カワセミ・ハンターと秋の空



2011年10月04日 11:59

この秋一番の冷え込み?!晴れている分だけ暖かさを感じるし小春日和と言うにはまだ早い。我々としたら自転車日和とでも言った方が納得出来る秋の一日。


水元公園
原点に戻って水元公園をのんびりポタリング



 少々時間があるので、水元公園までのんびりポタリング。ノーマルシューズ、そしてヘルメットもグローブも装着しない。ビンディングペダルに慣れ過ぎているとペダリングがぎこちないのが良く分かる。たまにはこんな日があってもいいと思う今日このごろ。もう一度自転車生活を始めるきっかけになった水元公園をゆーっくり流す。目的は、、、無いが、カメラを持って秋でも探しに行ってみよう。

 平日の午前中、水元公園はのんびりな雰囲気があちこちに漂う。釣り糸をたれる人、油絵を描く人、ベンチに座って日向ぼっこ。広場では園児だちが遠足かな?老夫婦もサイクリングを楽しむ。日常の慌ただしさがウソのようなゆっくりとした時間。


そんな水元公園でも一つだけ殺気を放つ場所がある。



カワセミハンター
カワセミ・ハンターの皆さま



 水元公園の一番奥、葛飾区が運営する"水元かわせみの里"という水元公園の自然を保護するための施設がる。中は水元公園に生息する生き物や植物などが分かりやすく展示されているのだが、自然の象徴としてカサワミを呼び戻そうとビオトーヴを作り念願かなってカワセミが戻ってきてくれたのだ。カワセミがやってくる水辺では毎日このようにカワセミをカメラに収めようとハンターさんたちが望遠レンズを片手にカワセミを待ちうける。


今日は本当にラッキーだった!


 このかわせみの里を折り返すのがいつものコースなのだが、"ピピッ"と鳴き声がしたかと思うとカメラがすぐさまものすごいスピードでシャッターを切りまくる音。見るとカワセミが見事水面にもぐってエサをゲット。そしてビオトーヴの枝にピタリと留まる。まるで「見て見て私きれいでしょ?」とでも言わんばかりの挑発ぶり。秋を探すつもりでカメラを持ってきていて良かったな。まぁハンターさんたちみたいな立派なものじゃなくて、光学10倍のコンデジだけど(苦笑)。


カワセミ_01
正面から、これ以上寄れない



カワセミ_02
ならばと思いサイドから、もう一歩か?!


カワセミ_03
裏手に回り何とかゲット、、、したかに思えたのだが、、、



 やはり鳥を写すのは難しい。野鳥の中でもカワセミみたいに止まり気が好きな子すらも撮るのが難しいだね。最後はバッチリと思ったのだが、前に草が写りこんでるし。。。この後"ピピっ"鳴きながらごこかへ飛んで行ってしまった。ハンターさんたちに自慢の写真を見せてもらうと、、、素晴らしいの一言。やはりにわかなカワセミ・ハンターではこれくらいが限界なんだろうか。

 ちなみに今日来た子はオスの成鳥らしい。かわせみの里にはカワセミ・ハンターさんたちが撮った写真やカワセミについての解説が細かく書いてあるし、係員さんがフィールドスコープでカワセミを見せてくれたりする。そして日に何回カワセミが飛来したかを記録していて、涼しくなったからカワセミがよく来るようになったらしい。厚い時よりもこれからの季節の方がカワセミは活動が活発になるようだ。



カワセミオスメス
オス・メスの見分け方はこんな感じで展示されている



 ん?のんびりポタリングのつもりがカワセミ・ハンティング。まぁ気分転換には十分なった。こんなサイクリングの楽しみ方もあるだろう。もちろんAve=15.0km/hで、走行距離は20km程度。のんびりのんびり秋を探すポタリングって事で。



PA040537.jpg
彼岸花はいっぱい咲いていると迫力があるねぇ






以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事
スポンサーサイト



ひさびさにポタリング。



2011年01月05日 00:27

のんびりゆっくりポタリング。はっきり言って今年の東京は温かい。


mizumoto_03.jpg
blog, twitterのメイン画像と同じ場所で定点観測。


 今日は休足日。ゆっくり時間が流れて行く年始の午前中、ひさびさに水元公園でポタリング。心拍計のトランスミッターもヘルメットも、トーストラップも本日はなしでゆっくりのんびりポタリング。かわりにポケットにはコンジデを忍ばせて、blogやtwitterで使ってる画像と同じ場所で撮影会。


 今日持ち歩いてるコンデジは、いつもと違う年末に購入したPENTAXのoptio RS1000というtypeのコンパクトデジタルカメラ。こんなに小さくても14megaの高画質で光学4倍ズームの優れモノ。自分用に購入したものではないものの、なかなか撮れるし何よりもアクセスが早い。



mizumoto_01.jpg ume.jpg
なんと"うめ"が咲いていた



 今年の冬、東京はやはり暖かいんだろう。都心に出ればまだところどころにイチョウの葉が残っているし、ここ水元公園では"うめ"の木が花を咲かせていた。少々風は強いものの、日中は日差しがあれば分厚い上着は必要ない。やはり温暖化の影響なんだろうかね。



kawasemi_01.jpg kawasemi_02.jpg
見えますか??


 ポタリングの"しめ"は水元公園の最奥にある"カワセミの里"でカワセミを見つける事。今時期はかなりの高確率でカワセミを見つける事が出来る。本日も到着から5分くらいでカワセミがつがいで飛来。オスはすぐに飛び立ってしまったが、メスはしばらく対岸側の木の枝で羽休め。望遠レンズでカワセミを狙っているセミプロの方々を横眼に必至で、コンデジでカワセミを狙ってみたのだが、後ろ姿をデジタルズームで撮影するのが精一杯。本当のカワセミはこんな感じ。


20100509カワセミ_01
ケラレがひどいが、一応カワセミをiPhoneでゲットしてみた



 キレイなカワセミブルー。ケラレがひどいのは"カワセミの里"にあった双眼鏡からiPhoneカメラで覗かせた画像だからこそ。本格的なカメラで撮ってみたいもんだね。この画像は昨年撮ったもの。



mizumoto_02.jpg




あー、早く春にならないかな。。。。



今日の記事で使ったPENTAX RS1000はこんな感じ。ポケットサイズで14メガってすごいわな。









以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事

秋の入口ポタ



2010年09月12日 22:08

delicious に追加 hatena に追加 yahoo! ブックマークに追加 google bookmarkに追加 livedoor clipに追加 Buzzurlに追加 @nifty clipに追加 newsing に追加 facebookに追加 twit this!

暑さ寒さも彼岸まで。昔の人はよく言ったもんだ。

 ようやく熱帯夜から解放された今日このごろ。吹き抜ける風が気持ち良く感じる季節になってきた。2010年秋のお彼岸は9月23日、太陽が真東から昇って、真西に沈む日がお彼岸に指定される。お彼岸は日本独自の仏事であり、極楽浄土がある西方に思いをはせたのが始まりと言われている。もともと「彼岸」は「日願」であり、日本に限らず原始宗教にはつきものの行事である。

 そろそろ暦の上では秋の入口に差し掛かってきた。のんびり水元公園をポタっていればこんな立派なススキが咲き誇っていた。今年の中秋の名月は9月22日、今のところ晴れ確立は60%くらい。今年も満月を狙ってみるか。


ススキ水元公園_01 ススキ水元公園_02

水元公園、カワセミも飛来回数が多くなってきたよ。







以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事