へぇ、傷って消毒しない方が治りが早いんだ。



2011年09月07日 13:55

 先日の立ちごけの負傷が案外重症だったのが判明中。プレスポもそうだけど、右ひざの創傷が案外深く処置が必要な状態となっている。特に夏場は化膿すると大変な事になるもんで、しっかりと治療するまで自転車はお休み。先日の記事で洗って消毒して乾かしておけばOKみたいな事を書いてしまったのが、これは最近の見地とは少々違うらしい。お風呂上がりにさっそく傷口をイソジンで消毒しようとしていたら、ナースであるウチのお嫁さんから「そうではない!」と怒られてしまった。彼女曰く「最近は傷口をむやみに消毒しない方が治りが早いのよ」との事。へぇそうなんだ、時代は変わったもんだね。


※それぞれ症状が違うと思いますので、まずは病院へ行く事をお勧めします。


従来の方法、、、と言うか一般的には、、、


①傷を消毒して、

②ガーゼを当てて保護して、

③かさぶたが出来たら治ってきた証拠、


 みたいな方法が普通であり、小さいころなんかアカチンでも付けて放っておけとよく言われたもの。しかしながら消毒すれば痛いし、ガーゼや絆創膏が傷口にくっついて剥がす時に痛いし、かさぶたは剥がれるとまた最初からやり直し。こんな経験皆さんありませんか??夏場なんかはこれを何度も繰り返すと化膿したりして、治りが悪く最悪熱が出てしまったりする。


で、最近はと言えば、、、

①水道水で水洗いだけでよい(消毒は厳禁)

②傷を覆って乾燥させない(ガーゼは使わない)

③かさぶたは作らない

④膿は水で洗い流し、または密封する、を繰り変えす


 と言う事らしい。本当にこれいいんだろうかと思いつつ、確かに無知な私が教科書をひっぱりだしてきて見てみればそのように書いてある。もちろん病院に受診する事が一番だと思うが、擦り傷程度で病院に行くのも少々気遅れするところ。消毒厳禁なのはバイキンだけでなく皮膚を再生する細胞をも殺してしまうこと、乾燥させなければガーゼや絆創膏にくっつく心配もないので処置時に毎回痛みを伴う事もない。それに乾燥させなけばかさぶたも出来ないので皮膚の再生が早くなる。問題は密封すると言う事だろうか。専用のそういった医療材料もあるそうだが、透湿性の高いもので保護するのが正しいらしい。身近なものだとサランラップだそうだ。この方法を「湿潤療法」と言うらしい。家庭で出来る方法が詳しくまとめられているsiteがあったのでリンクを貼っておこう。


家庭でできるすりむき傷,裂傷,熱傷の治療 -皮膚外傷のラップ療法-


 うーむ、水洗いしてワセリン塗って、サランラップかぁ。ずいぶんワイルドでサバイバルな方法だけど試してみるかー。と思いごそごそ準備にとりかかると再度お嫁さん登場、市販でもそういった保護材(湿潤環境創傷被覆材)が販売しているらしく、こんなものを貼ってくれた。

by カエレバ


※使用方法はメーカーサイトでしっかりとご確認下さい。2歳以下はダメ。


 ほぅ、なるほどと関心しつつ、傷を洗ってこいつを貼っておけば数日後にはピンクの薄皮になって傷が完治するらしい。貼っていると浸出液が出てきて何となく違和感があるのだが、それが傷口と保護材をくっつけずに治りを早くしてくれるらしい。そのままお風呂にも入れるので、痛みを伴う事もない。翌朝、浸出液がたっぷりしてきたので、交換してみたのだがテープを剥がすには痛いものの、傷口は保護材とくっついていないのでスムーズに交換が出来た。なるほどなるほど、これは便利かも知れない。本日現在すでに薄皮が出来てきているようなので、明日にはもう処置がいらなくなるかも知れない。この程度の軽傷ならばこの方法で問題ないだろう。これも周囲が赤くなってきたり、熱を持ったり、膿みたいなものが認められる場合はすみやかに病院へ受診する事が大切らしいので、まだまだ予断を許さない。ただ消毒しない方がいいってのは驚きだね。まずは立ちごけや落車しない事が大事だろうと思われるが、ケガはやっぱりつきものなので、こういった方法も知っておいた方が良さそうだね。




 



