ちょっと加工してカフェクリートのカバーを作ってみた



2014年10月22日 23:00

引き続き今日も雨、それも冷たい雨がしそしそと。明日も雨の予報だから、もう観念するしか無い。






で、クリートカバーが届いた





昨晩カフェクリートを交換し、何かいいアイディアは無いか?と考察。3ヶ月でダメにしたのは自分が大事にしなかったからってのが一定見えてきた。非常にありがたいコメントも頂いて、ストップ時の接地方法を見直す事にした。そう言えば、信号待ちなんかの時はサドルに座って爪先立ちってのが多かった。爪先側の消耗が激しかったのはそのせいだな。面倒くさがらず、トップチューブを跨いで待つ事にしよう。

で、もう一つ。カフェクリートを長持ちさせる度にクリートカバーを導入する事にした。ん?SHIMANOのクリートカバーじゃん?うん、そうなんだ。昨晩考察してAmazonでポチ、翌日には届くんだからいい世の中になったもんだ。カフェクリートすら入手しずらいんだから、カバーはもっと無い。SPEEDPLYのはいっぱいあるんだけどね。そんなこんなで久しぶりにDYIしてこのSHIMANOのクリートカバーをカフェクリート用に加工する事にした。このアイディアを最初に思いついた人は素晴らしいね。





ここをカットした




写真左が加工したカバー、右が手を加える前のカバー。赤い丸で囲んだ部分をクリートに合わせてカットして嵌めると、何故かSHIMANOのクリートカバーがぴったり合う。爪先に引っかかて後ろの爪にもぴったりで、嵌めるとパチンと音が鳴る。カットが下手なのは不器用なのでしょうがない。見えないところだから、まぁ良しとしよう。






こんな感じでぴったりと





なんだかんだて、歩くシチュエーションは多い。特に会社の駐輪場からロッカーまでとかはぎこちなく、またクリートにダメージを与えながら歩いているのが気になった。

問題はカバーを小まめに着けるかどうかだが…不精な自分がどこまで出来るかな。まぁクリートを少しでも長持ちさせるため、色々気を付ける事にしよう。







以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事
スポンサーサイト