クリートカバーっていいね!



2014年10月24日 22:05

雨上がり、思ったよりも寒くない。一枚多くインナーを仕込んだけれど、それは杞憂に終わる朝。景色はいっそう秋深まり、少し寂しい彩りに変わる。





桜並木も寒さに備えて葉を落とす




雨の間に仕込んだもの、新しいクリートとクリートカバー(加工品)。ちょっとズレたクリートを少しづつ調整しながら、復活した本来の剛性に舌鼓を打つ。小気味よいキャッチ音、やはり新しいものはいいね。


iCLICのクリートってこんなにヤワなんだな

ちょっと加工してカフェクリートのカバーを作ってみた


それ以上に秀逸だったのがクリートカバー。カッターで加工しながら、きっと着脱を面倒がってすぐ飽きるんじゃないかって思ったが、カバーがあるとないとじゃ心の余裕が全然違う。決して歩きやすい訳ではないのだが、ふいにズリっと擦れる不安がないのは頼もしい。気付いたのは、自分は案外爪先で歩いてたんだって事。これじゃすぐにダメになるわな。






意外にも着脱が楽なのだ





そして懸案の着脱なのだが、これが意外と楽すぎて。片手で爪先側を引っ掛けて、パチンと嵌めれば固定される。外す時も踵側のベロを引っ張れば簡単に外れる。後はポッケに閉まっておけば問題なし。さすが世界のシマノだな(笑)。

ただ写真を撮る時だけは、その瞬間が大事な訳で、それはカバー無しを許容しないと。





後は乗車時に気を付けないと




クリートは大事に使えば長持ちするハズ。何とかとクリートは優しく扱えって言う諺もある。問題はライド中の扱いで、どうも自分は停止時に爪先で接地するクセがある。このままだと発車時には爪先で蹴っぱるようになり、クリートをさらに痛める事になる。この辺り、気を付けながら乗るのもテクニックなのかな。

さて色々と縛りも増えるが、せめて半年くらいはクリートが持つといいな。クリートケアを忘れずに。そんな本当は基本技術を心にとめて、明日は久々ポタリングに出掛ける事にしよう。





以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事
スポンサーサイト



iCLICのクリートってこんなにヤワなんだな



2014年10月21日 23:55

今日も雨、明日も雨、明後日も。もうね、いい加減今年はウンザリするくらい雨が降る。しょうがないので仕事帰りにショップへ寄り道。そうなんだ、消耗品を探してるんだ。




探してたのはコレ!





なんて事はないiCLICのカフェクリート。実のところ劣化著しく交換しなきゃって思ってたんだけど、なかなか在庫が見つからない。勢い余ってMAVICへシューズを買い替えたのが7月の終わり、ついでに合わせてペダルもMAVICへ。とは言えMAVICって言うよりはiCLICに換装した。TIMEペダルのOEM、黄色いステッカーでようやくMAVICって確認出来る。インプレッションとしてはこのペダルシステムは大いに満足しているが、消耗品であるクリートがこんなに入手が難しいとは思いも寄らず。一旦ネットで発注するが、在庫なしにて待ち切れず、結果的にはペダルを買ったショップで手に入れた。TIMEじゃなくてMAVIC印のクリートね。





使用3ヶ月で限界だ。





こんなもん?元々3ヶ月くらいって聞いていたけど、3ヶ月毎にクリート交換はかなり面倒だ。こんな状態だけどまだキャッチは出来る、けれど坂道でトルクをかけるとすっぽ抜けるし、何よりツルツル滑るすべる。まぁ限界なんだろう、と言う事で本日無事交換。原型が最早どんなのだかも分からんくらい。爪先側のツメが全く無いのが良く分かる。






比べてみた…




うーむ、なんかもっと消耗させない方法は無いのだろうか。ペダルと接続する部分じゃないって事は歩行時な訳で、クリートカバーでも付けてみるか?しかしながらiCLICっのパーツって見つけにくいんだよね。さてどうするか?何かいい方法ご存知の方、テクニックを教えていただければ。よろしくお願いします。







以下のRankingSiteに参加中です。よかったらclickして下さいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ

このblogの見所は?? blogram投票ボタン





関連記事