以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事
スポンサーサイト



またまた立ちゴケ、そしてリア・ディレーラーが、、、



2011年09月06日 10:20

天気予報は微妙だったけれど、ジテツウ敢行。青空が気持ちいい。


江戸川CR20110905
台風一過とはいかなかったけど、、、



 台風12号の爪後が江戸川CRにも残しつつ、増水し濁流と化した江戸川を眺めながらサイクリングロードを進んでゆく。BB交換後のジテツウでしっかりと感触を確かめるのだが、あまり実感する事も少ないかな。そのうち慣れてくると気付く事もあるのかも知れない。それにしても今日の江戸川は今年一番の増水具合。


江戸川増水20110905
増水した江戸川、サイクリングロードの側まで増水中



 流山橋たもとのアンダーパスは増水した水がサイクリングロードをかすめるように溢れかえる。ここは昔からなのだが、橋を超えたすぐ先はサイクリングロードごと水没しているので進めない。本来はこの木の先が江戸川なのだが、、、それにしても恐ろしい。


ここでトラブル。と言うか自業自得で立ちゴケる。

 流山橋を上り、増水した江戸川をもう少し見ようと寄り道。Uターンした瞬間にそのまま右から立ちゴケ。左足はクリートから外していたのだが、やってはいけない右立ちゴケをしてしまった。それにしても立ちゴケ頻度が高い私。今回のはけっこう激しく右から倒れた。回りに誰もいなかったのが良かったくらい。右のハンドルから落ちたらしくエンドバーのキャップ(ハンドル側ではなくバー側)が2つ、サイコン、ジェントスがはじけ飛び、右のヒザを負傷。身体は右ヒザから落ちたようだ。恥ずかしさが先に出て、慌てて散らばったパーツを拾い集めそのままくっつけて走りだすも右ヒザからの出血がヒドイ。朝から立ちゴケなんてついてない月曜日だこと、、、会社まではあと2.5kmくらいなのでそのまま出社。会社についてから自ら手当、こういった傷は深くなければ水洗いしてイソジンで消毒して乾かしておくほうが治りが早い。

 一日じゅう右ヒザとの痛みと闘いつつ、復路のジテツウでプレスポの調子が悪い事に気付いた。リアの変速が渋く異音が発生。止まって確認しローまで落とすとスポークに干渉することが判明。ライトで照らすとリアディレーラーの塗装がはがれている。そうか、、、リア・ディレーラーも負傷してたのか。ヒザの傷は治るとしてもどちらかと言うとリアディレーラーの方が重傷っぽい。幸いにも2速より上は問題なさそうなのでロー(まぁ普段も使わないが)には入れず何とか小雨降る中自宅にたどり着く。



傷リアメカ リアスポーク干渉
負傷したリア・ディレーラ



 明るいところでリア・ディレーラーを確認。1速時にスポークへ干渉してしまっていて全体的に内側へ偏ってる印象。とりあえずアジャスタボルトで調整するもダメ、調整ネジ(L側)を緩めてみても現象は変わらない。いろいろグーグル先生に聞いてみると、リア・ディレーラハンガー?エンド?なるパーツが曲がっていないか?との回答だったのでこれをバラして見る。そう言えばリア・ディレーラを外すのは初めてかも?とりあえず外してみたパーツはこれ。


プレスポハンガー
プレスポのリア・ディレーラハンガー(エンド)



 案外キレイだが、よーく見てみると微妙に曲がってるかも。これを交換するの?いやいやこのパーツは車体ごとに形が違うようで、それぞれのお店に問い合わせるらしい。プレスポのハンガーってあるのかな、、、ジャンクパーツなんかで見つけないとダメなのかな、、、

 ディレーラハンガーの修理は出来ないらしい。クロモリなら修理工具があるそうだが、カーボンやアルミなどは修理出来ないようだ。プレスポの場合は5mmアーレンキーでビスを外すだけだったが、パーツ入手が困難な分だけネジをなめないようにしなければならないらしい。ハンガーが曲がっているとディレーラの調整が出来ないばかりか、このまま放置しているとハンガー自体が走行中に折れてしまうなどのトラブルも発生する。そもそもこのパーツは万が一ディレーラーに負荷がかかった場合にフレーム破損などを防ぐ事を目的とされており、これが折れる事でその他のパーツを守る役割があるようだ。なのでプレスポのハンガーはアルミ製で結構軟い感じがした。ちょっとだけハンマーで叩いて治せるかとも思ったのだが、ハンガーに傷が付くだけなので途中で止めた。

