相方にビンディングシューズを勧めてみる



2015年07月17日 21:50

台風が過ぎ去った空には高い雲。夕暮れ時にはセミが鳴いてた。心なしかカラッと軽めな風が涼しくて心地よい。この嵐が去ったらいよいよ梅雨明け宣言が出るであろう。





会社の窓から江戸川を眺めてみる





梅雨の間にお休みしたツケは大きい。まぁある意味自分の自転車ライフを見つめなおした良い時間だったのだが、変わって体重計はヤバい数値を叩きだす。なんだかんだ言っても、ペダルを回す事で保たれていたのが良く分かった。暑さへの耐性もそうだが、何よりも体重を落とさないと三陸の山々は攻略出来ない。

そうそう、ツールド東北2015まであと二カ月。自分以上に走れていない相方の方が気になるところであるが、三連休はちと頑張ってみようかと思う。合わせて相方はビンディングシューズをそろそろ導入しないと。流石にフラペであの坂を登らせるのは忍びない。SPDならペダルもあるし、最初だからシューズだけでいいかな?連休中に御茶ノ水に出来た某レディースものショップにでも行ってみるか。

さて、いよいよ梅雨明け。色々あった梅雨時だけど、結果的には例年通りのスケジュール。自分の自転車ライフも梅雨明けこら本格再始動と言う事で。まずは暑さに慣れるところから再開してみるか。



SHIMANO(シマノ) PD-M520 [EPDM520L] 両面SPDペダル ブラック
by カエレバ





以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事
スポンサーサイト

なんて事のない…衝動買い(笑)



2013年04月08日 19:36

KS活動の隙間をぬってY's Roadを見学中。やっぱりブラっと自転車屋さんに立ち入るのは危険過ぎるか?




両面SPDペダルなんぞを、、、




いや、、、本当は欲しいペダルはこれじゃなかったんだけど、私のシューズがSPDのみの対応だったのでSL化とか、TIMEなんかのペダルに換装するのはシューズ含めて結構な労力を要するし、今の片面SPDがダメになった訳でも不満がある訳でもなく、、、強いて言うならばクロスからビンディングペダルを取っ払ってしまったので、新しいペダルはそれはそれで欲しかったのだけど、、、(苦笑)。

SPDでもPD-A600とか、ロードバイク用の軽量ペダルはある訳で、、、、でもそういった事を考えれば考えるほど、TIMEとかのペダルも検討したくなったり。私が負けた理由は春のワゴンセール??通路に無造作に置かれたダンボールの中からシマノパーツを発見。見ればコスパ最高なPD-M520じゃないかい。しかも評判のコスパがさらにお買い得価格になってるし、、、





トレックはPD-M520にして、プレスポはPD-A530という事で




もともろマウンテンバイクシリーズの両面SPDペダル。軽い訳もなく、パワー伝達が優れている訳でもない。言うならば入門編的SPDペダル。ロードバイクでも付けている人はちらほら。耐久性とコスパに優れるグレードと言うところであろうか。今回は悩んで店員さんにもリサーチして無難なブラックにしてみたが、ホワイトとシルバーのラインナップも存在する。ホワイトのペダルも魅力的だったんだけど、最終的には足回りは黒の方針を変えずブラックにしてみた。





で、取り付けの前に軽量それぞれ軽量してみた




まぁ重さが変わらないってのが良い。そして一番の変化は両面って事。私みたいな街乗り中心のホビーサイクリストにとってキャッチのストレスが少なくなるのは期待出来るところ。実際まだ分からないけど、ロードバイクにノーマルシューズで乗るシチュエーションが無い事も今回背中が押された理由でもある。両面だとやはり剛性が低いとか、重いとか、やはりデメリットが多いのも事実らしい。





で、さっそくPD-M520を装着




ペダルの交換方法は熟れた感じになってきて、サクっと交換完了。右ペダルは逆ネジなのだけ覚えておけば大丈夫。ペダルレンチがあるので私はそれを使っているが、8mmアーレンキーで装着する事が出来る。専用工具は必要ないようだが、トルクが35-55N・mという高トルクなのでペダルレンチがあった方が交換は容易だと思われる。交換の方法はクロスバイク時代のものだけど、過去の記事を参考までに。

今回、せっかくなのでペダルレンチは外す時だけ使って、締め付けは8mmのヘキサビットとデジタルトルクアダプタでトルクを合わせてみた。きっちりトルク管理が出来ると交換も楽しくなる。立ちごけは怖いのでバネ力のアジャスタボルトは相変わらず(-)へめいいっぱいで設定してみた。


さてさてさっそく走り出し。キャッチするたびにどちら側かを確認する必要が無くなるだけで、かなりストレスが軽減出来たように感じる。見た目も片面SPDよりもよりロードバイクっぽいシルエットになってきた。パワーの伝達だとかはやはり長い距離を乗らないと分からないだろうか。まぁ真のペダル選びの旅はこれからが始まり。この衝動買いが吉と出るか、凶と出るかは今後のお楽しみと言う事で。



by カエレバ





以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事