンの長さである。

チェーンの交換もミッシングリンクがあればほとんど苦にならず。ミッシングリンク自体の寿命がどれくらいかはまた別の機会にするとして、今回はそのまま装着。なので付属のコネクトピンはそのままサドルバッグでエマージェンシーパーツとなる。いざチェーンが切れた時用の。

最後はチェーンオイルを塗布し、リアディレーラを少々調整して完了。本当はスプロケも同時交換が望ましいらしいが、まだまだ使えそうなので今回はパス。23Tのスプロケにまだ不満も無し。




CN-HG70へ換装完了。



グレー仕上げな雰囲気はまたギラギラとは違った落ちついた趣きもあり。91との違いはアウターリンクのカラーだけとの自己評価は合っているんだろうか。しばらく走りながら検証してみる。




以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事
スポンサーサイト



チェーンを「浅漬け」してみる



2012年03月26日 13:03

ようやくポカポカ陽気が続くようになった今日この頃、懸案事項だったチェーンメンテナンスをすべく久々にメンテナンス(汗)。こんなものを懸案事項にするなと何度も心に言い聞かせてからようやく重い腰を上げる事にした。


スプロケ汚れ
油汚れが激しいチェーン・スプロケまわり



 ミッシングリンクを付けてはいるのだが、イザとなるとこの油汚れに自分自身が引いてしまってなかなか手が付けられないのが本心なところ。私のプレスポは屋外保管なので汚れに無頓着なのがよくない事なのだが、やはりこうやって改めて見てみると触るのが恐ろしいほどの汚れっぷり。オイルは一時ドライタイプに変えてみたものの、注油が面倒でウェットに戻しているのだが、やはり耐久性は高いものの汚れを拾うのは致し方ないか。

 そしてもう一つの目的はチェーンの状態の観察を。現在のチェーンであるCN-HG91へ交換したのが約1年前で、走行距離は約5000~6000kmといったところ。そろそろ交換の時期でもあるし、表面はいいとしてもインナーリンク側のサビが少々気になってきた。きれいにしたチェーンのピッチを測ってみる事にしよう。



チェーン汚れ プーリー汚れ
チェーンを外したらプーリーも気になったのでバラした



 チェーンもひどいが、プーリーもひどい(苦笑)。そんなにメンテしてなかったっけ?と思いつつもバラしてパークリを豪快に噴きかけてみると真っ黒な残液が。。。プーリーは歯に油汚れがこびりついて取れないのでひとつひとつ丁寧に拭きとった。プーリーって樹脂製のパーツだけどこれはいつ交換するんだろうか。交換したらいいことがあるのかな。スプロケも外すかと思ったが、それほどでも無いのでセームでピカピカに磨いて終了とした。
 ちなみにチェーンの汚れもパークリを吹くだけでは落ちそうも無いので、ペットボトルに入れてパークリを入れてシャカシャカ。これも定番な方法であるか。



チェーン浅漬
そしてチェーンを浅漬け中



 きれいになったチェーンはセームでさらに磨きをかけて、感想させたところでジップロックに入れてからオイルを塗布。きっちりジップした後に手でモミモミしてからしばらく放置。まさにチェーンの浅漬け、この方法は同じく自転車ブロガーさんに教えてもらったのだが、無駄なオイルを使用しなくてもいいだけでなく浸透力が非常に強い。一コマづつオイルを塗布してゆくのが王道ではあるものの、不精な私はこんな方法でオイルを塗布している。意外とオススメな方法なのでぜひ試して欲しい。



スプロケ完了
完了、ピカピカ♪



 チェーンの浅漬けはだいたい20分くらいで完了する。その間にプーリーをグリスアップして元通りに組み直しながら、スプロケやクランク周りを綿棒でクリクリしながら汚れを落としてゆく。浅漬けが完了するにはちょうど良い時間。ジップロックからチェーンを取り出す際にはヌルヌルなのでなかなかミッシングリンクが取り付けずらいのだが、慣れてくるとカチっとハマる。最後は空転させながら余分なオイルをセームで拭き取りながら完了となる。残った油は汚れの原因となるので手で触れるようになるくらいまでオイルを拭きとるように。



IMG_1682.jpg



 最後にピッチを測ってみると10リンクで127~128mmだからそんなに伸びは無いように思えるのだが、本来は専用のツールを使わないと分からないか。ちなみにピッチは1リンクで12.7mmが規格であり、1%でアウトらいいから1.27mmののびでダメって事になる。さて伸びを正確に図るにはミリ単位の計測が必要って訳なんでメジャーで測定するには無理があるかな。走行距離で見るのがいいのか、伸びで見るのがいいのか、チェーンの交換時期を読み取るのはなかなか難儀ではあるか。



ソメイヨシノ蕾2012
そろそろ水元公園のソメイヨシノも蕾がパンパンだね[Instagram]







以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事

チェーンの錆び



2011年08月03日 19:15

雨続きな最近の天気、大丈夫と思ってもいきなりの大雨、、、


IMGP1640.jpg
チェーンのさびを発見!


 私の全天候型はまだまだ未完成ではあるものの、今年は雨天走行も実行している。朝から雨ならジテツウ中止というマイルールは変わらないものの、帰りに少々の雨ならばジテツウ敢行。それが災いしてか写真の通りチェーンに錆びが浮いてきた。全周ではないものの、なぜかミッシングリンクまわりのリンクのみ。これって何か理由があるのかな?
 雨天走行後はすぐに水洗い+注油を心がけている。雨の中を修行僧のようにひたすらペダルを回すのはキライじゃないものの、事後処理が確かに面倒だ。それがジテツウともなればルーティンな作業となる訳で、雨天走行を避けたい一つの理由にもなっている。それとウチのプレスポは原則室外保管な訳で、一応屋根は付いているが最近のゲリラっぽい横殴りの雨では水しぶきが知らず知らずかかってしまったりもしていたんだろう。そしてオイルをドライに変えた事も原因の一つなんではないだろうか。
 色々と思い当たる節があるのが痛いが、何にせよこれ以上さびが広がらないように処置をしなきゃいかん。でも気になるのはミッシングリンク付近のみって事。それぞれの素材どうしの相性なのか・・・?ミッシングリンクそのものは錆びが全くなく、shimano CN-HG91側のみ錆びが浮いている。そしてCN-HG91側はインナーリンクのみ腐食が進行している。そもそもメッキ加工はアウターリンクだけだもんな。
 
 どちらにしても、まずはシャカシャカ油を落として再度注油。錆びは錆びなんで表面だけは黒ずんで何とか見れるようになった。チェーンの交換から約3カ月、走行距離はいっても1500km程度なのでまだ寿命にはしたくないのだが、ダメなら交換しようと思う。ただしその前に何が原因なのかを突き止めなければ。環境的な雨という点に関してはきっと変わらないので、チェーンオイルを一度wetに戻してみる。wetだとどうしても汚れが目立つのでどうかなってのと、他に何かいいオイルがあればそれも検討してみようかと思う。ミッシングリンクとCN-HG91の異種間腐食についてはまだ何とも言えないので、これは今後の検討課題としてみよう。明らかにミッシングリンクだけがピカピカなのが腑に落ちないだよね。。。


IMGP1634.jpg
江戸川CRは水も引き、青空が戻ってきた




by カエレバ





以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事