 
 あればいいのだが、とりあえずあさひに交換パーツがあるかどうか問い合わせしてみよう。パーツ類を戻したプレスポは一応のところ変速出来ている。1速に入れるとスポークとやはり干渉するのだが、ちょっとだけ手でぐいっと引っ張ってみたら干渉は無くなった(汗)。これでいいのだろうか?いやダメだろうな。BB交換が終わったのでそろそろライドを、、、と考えていた矢先のトラブル。さてこれも乗り越える事が出来るんだろうか。








以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事

一人荒川サイクリングロードポタ、そしてまた立ちゴケ。



2011年05月28日 00:48

 休日にポタポタするのは久しぶり。というよりもジテツウより長い距離を走るのは久しぶりという体たらく。数えてみると2月以来だからってんだから、やはり地震にかまかけてサボリ過ぎかも知れない。とは言っても忙しかったのも確かなのだが、、、


IMGP0628.jpg
今日は四ツ木橋から荒川CRを溯上してみる



 先日"彩湖ゆるポタ"に参加出来なかった事も残念だったのだが、よくよく考えてみると荒川を北上した事が無い事が判明。レストランさくらも彩湖も行った事が無い。江戸川CRは全周達成しているのだが、荒川はまだまだ未開の地。しかも自宅から5~6kmと言うロケーションなのだから、荒川CRを攻めてみるのはアリなのかも知れない。

 と思いながら四ツ木橋手前の小道からスカイツリーが見えたので、めだか橋を背景に写真を撮ろうとした瞬間に右脚が外れず半分くらい諦めながら立ちゴケ(涙)。やはり乗り続けないとこういったテクニックも元に戻ってゆくんだろうか。側で見ていたオバちゃんからは「道路が悪い」と慰められたりして、、、右膝から落ちたらしく膝小僧が擦り剥けていた。まぁ大丈夫。

 ちょいとイヤな予感もあったのだが、このまま荒川CRへ四ツ木橋からドロップイン。追い風基調なコンディションでペダルがくるくる回る。あっと言う間にレストランさくらに到着。


IMGP0630.jpg
これは菜の花?鞘がついてる黄色い花



 ちょっとだけ休憩して先を急ぐ。結局のところタイムリミットがあるために長い距離は望めそうには無い。出来れば彩湖まで行きたいところだが、時間を見ながら途中引き返す事も含めて行ってみる。それにしても荒川はアップダウンが激しいし、未舗装区間も多い。そして先に進めない区間もあったり、車止めに阻まれたり。荒川を走る時は左岸側の方がいいのかな?もう少し研究した方が良さそうだ。埼玉県に入るところで道に迷いタイムロス。

 それにしても追い風基調は気持ちがいい。自分が少し早くなったような気がしてくる。これはこれで悪いクセ。なぜなら帰りは向かい風だってことの計算を忘れてしまう。道に迷った分だけ時間が足りなくなったので、彩湖直前で引き返す。まぁ楽しみは今度に取っておこう。

 帰り道はもちろん向かい風。ぜんぜんペダルが回らない。追い風フィルタはなるべくかけない方が良い、帰り道の計算が少々狂ってしまう。それにしても荒川は水門が多いな。


IMGP0632.jpg
つつじが咲き誇る



 何とか時間内に戻る事が出来そうなので、帰りはレストランさくらで一休憩。アイスにしようかと思ったが、気温もそんなに高くないんで自販機で補給。するとさすがレストランさくら、自転車乗り向けに探していたドリンクをここで発見。


IMGP0633.jpg
ビタミンウォーターのペットボトルはメンテに使える



 口の広さがチェーンメンテをする際にちょうど良いため密かに絶賛されているドリンク。味はまぁまぁ、喉が渇いていたので分からず。一気に飲み干してゲージに保管。その後はのんびりポタポタしながら帰宅してちょうど往復60kmくらい。大した距離ではないのだが、震災以降狂ったリズムをもう一度取り戻すにはちょうど良いし、情けない事にこれだけでお尻が痛くなった。お尻がとんでもなく痛い訳ではないのだが、そのうち腰が痛くなって、最終的には膝が耐えられないほど痛みだす。もしかしたらお尻の痛みを改善する事が出来れば膝の痛みも改善するかも知れない。そしてサボッた分はまた一からやり直しかも知れないな~。まぁゆっくりのんびりもう一度最初からやってみる事にするか。





以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事