サイクルジャージに想いを馳せる



2013年06月13日 23:11

今日も雨。ようやく梅雨らしくなってきたのだが、これも関東地方だけらしく、水不足が懸念されるような地域もあるようだ。

雨と言えば物欲(笑)。ん?私だけか?もちろん高価なものはすぐに手が出ない実情はあるものの、ついつい欲しいものを考える始末。そうそう、最近はアパレルなどんどん欲しくなるのだが、懸案なのがサイクルジャージ。ピチピチハデハデジャージへの欲求はあるものの、特別好きなブランドがある訳でもなく、サイクルレースにも疎いので、どんなのが欲しいのかさえ悩む始末。もちろん素材とか機能性も大切なんだろうけど、やっぱりウェアは見た目も大事。レーパンはそれなりの夏冬それぞれ数は揃ってきたのだが、ジャージは半袖一枚しか持ってない。好きなものを買えばいいのだが、その好きなのがなかなか見つからないのが自分にとって痛いところ。チームジャージに憧れはあるものの、きっとチームのアクティビティには存分に参加出来そうも無いので、まだまだ自分にとっては憧れが続くのであろうか。





Bicycle Lineというイタリアブランド




とりあえず雨なので買い物ついでにY'sROADを物色しながらジャージをマジマジと。パールイズミのジャージはやっぱり触り心地もよろしくて、有名ブランドに惹かれるも、グレード的に下のものはやっぱりデザイン的に気に食わない。クラフトのレディオジャック・レオパードはやっぱりトレックしかもレオパードカラーに乗るものとしては魅力的。これなら意味を持たせる事も出来るのだが、まだ今の自分には早いんだろうと言い聞かせつつ、パールイズミのファーストジャージで妥協しかけたりもしたのだが、セール品にあった型落ちのジャージを発見。うむ、デザイン的にはなかなか普通でいいのでは無いだろうか?





前から、後ろから。




どうせ拘りが無いなら安い方が良い。ハデハデしいだけでコンセプトからズレるのは自分としては嫌だ。誰に見られる訳ではないのだが、自分はちょっと小心者なので、これくらい控えめな程度が一番だ。型落ちなので4割引き、サイズは問答無用のSサイズ。

しかしこのBicycle Lineというイタリヤブランド、Y'sROADの独占輸入ブランドで日本国内ではこの大手チェーン店でしか手に入らない。って事は実質Y'sブランドって事になるのだろうか。イタリアらしいデザイン性と機能性、そしてコストパフォーマンスが一応の特徴らしい。ハーフジップ、裾には滑り止め、3つバックポケット、リフレクト機能、実際に試着してみると意外とピタピタ。これはイタモノだからか?と思いつつ海外製だからもう少しサイズはゆったりかと思ったけど、サイズ表記は日本人のそれとあまり変わらないようだ。

とりあえず物欲は割安なジャージを手にいれた事で落ち着いた。なんと細やかな欲望だろうか。いつかは派手なジャージに身を包んでさっそうと走り抜けたい気持ちはあるものの、今の自分にはこれくらいがちょうど良い。さてあすは晴れるかな?ジャージのインプレッションは走ってからレビューする事にしよう。




以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事
スポンサーサイト



12-23T



2011年06月25日 22:42

 8速用カセットスプロケットって店頭在庫はほとんどないのね。。。虚脱気味に色々お店を回ってみたものの、"お取り寄せ"の御返答ばかり。結局レイクタウンの○'s Roadでサイクルジャージを買ってご満悦。ちなみにレーパンはまだ買っていない。


IMGP1436.jpg
○'s RoadのPB品らしいが、シンプルでなかなかよろしい



 何となくグデグデな休日を過ごしつつ、もう何件か回ってみたものの9速用などは見かけるものの、8速用はやはり重要が少ないせいかなかなか無い。やはり本気でこの辺りを考えようとするならばディレーラーやチェーンも含めて9速化を考えた方が選択肢が広がるのかなと思いつつ、しょうがないのでいつも通りポチる事にして家路につく。こういったパーツ類はきっとネットショッピングの拡大で便利になったんだろうな。


で、結局カセットスプロケットはCS-HG50-8(sora)の12-23Tをセレクトしてみた。

シマノ/CS-HG50-8
by カエレバ




 なんだかんだ言っても普段使いと言えばジテツウの江戸川CRオンリーな最近の私。坂への願望があるとは言え、初めてのスプロケ換装は実用性を選んでみる。実際にポン付けでいけるかどうかは定かではないものの、チェーンはこの前変えたばかりだし、何とかなるかなと安易に考えこういう設定を考えてみた。

 歯数は12-13-14-15-17-19-21-23で、懸案の23→20→17の変速は軽減出来るし、ハイ側の調整を細かくすることで負担が減ればと考えている。12-21Tも考えたが、いきなりのクロスレシオ化は少々不安だし、12-25T、11-28Tは変化が少なくなりそうで、結局中間的な歯数をセレクトする事とした。ちなみにカタログ的には368g→278gと約90g軽量化する事も出来るらしい。

 このクラスのスプロケは案外安価なため、失敗は恐れずにやってみる事にしよう。kanokaさんからはグリーンラインのお誘いがあったものの、坂付きのライドが未経験な私はこれがどういう事なのかは良く分かっていないのも事実。まぁ無理そうならば28Tとか30Tとかに換装すれば良いかとドーンと構えてみる。何事も実験は必要か。


 きっと店頭在庫なんかの様子を見る限りは、到着はだいぶ先になる事だろう。それまで他のメンテもやってみる事にするか。何気にスプロケの分解・洗浄は異音は消えるし、走りも軽いし、やって損は無かった(と言うか普段からやるべき)と思っている。BB辺りはどうなんだろうな。。。また40N/mとか困難なトルクが書いてあるし。トルクレンチも必要なのかな。。。まぁ出来る限りやってみるとするか。




以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事